「ぽっちゃり好き」を公言する男性を信じちゃダメな理由

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-01 05:34
投稿日:2019-03-01 06:00
「痩せすぎてるより、ぽっちゃりくらいの方が良いよね」なんて言う男性は多いです。好きな相手がそんなことを言っていたら、つい安心してしまうどころか「寛容!」と、さらに魅力的に感じてしまうかも。でも、実は女性の思うぽっちゃりと男性の思うぽっちゃりにはずいぶんと差があるのを知っていますか?

男性の多くが女性の適正体重を誤解している

女性の思う「ぽっちゃり」と男性の思う「ぽっちゃり」の違いって?(写真:iStock)
女性の思う「ぽっちゃり」と男性の思う「ぽっちゃり」の違いって? (写真:iStock)

 年代によっても若干違いますが、20〜40代女性の平均身長はだいたい158cmくらい。適正体重を調べてみたところ、適正体重は54.92kg、美容体重は49.93kg、モデル体重は44.94kgだそうです。

 女性のみなさんであれば「うんうん、イメージ通り」と、分かっていただけるかと。でも、おそらく男性の多くは、女性の体重が42kg〜47kgくらいにおさまってる、いや、おさまっていてほしい、と思っているのです。

女性から見るぽっちゃりと男性から見るぽっちゃりの違い

女性の「ぽっちゃり」は男性の「太ってる」?(写真:iStock)
女性の「ぽっちゃり」は男性の「太ってる」? (写真:iStock)

 女性から見るぽっちゃり像は、ちょっと太めでも可愛く、メイクやファッションに気を遣っている芸人さん、というところでしょうか。 顔貌よりも、たとえ汗をかきまくっていても愛らしいかどうかが判断基準。ぽちゃぽちゃした二の腕は、同性でも触ってみたくなります。

 でも、男性から見るぽっちゃり像は、柔らかボディを誇るグラビアタレントさん、という気がします。バストや太もも、ヒップはしっかり肉付いていても、ちゃんとくびれはばっちりある。そんな女性的な魅力があるかどうかが判断基準。

 つまり、女友達から「ぽっちゃりじゃん!」と言われていても、男性には「太ってる」と思われている可能性もあるということですね。

でも、恋愛をする上で体型うんぬんは関係なかったり

恋愛に体型は関係ない(写真:iStock)
恋愛に体型は関係ない (写真:iStock)

 モデルさんのようなスレンダーな女性がタイプ!と公言していた男友達がいます。でも、「結婚する」と会わせてくれた彼女は、「女性から見るぽっちゃり」でした。まさに、癒し系でとにかく笑顔が可愛い!おっとりしてるかと思いきや、毒舌。「このギャップにやられたな」と思った私でした。

 話は飛びましたが、結局ぽっちゃりだろうとなんだろうと、恋愛をする上で体型云々は関係ないんですよね。まさに、あばたもえくぼ!恋は盲目!

 まぁでも、稀に自分の理想の体型を押し付けてくる男性はいますね。そんな人に限って、自分の体型には無頓着だったり。というより、内面を見ない男なんて、この先苦労すること間違いありません。だって、誰しもいつかは衰えるんですから。

男性のためではなく、自分の理想を追求するべき

自分の理想の体型を追求するべき!(写真:iStock)
自分の理想の体型を追求するべき! (写真:iStock)

 痩せる必要がなくても、ほとんどの女性は「痩せたい」と思っています。好きな男性が「ぽっちゃり好き」と知ったからといって、「ちょっと太ってみよう!」なんて思う女性はいません。逆ケースは、いくらでもありますが。

 結局、女性は「ぽっちゃりではなく、細くいたい」のです。だから、女性は男性の好みなんか気にするのではなく、自分の理想の体型を追求するべき!

 ちょっと細いのか、棒のように細いのか、程度はあると思いますが、「自分の理想の体型」に近付く、保つことが、自信や魅力に繋がるのではないでしょうか。

ビューティー 新着一覧


憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...
流行りの「キレイ色」多すぎ…大人だから似合うおすすめは?
 暗めの色がしっくりくる秋冬が終わり、いよいよ春に向けてコーディネートも変えていきたい気分♡ でも、大人女子になると、た...