震えが止まらない…夫の浮気相手から妻に届いた怖いLINE5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-09-06 17:55
投稿日:2021-09-04 06:00
 浮気に苦しむ女性は多いですよね。特に、浮気相手が強気な女性だと、さらに厄介です……。今回は、夫に浮気されている女性「サレ妻」が体験した、“夫の浮気相手から届いた恐怖のLINE”を5つご紹介しましょう。ある日突然こんなLINEが届いたら、あなたはどう対処しますか?

夫の浮気相手から「サレ妻」に届いた怖いLINE5つ

1.「彼の寝顔って可愛いですよね」

 こちらの女性は、ある日知らない相手からLINEが届いたそう。LINEって、設定によっては相手が自分を友だち追加するだけで、メッセージが送れるようになるんです。

 届いたLINEには、夫が知らない家で眠っている写真が添付されていました。その日、夫は会社に行っているはず。続いて届いた文章には「彼の寝顔、可愛いですよね。私、絶対に手に入れますから」の文字。

 この女性は、夫の浮気をまったく疑っていなかったため、突然の出来事にしばらく立ち上がれなかったそうです。現在は離婚調停中とのことですが、よりによって、こんな強気な浮気相手に出会ってしまうとは……。お気の毒です。

2.「赤ちゃんは産みます」

 こちらも、なかなかの衝撃LINEです。ある日、サレ妻のスマホに届いたLINEには、「お腹にあなたの夫との赤ちゃんがいます。離婚が遅れても赤ちゃんは産みます」とありました。こんなLINEが突然届いたら、たまりませんよね!

 すぐに夫を問いただしたところ、妊娠のことも知らず、「離婚するなんて言っていないし、ただの出来心だった」と謝られたそうです。しかし、さらに怖いのが、実は浮気相手に妊娠の事実はなかったということ。悩んだ揚げ句、最後は夫を許したそうですが、こんな嘘をついてまで……女性って、怖いですね。

3.「早く離婚してあげてください」

 こちらの女性は、ある日、夫のスマホを使って浮気相手と名乗る女性からのLINEが届きました。しかも「あなたの強気な性格に彼は追い詰められている。別れてあげて!」というなんとも無神経な内容が書かれていたそう。

 夫のスマホからのLINEなので疑いようのない事実だと察した女性ですが、やはり取り乱してしまったようです……。それでも、しっかり証拠写真を撮ってから、家庭での夫の本性を浮気相手に暴露し、さらに弁護士に依頼。それでも未だに「浮気相手に復讐したい」という気持ちが収まらないのだとか。精一杯の返信を読むと、胸が苦しくなりますね。

4.「浮気したくなる気持ちもわかります」

 こちらの女性は、夫が会社の部下と浮気をしていたことを突然のLINEで知りました。しかもそこには「写真を見たけどおばさんですね。彼が浮気したくなる気持ちがわかる」と……。これは、ひどいですね。

 浮気相手は、かなり若い女性だったそう。若さで勝ったつもりだったのでしょう。もちろん法的にしっかり対処して慰謝料を請求し、夫とも離婚したそうです。浮気相手は、かなり追い詰められていた様子だったとか。女性の「絶対逃げられないから!」という、執念の勝利ですね。

5.「楽になってもいいんじゃない?」

 こちらの女性は、友人に夫の浮気疑惑を相談していたそうです。その友人からは、ことあるごとに、離婚を勧めるLINEが入っていたとか。最初は、心配してくれていると思っていたそうなのですが、実はなんと、浮気相手はこの友人だったことが判明!

 最初は、ショックのあまり人を信じられなくなってしまったようですが、今は「子供ができる前に早く気づけてよかった」と、前向きに捉えて頑張っているそうです。

浮気相手からの怖いLINEに負けないで!

 浮気されるだけでも辛いのに、浮気相手の攻撃にさらされる妻……。夫を恨みたくなる気持ちもあると思いますが、逆に「怒り」が事態を前進させたり、吹っ切れたりする原動力になる場合もありますよね。こんなLINEに負けないで、ぜひ幸せな未来を取り戻してくださいね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


風の時代だもの! 自信のある人たちの“神がかった”去り方
 皆さんは、自分が生活している環境をガラリと変える決断をしたことはありますか? 私はどちらかと言えば変化を好まない、腰の...
40代転職の厳しい現実よ…今すぐできる「才能」の見つけ方
 アラフォーになってから「自分の才能を知りたい」と思い始める女性は少なくありません。今まで淡々と仕事をこなしてきた女性た...
ドヤ顔!? ハンサムな“見返りにゃんたま”にキュン♡
 きょうは、ハンサムな見返りにゃんたま君!  菱川師宣の浮世絵「見返り美人図」は、振り返る瞬間的な動きの中に女性の...
2022年運気UPに「ミニ胡蝶蘭」のススメ! 長持ち5カ条も
「日持ちするって言ったのに、全然モタナイじゃんかよー!」  猫店長こと「さぶ」率いる我が花屋。今日も悩めるお客様が...
エンディングノートを書くことを決めた!息子に残したい思い
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
1月17日~1月23日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
喧嘩じゃないよ!“にゃんたま”の闘いごっこにハラハラドキドキ
 きょうは、猫プロレス「闘いごっこ」で華麗な技を披露してくれたにゃんたま君。  これは喧嘩ではなく、鍛えた肉体と習...
フレネミー女子5つの特徴&狙われた時の上手な対処方法
 友達だと思わせておいて、実は裏であなたの悪口を言ったり、陥れようとする「フレネミー女子」。あなたの周りに、そんな人はい...
仕事中にやっちゃった誤字LINE! 今すぐ忘れたい内容5選
 プライベートだけでなく、仕事でもLINEを使っている人は多いですよね。でも、気軽に送り慣れているLINEだからこそ、チ...
疲れてない? SNS断ちをするメリット&やめる6ステップ
 今では、一人一台スマホを持つ時代。スマホは、情報収集を簡単に行うことができる便利なツールです。しかし、周りについていこ...
本当は内緒にしたい!「formie(フォーミー)」スマホだけで資格取得できるサブスク体験記
 テレワークの普及などで、これまでよりも“自分磨き”の時間を取りやすくなった昨今。仕事に直結するスキルアップや「いつかは...
褒め言葉じゃない?「才能あるね」で人を傷つけてしまった話
「すごいね、才能があるんだね」。誰かにこんな言葉をかけられた経験はあるでしょうか。気軽に言ってしまうこのセリフですが、実...
専属モデルになって! レア柄“にゃんたま”の魅力にメロメロ
 きょうは前回に引き続き、左右半分に綺麗に色が分かれている、レアデザインのにゃんたま君です。  おやつのプレゼント...
インテリア度高し! オシャレ上級者注目の「コウモリラン」
 コウモリランという植物をご存知ですか?  本当の名前はビカクシダという名前ですが、最近……といってもここ数年です...
「ママよりパパがいい!」我が子の言葉にいちいち傷つかない
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
1月10日~1月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...