震えが止まらない…夫の浮気相手から妻に届いた怖いLINE5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-09-06 17:55
投稿日:2021-09-04 06:00
 浮気に苦しむ女性は多いですよね。特に、浮気相手が強気な女性だと、さらに厄介です……。今回は、夫に浮気されている女性「サレ妻」が体験した、“夫の浮気相手から届いた恐怖のLINE”を5つご紹介しましょう。ある日突然こんなLINEが届いたら、あなたはどう対処しますか?

夫の浮気相手から「サレ妻」に届いた怖いLINE5つ

1.「彼の寝顔って可愛いですよね」

 こちらの女性は、ある日知らない相手からLINEが届いたそう。LINEって、設定によっては相手が自分を友だち追加するだけで、メッセージが送れるようになるんです。

 届いたLINEには、夫が知らない家で眠っている写真が添付されていました。その日、夫は会社に行っているはず。続いて届いた文章には「彼の寝顔、可愛いですよね。私、絶対に手に入れますから」の文字。

 この女性は、夫の浮気をまったく疑っていなかったため、突然の出来事にしばらく立ち上がれなかったそうです。現在は離婚調停中とのことですが、よりによって、こんな強気な浮気相手に出会ってしまうとは……。お気の毒です。

2.「赤ちゃんは産みます」

 こちらも、なかなかの衝撃LINEです。ある日、サレ妻のスマホに届いたLINEには、「お腹にあなたの夫との赤ちゃんがいます。離婚が遅れても赤ちゃんは産みます」とありました。こんなLINEが突然届いたら、たまりませんよね!

 すぐに夫を問いただしたところ、妊娠のことも知らず、「離婚するなんて言っていないし、ただの出来心だった」と謝られたそうです。しかし、さらに怖いのが、実は浮気相手に妊娠の事実はなかったということ。悩んだ揚げ句、最後は夫を許したそうですが、こんな嘘をついてまで……女性って、怖いですね。

3.「早く離婚してあげてください」

 こちらの女性は、ある日、夫のスマホを使って浮気相手と名乗る女性からのLINEが届きました。しかも「あなたの強気な性格に彼は追い詰められている。別れてあげて!」というなんとも無神経な内容が書かれていたそう。

 夫のスマホからのLINEなので疑いようのない事実だと察した女性ですが、やはり取り乱してしまったようです……。それでも、しっかり証拠写真を撮ってから、家庭での夫の本性を浮気相手に暴露し、さらに弁護士に依頼。それでも未だに「浮気相手に復讐したい」という気持ちが収まらないのだとか。精一杯の返信を読むと、胸が苦しくなりますね。

4.「浮気したくなる気持ちもわかります」

 こちらの女性は、夫が会社の部下と浮気をしていたことを突然のLINEで知りました。しかもそこには「写真を見たけどおばさんですね。彼が浮気したくなる気持ちがわかる」と……。これは、ひどいですね。

 浮気相手は、かなり若い女性だったそう。若さで勝ったつもりだったのでしょう。もちろん法的にしっかり対処して慰謝料を請求し、夫とも離婚したそうです。浮気相手は、かなり追い詰められていた様子だったとか。女性の「絶対逃げられないから!」という、執念の勝利ですね。

5.「楽になってもいいんじゃない?」

 こちらの女性は、友人に夫の浮気疑惑を相談していたそうです。その友人からは、ことあるごとに、離婚を勧めるLINEが入っていたとか。最初は、心配してくれていると思っていたそうなのですが、実はなんと、浮気相手はこの友人だったことが判明!

 最初は、ショックのあまり人を信じられなくなってしまったようですが、今は「子供ができる前に早く気づけてよかった」と、前向きに捉えて頑張っているそうです。

浮気相手からの怖いLINEに負けないで!

 浮気されるだけでも辛いのに、浮気相手の攻撃にさらされる妻……。夫を恨みたくなる気持ちもあると思いますが、逆に「怒り」が事態を前進させたり、吹っ切れたりする原動力になる場合もありますよね。こんなLINEに負けないで、ぜひ幸せな未来を取り戻してくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


子育てをしたくない若者が急増!複雑に絡むネガティブな原因
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  先日、「子ど...
雪平莉左さんとリオの日常「人間の彼氏もお眼鏡にかなわないと絶対ダメ」
 私が24歳で上京したとき、一緒に東京にやってきてずっと同棲しているのがマンチカンの男のコ、リオです。  リオは高...
2月26日~3月3日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
連れて帰りたい! 人懐っこすぎる“たまたま”の激レアショット
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
茜色に心和むひと時、だからこの時間が好きなんだ
 忙しない街にも訪れる特別な時間。  足早に歩く人々は顔を上げ、しばし空を仰ぎ見てから、また現実へと戻っていく。 ...
女+家=嫁…「嫁ぐ」と「結婚」の違いはある?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
ほっこり癒し漫画/第68回「コウメばあちゃんはどこ?」
【連載第68回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、突然「コクハク」に登場! 「しっぽ...
貸したお金を催促するのにこんな手が…! モヤモヤを解消するLINE3選
 人にお金を貸した後、なかなか返してくれなかったら、とても嫌な気持ちになりますよね。  とはいえ、お金の話は、言い...
電マの営業からラブホの清掃員へ…羞恥心とも戦うストリッパーが思うこと
『電マの営業・新井です!』(略して「電マの新井」)という新作が大変好評だ。  書店員にとっての新作といえば「新しく...
口喧嘩で負けたくない! 勝ちたい時に使えるマル秘戦術3選
 みなさんは誰かと口論になった時、どんな戦法で勝ちにいきますか?  方法は十人十色ですが、今回は代表的な勝ちパターン...
凍り付いた湖の夜が更けて
 もしも突然、この瞬間に、氷が解けたらどうなるんだろう。  そう思いながら、凍て付いた湖の上に立つ自分が結構好き。...
「レンジでゆたぽん」人気じわり..足を温めると眠りやすい!
「レンジでゆたぽん」を知ったのは、年末年始に長野県の義実家に行った時。寒がりな私を気遣って、義母が用意してくれたのです。...
青空にオレンジボディが映え“たまたま”の見返りメンチにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私って性格悪い? 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間
 誰の心にだって、優しい部分と優しくない部分が存在するもの。そうわかっていても、自分の心のダークサイドを自覚すると「もし...
卒入学、彼岸、送別会【花屋が教える】予算内で理想の花束を贈る7カ条
「斑目さん、今年こそは頑張って期限内にお願いしますよ!」  お正月がなんとなく終わったばかり、なんて思っていたら、我が...
「とにかく盛り上がるやつ頼むよ」ってさぁ 先輩の無茶ぶりLINEがすぎる
 お笑い芸人の松本人志とその後輩芸人たちによるアテンド飲み会が話題になっていますね。  ニュースの真偽はともかく、...
2024-02-21 06:00 ライフスタイル