男性の「ちょっと距離を置こう」は何日? 結論を急ぐ女性へ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-11 06:28
投稿日:2019-03-06 06:00
 お付き合いをしている男性からの「ちょっと距離を置こう」の言葉。「いつまでって何日!?」と、つい問いたくなりますよね。そこで、この期間の捉え方や乗り越え方について考えてみましょう。

男女差がある!「距離を置こう」の意味合いとは

男性の「ちょっと距離を置こう」の真意とは?(写真:iStock)
男性の「ちょっと距離を置こう」の真意とは? (写真:iStock)

「男性は火星、女性は金星から来た」――と言われるほど、考え方が全く異なる男性と女性。「ちょっと距離を置こう」と言われる時の温度差、意味合いについて、まずはチェックしてみましょう。

女性は「気持ちを確かめたい」、男性は「別れたい」

「ちょっと距離を置こう」と女性が言う時、「引き止めてくれないかな」「少し困らせてみよう」など、駆け引きの一環であることが多いです。男性の気持ちを確かめたくて、つい言ってしまうんですよね。

 対して男性の場合、その瞬間「本気で別れたい」と思っていることがほとんどでしょう。「別れよう」と言わない理由はさまざまですが、情や優しさ、面倒臭さ、そして「キープしておこうかな」と、ずるい考えだったりもします。一縷の望みはあるものの、限りなく復縁は難しいと思います。

 まずはこの、男女差を知っておくことから始めましょう。

「いつまで?」を男性に求めるのはナンセンス

「いつまで?」なんて聞くのはやめましょう。だって、不毛ですから。

 男性は「別れ」にほど近い距離にいるため、期間なんて決めていません。どんなに泣いて情に訴えてみても、怒ってみても、優しくしてみても、面倒だと思われるだけ。

 では、どうすれば良いのか?

 最善策は、「分かった。」と振り返らずに帰る。これ、間違いないです。おそらく男性は開放感を得られてほっとする反面、少しの喪失感を感じますから。

距離を置いている間はどう過ごせば良い?

自然消滅を狙っていることも…(写真:iStock)
自然消滅を狙っていることも… (写真:iStock)

 当たり前のようにいた男性との時間がぱっとなくなると、なんとも心許無くさみしいもの。
距離を置いている間は、どのように過ごせば良いのか、気をつけたいポイントを見ていきましょう。

「連絡を取る」のは絶対にNG

 距離を置いている間に絶対にしてはいけないことは、「連絡を取る」ことです。とはいえ、なんだかんだにかこつけて連絡をしたくなるのが、女性のサガなんですけども。

 でも、忘れてはいけないのが、現在、男性はあなたのことを少なからず疎ましく思っているということ。1度でも連絡をしたら疎ましい思いが膨れ上がり、残念ながら別れてしまうというケースが実に多い!経験者は語る、なのですが。

考えない状況を作ることに専念

 ツラい冷却期間を超えるためには、考えない状況を作ることに専念しましょう!飲み会、美容室、ネイル、ジムなどびっしりスケジュールを埋めて、自分を忙しくするのです。
それさえ手につかないのであれば、「やりたい・やってみたいことリスト」を書き出してみましょう。そして、淡々と行動・実践するのみ。今しかできないことを精一杯こなすことに没頭してください。

でも「自然消滅」になることもある

 男性が「ヨリを戻そう」と思う場合、大抵は1ヶ月以内に何らかのアクションが起こるはず。でも、1ヶ月経っても全く連絡がないなら、向こうが「自然消滅」を図っている可能性があります。

 どうしても引き止めたい相手であれば、2〜3週間を過ぎた頃に1度連絡を。最後の話し合いになるかもしれませんが、自然消滅よりは後悔が少ないはずです。

大丈夫!女性は立ち直りが早い

あなたの思う未来が待っていますように(写真:iStock)
あなたの思う未来が待っていますように (写真:iStock)

 一方的な冷却期間は、まさに一日千秋。それに、修行のような日々を超えても別れが待っていたら、ツラすぎますよね。

 でも、女性は男性と比べて比較的立ち直りが早い!という特技があるじゃありませんか!

 長年付き合っていた人と別れた半年後に別の相手と結婚とか、よく聞く話ですね。

 別れて開放感を味わったはずの男性の方が、意外にも半年後に引きずっていたりするのですから、本当に恋愛って謎だらけです。

 冷却期間を耐え忍んだあなたは、きっとパワーアップしているはずですよ。あなたの思う未来が待っていますように。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ