堕ちやすい罠…夫の浮気でメンタルを壊す妻がやっていること

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-07 07:17
投稿日:2019-02-26 06:00
「夫の浮気」が発覚したとき、うまく対処して被害を最小限に食い止められる妻と、立ち回り方を誤り、さらなる悲劇へと進む妻がいます。
 悲劇的なケースのひとつには、夫の浮気が止まらず、最終的に妻のメンタルがやられてしまうパターンも挙げられるでしょう。
 そこで今回の記事では、夫の浮気によりメンタルを壊しやすい妻ほどやりがちな行動について分析します。

夫に気づかれないよう行動を監視する妻ほど危険

メンタルを壊しやすい妻ほど陥りがちな行動(写真:iStock)
メンタルを壊しやすい妻ほど陥りがちな行動 (写真:iStock)

 配偶者の浮気に気づいたら、まずは騒がずに泳がせ、証拠集めをするよう提案している人やサイトも少なくありません。

 確かに、将来的に夫の浮気を理由に離婚を視野に入れているならば、ひとつでも多くの客観的証拠を集めたほうが有利なのは間違いのない話。調停や裁判となれば、なおのことです。

 しかし「泳がせて、証拠を集める」は、やり方によっては、妻が自らのメンタルを壊す最大の要因になると、筆者は多くの事例を見てきて思うのです。

アレを頻繁にチェックする妻ほど危ない?

LINEやメールの追っかけはほどほどに(写真:iStock)
LINEやメールの追っかけはほどほどに (写真:iStock)

 愛する男が、自分以外の女性との逢瀬を楽しんでいる様子を好んで知りたい人なんて、本当はいないに等しい話ですよね。

 ところが、金銭的に探偵に依頼する余裕がなかったり、大げさなことをしたくなかったりといった事情から、自分で動く女性も多い実態があります。

 尾行やLINEチェック、スマホのカメラロールチェックなど、直接的に夫に証拠として突きつけやすいものから、はたまた夫が脱いだ服の匂いや下着チェックに至るまで、その範囲は多岐にわたりますが、一番メンタルに悪影響を与えそうなのは……?

一度覗いたら「もっと見たい」の心理

 筆者が、数多くの浮気・離婚相談を受けて痛感しているのが、LINEやメールのやり取りを頻繁にチェックしている妻ほど、知らないうちにメンタルをやられている顕著な傾向です。

 LINEやメールには日々、新たなやり取りが蓄積されるため、一度覗いてしまうと「もっと見たい」の心理が働きがち。かつ、直接的に肉体関係があったことを匂わせるやり取りも多く残りがち。つまり、妻の立場からすると、かなりショックな内容が多く潜んでいます。

 だからこそ、多くの妻が「ここに証拠があるはず」と狙い撃ちする部分でもあるのですが……。

 ここに踏み込んでしまった揚げ句、次第にエスカレートし、こっそり同期してリアルタイム監視を始めたり、1日に何度も頻繁にチェックしたりと、夫と浮気相手のやり取りを見ることに生活が支配されてしまった女性を、筆者は何人も知っています。

 いつの間にか頭の中が夫と浮気相手の動向に支配され、外出先でもチェックを怠らなくなるほどに、どんどんと尋常ではない行動へと走っていくわけです。

 考えてみれば当然ですが、愛する男が自分以外の女性と恋を育み、愛を語っている様子を見続ければ、メンタルに悪影響を及ぼすのは必然。

 こういった女性を第三者として拝見する限りでは、一度やり始めてしまうと、怖いもの見たさから“やめ時”がわからなくなっているようにも見受けられます。

頭の中や生活すべてが浮気に支配されてしまう罠

 夫の浮気を知ったら、証拠をつかむのは大事なこと。

 しかし、そのために自らのメンタルを壊すとなれば、それが自分の健康を犠牲にしてまでやるべきことか、今一度立ち止まってみてほしいのです。

 夫婦関係を修復するにせよ、いずれ離婚をするにせよ、健やかなメンタルを保てれば、冷静な判断力を失わずに済む術になります。

 そのためにも、浮気チェック目的のLINEやメールの追っかけは、ほどほどでやめるべきことの典型と言えるのではないかと、筆者は切に感じている次第です。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ