「ぽっちゃり好き」を公言する男性を信じちゃダメな理由

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-01 05:34
投稿日:2019-03-01 06:00
「痩せすぎてるより、ぽっちゃりくらいの方が良いよね」なんて言う男性は多いです。好きな相手がそんなことを言っていたら、つい安心してしまうどころか「寛容!」と、さらに魅力的に感じてしまうかも。でも、実は女性の思うぽっちゃりと男性の思うぽっちゃりにはずいぶんと差があるのを知っていますか?

男性の多くが女性の適正体重を誤解している

女性の思う「ぽっちゃり」と男性の思う「ぽっちゃり」の違いって?(写真:iStock)
女性の思う「ぽっちゃり」と男性の思う「ぽっちゃり」の違いって? (写真:iStock)

 年代によっても若干違いますが、20〜40代女性の平均身長はだいたい158cmくらい。適正体重を調べてみたところ、適正体重は54.92kg、美容体重は49.93kg、モデル体重は44.94kgだそうです。

 女性のみなさんであれば「うんうん、イメージ通り」と、分かっていただけるかと。でも、おそらく男性の多くは、女性の体重が42kg〜47kgくらいにおさまってる、いや、おさまっていてほしい、と思っているのです。

女性から見るぽっちゃりと男性から見るぽっちゃりの違い

女性の「ぽっちゃり」は男性の「太ってる」?(写真:iStock)
女性の「ぽっちゃり」は男性の「太ってる」? (写真:iStock)

 女性から見るぽっちゃり像は、ちょっと太めでも可愛く、メイクやファッションに気を遣っている芸人さん、というところでしょうか。 顔貌よりも、たとえ汗をかきまくっていても愛らしいかどうかが判断基準。ぽちゃぽちゃした二の腕は、同性でも触ってみたくなります。

 でも、男性から見るぽっちゃり像は、柔らかボディを誇るグラビアタレントさん、という気がします。バストや太もも、ヒップはしっかり肉付いていても、ちゃんとくびれはばっちりある。そんな女性的な魅力があるかどうかが判断基準。

 つまり、女友達から「ぽっちゃりじゃん!」と言われていても、男性には「太ってる」と思われている可能性もあるということですね。

でも、恋愛をする上で体型うんぬんは関係なかったり

恋愛に体型は関係ない(写真:iStock)
恋愛に体型は関係ない (写真:iStock)

 モデルさんのようなスレンダーな女性がタイプ!と公言していた男友達がいます。でも、「結婚する」と会わせてくれた彼女は、「女性から見るぽっちゃり」でした。まさに、癒し系でとにかく笑顔が可愛い!おっとりしてるかと思いきや、毒舌。「このギャップにやられたな」と思った私でした。

 話は飛びましたが、結局ぽっちゃりだろうとなんだろうと、恋愛をする上で体型云々は関係ないんですよね。まさに、あばたもえくぼ!恋は盲目!

 まぁでも、稀に自分の理想の体型を押し付けてくる男性はいますね。そんな人に限って、自分の体型には無頓着だったり。というより、内面を見ない男なんて、この先苦労すること間違いありません。だって、誰しもいつかは衰えるんですから。

男性のためではなく、自分の理想を追求するべき

自分の理想の体型を追求するべき!(写真:iStock)
自分の理想の体型を追求するべき! (写真:iStock)

 痩せる必要がなくても、ほとんどの女性は「痩せたい」と思っています。好きな男性が「ぽっちゃり好き」と知ったからといって、「ちょっと太ってみよう!」なんて思う女性はいません。逆ケースは、いくらでもありますが。

 結局、女性は「ぽっちゃりではなく、細くいたい」のです。だから、女性は男性の好みなんか気にするのではなく、自分の理想の体型を追求するべき!

 ちょっと細いのか、棒のように細いのか、程度はあると思いますが、「自分の理想の体型」に近付く、保つことが、自信や魅力に繋がるのではないでしょうか。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ビューティー 新着一覧


20代メイクフェチがお伝えしたい! 劇的に垢抜ける「ハイライト」術
 アラフォー女性のみなさん! ツヤ肌に見せたいからといって、顔中あちこちにハイライトをのせてギラギラにしてしまっては、せ...
「漢方の基本」プレ更年期世代の素朴な疑問10【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
amazonで常に上位!男を惑わす「フェロモン香水」試したら
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
単品より定食!? ダイエット中なのに外食が多い人のメニュー選び
「外食=太りやすい」というイメージが強いため、ダイエット中はできるだけ避けたいと思う人も多いはず。でも仕事が忙しいと、つ...
“ヘアアレ”下手回避!意外と知らない「スタイリング剤」の種類&選び方
 女性にとって、ヘアスタイルは重要なポイント! 毎朝、鏡に向かって髪の毛と格闘している人も多いのではないでしょうか。理想...
マスクを外したくないけどー!素顔バレの葛藤を乗り越える法
 コロナ禍でマスクが欠かせない生活が3年も続いています。最初は息苦しさを感じていたものの、いざマスクを外すとなると、マス...
黒ゴム注意報発令!「老けて見えない」まとめ髪で脱おばさん
 まとめ髪をした自分が鏡に映って、「なんか老けた?」と悲しくなったことはありませんか? 若い頃は、何も考えずにささっとま...
プチプラでアイメイク格上げ!一周回ってキャンメイク&セザンヌが良き♡
 私はいまだにマスクをつけて外出する機会が多く、そんな時はアイメイクしかしていません。そしてマスク姿だと、何だか街中全員...
糖化はお疲れ女性の敵!若さを保つ食事法5選【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「ノーズシャドウ」アラフォーの“ケバ・ダサ”残念テクを解説
 眉から鼻にかけてノーズシャドウを入れることで、簡単に彫りが深いハーフのような目鼻立ちの顔に見せられるため、最近では数年...
アンミカ歯磨き粉「ミカホワイト」でホンマに歯は白くなる?
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
衣紋掛けはTPOで!40代赤っ恥“秋冬ファッション系死語”7選
 ファッション用語は、時代によってどんどん様変わりしていきます。常に流行をチェックしていない限り、知らない間に若者にはま...
目頭切開ラインが人気!マル秘テク4つでマンバギャル回避
「目頭切開ライン」とは、目頭の部分に“ちょんっ”と切り込みを入れたようにアイライナーを引いてつくるラインのこと。この目頭...
使用期限は? 固まったら? 古いマニキュアの正しい捨て方
 マニキュアの捨て方を知っていますか? もしかしたら、「いつも適当に捨てていた」なんて人もいるかもしれませんね。でも、間...
正月太りは「五行別ダイエット」で解消する!【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代からやっててよかった美容法6選! 逆に後悔したのは?
 20代の頃はみんな若々しくて美しいもの。でも、本当に大きな差が出るのは40代以降だと知っていますか?  20代からど...