男性の「ちょっと距離を置こう」は何日? 結論を急ぐ女性へ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-11 06:28
投稿日:2019-03-06 06:00
 お付き合いをしている男性からの「ちょっと距離を置こう」の言葉。「いつまでって何日!?」と、つい問いたくなりますよね。そこで、この期間の捉え方や乗り越え方について考えてみましょう。

男女差がある!「距離を置こう」の意味合いとは

男性の「ちょっと距離を置こう」の真意とは?(写真:iStock)
男性の「ちょっと距離を置こう」の真意とは? (写真:iStock)

「男性は火星、女性は金星から来た」――と言われるほど、考え方が全く異なる男性と女性。「ちょっと距離を置こう」と言われる時の温度差、意味合いについて、まずはチェックしてみましょう。

女性は「気持ちを確かめたい」、男性は「別れたい」

「ちょっと距離を置こう」と女性が言う時、「引き止めてくれないかな」「少し困らせてみよう」など、駆け引きの一環であることが多いです。男性の気持ちを確かめたくて、つい言ってしまうんですよね。

 対して男性の場合、その瞬間「本気で別れたい」と思っていることがほとんどでしょう。「別れよう」と言わない理由はさまざまですが、情や優しさ、面倒臭さ、そして「キープしておこうかな」と、ずるい考えだったりもします。一縷の望みはあるものの、限りなく復縁は難しいと思います。

 まずはこの、男女差を知っておくことから始めましょう。

「いつまで?」を男性に求めるのはナンセンス

「いつまで?」なんて聞くのはやめましょう。だって、不毛ですから。

 男性は「別れ」にほど近い距離にいるため、期間なんて決めていません。どんなに泣いて情に訴えてみても、怒ってみても、優しくしてみても、面倒だと思われるだけ。

 では、どうすれば良いのか?

 最善策は、「分かった。」と振り返らずに帰る。これ、間違いないです。おそらく男性は開放感を得られてほっとする反面、少しの喪失感を感じますから。

距離を置いている間はどう過ごせば良い?

自然消滅を狙っていることも…(写真:iStock)
自然消滅を狙っていることも… (写真:iStock)

 当たり前のようにいた男性との時間がぱっとなくなると、なんとも心許無くさみしいもの。
距離を置いている間は、どのように過ごせば良いのか、気をつけたいポイントを見ていきましょう。

「連絡を取る」のは絶対にNG

 距離を置いている間に絶対にしてはいけないことは、「連絡を取る」ことです。とはいえ、なんだかんだにかこつけて連絡をしたくなるのが、女性のサガなんですけども。

 でも、忘れてはいけないのが、現在、男性はあなたのことを少なからず疎ましく思っているということ。1度でも連絡をしたら疎ましい思いが膨れ上がり、残念ながら別れてしまうというケースが実に多い!経験者は語る、なのですが。

考えない状況を作ることに専念

 ツラい冷却期間を超えるためには、考えない状況を作ることに専念しましょう!飲み会、美容室、ネイル、ジムなどびっしりスケジュールを埋めて、自分を忙しくするのです。
それさえ手につかないのであれば、「やりたい・やってみたいことリスト」を書き出してみましょう。そして、淡々と行動・実践するのみ。今しかできないことを精一杯こなすことに没頭してください。

でも「自然消滅」になることもある

 男性が「ヨリを戻そう」と思う場合、大抵は1ヶ月以内に何らかのアクションが起こるはず。でも、1ヶ月経っても全く連絡がないなら、向こうが「自然消滅」を図っている可能性があります。

 どうしても引き止めたい相手であれば、2〜3週間を過ぎた頃に1度連絡を。最後の話し合いになるかもしれませんが、自然消滅よりは後悔が少ないはずです。

大丈夫!女性は立ち直りが早い

あなたの思う未来が待っていますように(写真:iStock)
あなたの思う未来が待っていますように (写真:iStock)

 一方的な冷却期間は、まさに一日千秋。それに、修行のような日々を超えても別れが待っていたら、ツラすぎますよね。

 でも、女性は男性と比べて比較的立ち直りが早い!という特技があるじゃありませんか!

 長年付き合っていた人と別れた半年後に別の相手と結婚とか、よく聞く話ですね。

 別れて開放感を味わったはずの男性の方が、意外にも半年後に引きずっていたりするのですから、本当に恋愛って謎だらけです。

 冷却期間を耐え忍んだあなたは、きっとパワーアップしているはずですよ。あなたの思う未来が待っていますように。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ