堕ちやすい罠…夫の浮気でメンタルを壊す妻がやっていること

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-07 07:17
投稿日:2019-02-26 06:00
「夫の浮気」が発覚したとき、うまく対処して被害を最小限に食い止められる妻と、立ち回り方を誤り、さらなる悲劇へと進む妻がいます。
 悲劇的なケースのひとつには、夫の浮気が止まらず、最終的に妻のメンタルがやられてしまうパターンも挙げられるでしょう。
 そこで今回の記事では、夫の浮気によりメンタルを壊しやすい妻ほどやりがちな行動について分析します。

夫に気づかれないよう行動を監視する妻ほど危険

メンタルを壊しやすい妻ほど陥りがちな行動(写真:iStock)
メンタルを壊しやすい妻ほど陥りがちな行動 (写真:iStock)

 配偶者の浮気に気づいたら、まずは騒がずに泳がせ、証拠集めをするよう提案している人やサイトも少なくありません。

 確かに、将来的に夫の浮気を理由に離婚を視野に入れているならば、ひとつでも多くの客観的証拠を集めたほうが有利なのは間違いのない話。調停や裁判となれば、なおのことです。

 しかし「泳がせて、証拠を集める」は、やり方によっては、妻が自らのメンタルを壊す最大の要因になると、筆者は多くの事例を見てきて思うのです。

アレを頻繁にチェックする妻ほど危ない?

LINEやメールの追っかけはほどほどに(写真:iStock)
LINEやメールの追っかけはほどほどに (写真:iStock)

 愛する男が、自分以外の女性との逢瀬を楽しんでいる様子を好んで知りたい人なんて、本当はいないに等しい話ですよね。

 ところが、金銭的に探偵に依頼する余裕がなかったり、大げさなことをしたくなかったりといった事情から、自分で動く女性も多い実態があります。

 尾行やLINEチェック、スマホのカメラロールチェックなど、直接的に夫に証拠として突きつけやすいものから、はたまた夫が脱いだ服の匂いや下着チェックに至るまで、その範囲は多岐にわたりますが、一番メンタルに悪影響を与えそうなのは……?

一度覗いたら「もっと見たい」の心理

 筆者が、数多くの浮気・離婚相談を受けて痛感しているのが、LINEやメールのやり取りを頻繁にチェックしている妻ほど、知らないうちにメンタルをやられている顕著な傾向です。

 LINEやメールには日々、新たなやり取りが蓄積されるため、一度覗いてしまうと「もっと見たい」の心理が働きがち。かつ、直接的に肉体関係があったことを匂わせるやり取りも多く残りがち。つまり、妻の立場からすると、かなりショックな内容が多く潜んでいます。

 だからこそ、多くの妻が「ここに証拠があるはず」と狙い撃ちする部分でもあるのですが……。

 ここに踏み込んでしまった揚げ句、次第にエスカレートし、こっそり同期してリアルタイム監視を始めたり、1日に何度も頻繁にチェックしたりと、夫と浮気相手のやり取りを見ることに生活が支配されてしまった女性を、筆者は何人も知っています。

 いつの間にか頭の中が夫と浮気相手の動向に支配され、外出先でもチェックを怠らなくなるほどに、どんどんと尋常ではない行動へと走っていくわけです。

 考えてみれば当然ですが、愛する男が自分以外の女性と恋を育み、愛を語っている様子を見続ければ、メンタルに悪影響を及ぼすのは必然。

 こういった女性を第三者として拝見する限りでは、一度やり始めてしまうと、怖いもの見たさから“やめ時”がわからなくなっているようにも見受けられます。

頭の中や生活すべてが浮気に支配されてしまう罠

 夫の浮気を知ったら、証拠をつかむのは大事なこと。

 しかし、そのために自らのメンタルを壊すとなれば、それが自分の健康を犠牲にしてまでやるべきことか、今一度立ち止まってみてほしいのです。

 夫婦関係を修復するにせよ、いずれ離婚をするにせよ、健やかなメンタルを保てれば、冷静な判断力を失わずに済む術になります。

 そのためにも、浮気チェック目的のLINEやメールの追っかけは、ほどほどでやめるべきことの典型と言えるのではないかと、筆者は切に感じている次第です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ