親友と呼べる女友達へのプレゼントは何がいい? 4つの選び方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-19 04:12
投稿日:2019-03-05 06:00
 女性はプレゼントを送り合うのが好き。でも、気の知れた親友へのプレゼントって、好みを知ってる分、本当に悩んでしまいますよね。そこで今回は、女友達へのプレゼント選びのポイントを見ていきましょう。

絶対喜ばれる女友達へのプレゼントの選び方4選

プレゼントをする前から何気なくリサーチ(写真:iStock)
プレゼントをする前から何気なくリサーチ (写真:iStock)

 さっそく、女友達が絶対喜ぶプレゼントの選び方をチェックしていきましょう。ただ闇雲にプレゼント探しの旅に出るよりも、より親友の好みにマッチしたものが見つかるはずですよ。

1.まずは予算を決める

 お財布事情は人によって違います。ただ闇雲にプレゼント探しの旅に出るのではなく、ある程度「いくらまでだったらOK」と決めておくと選択肢が狭まるので、プレゼントを選びやすくなります。

 相場は、3,000円〜6,000円というところでしょうか。でも、あくまで金額ではなく気持ちです。気心知れた女友達であれば、どんなものでも喜んでくれますよ。

2.友人の好みをとことん思い出す

 まずは、友人の好みをとことん思い出しましょう。可愛い系?キレイ系?普段着ている服装は?ピアスをしている?美容にこだわっている?こだわりのブランドは?など。

 実はNGなものって、たくさんあることに気づくはず。

 プレゼントをする1カ月ほど前から、何気なくリサーチしてみましょう。会話の中で、「これ欲しいなぁ!」を引き出せたらしめたものです。

3.魅力的だけど自分では絶対買わないものを選ぶ

 プレゼントには、魅力的だけど自分では絶対買わないものがおすすめです。

 でも、邪魔になるくらい大きいもの、香水など好みが分かれるものは避けた方が無難でしょう。

 例えば、自分ではあまりお金をかけない「アクセサリー入れ」、コスメだったら有名ブランドの「パック」、キッチン系なら鋳物ホーローでできた「ココット」、食べ物だったらハチミツ専門店の「マヌカハニー」など、生活する上で絶対に必要!というわけではないけれど、あったら嬉しく役立つものが良いですね。

4.それでも迷ったらおしゃれなレストランorエステへGO!

 選ぶ時間や余裕がなかったり、うっかり忘れていたりなど、予期せぬ事態が起こった場合にはおしゃれなレストランorエステをご馳走するのもアリ!

 女友達とバカを言って騒げる飲み時間や日々の疲れを癒せるゆったり時間こそ、1番のプレゼントなのかもしれません。

 お会計は、相手がトイレなどで席を外している隙にさっと済ませましょう。それから、誕生日プレートは必須です。何も言わずとも絶対期待していますから!

 エステやマッサージは女子会コースなど2人並んで受けられるところもあるので、ぜひチェック!自分自身のリフレッシュにもなりますし、また1つ、親友との思い出が増えますよ。

メッセージを一言添えたら完成♪

大事な親友だからこそ一言メッセージを(写真:iStock)
大事な親友だからこそ一言メッセージを (写真:iStock)

 30代になってから、アロマや目元パックなど癒しグッズをもらうことが多い筆者です。疲れが滲み出ているのかな?と思ったりしますが、さすが親友、よく見てくれています。

 気の利いたプレゼントはもちろん嬉しいですが、一言メッセージが添えられていると、グッときちゃったり。

 メールやSNSで「おめでとう」を済ませることは簡単ですが、大事な親友だからこそ思いの丈を綴ってプレゼントに添えてみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
「結婚すると、地味になるよね」――。そんな風に言う人はたくさんいます。男性に限らず、結婚せずに働き続ける女性もそう言うか...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフ...
FILM
 にゃんたマニアのみなさまこんにちは。  きょうは神社の境内で行き倒れのにゃんたまωにロックオン!  微動だ...
FILM
 老後のために、貯金をしようと思っている人は多いでしょう。しかし、老後の貯金にばかり拘って、今を見失うのは本末転倒ではな...
FILM
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひと...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフ...
FILM
 皆さんは「レス」の定義をご存知でしょうか?「(特別な事情がない時)カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタク...
FILM
 雨がやんで、パトロール中のにゃんたまω君に出逢いました。  濡れた毛並み、この時期ちょっと寒そうに見えますが、こ...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地で本概念を学び、最強のパフ...
FILM
「社会人になったんだから」と多くの人たちがメンタルの不調を訴える、現代のストレス社会。たしかに仕事では自分のストレスにな...
FILM
「UFOって本当に空飛んでるんだからね」  愛読書がオカルト雑誌「ムー」というワタクシの兄がある日、自宅の窓に突然...
FILM
「つい家から出ずにアマゾンプライムビデオを見て土日を過ごしちゃった」「だって外に出るとつい散財しちゃうから」――。そんな...
FILM
 消費税は10パーセントの大台に乗り、いよいよ「無駄遣いをやめて、もっと節約しないと今後はマズいかも……」と焦っている浪...
FILM
 NYのセレブたちがこぞって実践している「ヘルスリテラシー」という考え方があります。自らが現地でこの概念を学び、最強のパ...
FILM
 にゃんたマニアのみなさま、にゃんと! きょうは大・問題作です……!  普段は可愛いにゃんたまωの奥に秘められてい...
FILM
 まじめに働いているのに全然お金が貯まらない――。「〇歳代の平均貯蓄額」なんて記事を読むと、自分はお金にだらしがないから...