男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-10-18 06:00
投稿日:2021-10-18 06:00
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているのではないでしょうか。実は恋愛に対して一生懸命に向き合っているはずなのに、なぜかいつも飽きられてしまう女性には、共通する特徴があるようなんです。そこで今回は、飽きられる女性の特徴とそこから卒業する方法をご紹介します。

男性に飽きられる女性に見られる5つの特徴

私のことに飽きたの?(写真:iStock)
私のことに飽きたの? (写真:iStock)

 付き合うといつも振られてしまう……そんなあなたには、飽きられてしまう原因が隠れているのかもしれません。まずは、男性に飽きられる女性に共通する特徴をチェックしていきましょう。

1. 恋愛依存の傾向がある

 彼氏から「飽きた」と思われてしまう女性の多くは、恋愛依存や彼氏依存の傾向にあるようです。彼氏ができた途端、世界のすべてが彼中心になっている人も多いのではないでしょうか。

 そんな女性は、男性にとって重く感じてしまうもの。さらに、何でも言うことを聞く女性は、面白味のないつまらない女性だと思われてしまうでしょう。

2. 尽くしすぎる

「彼氏に尽くす女性」というと、一見、“素敵な彼女”というイメージを持つでしょう。しかし、男性に尽くしすぎてしまう女性も、飽きられる傾向にあります。

 好きだからこそ、「何でもしてあげたい」と思う気持ちは分かりますが、それでは「彼女」ではなく、「お節介なお母さん」になってしまうでしょう。

3. さらけ出しすぎてミステリアスな部分がない

 好きな人の前で、素の状態でいられるのはとても素敵なことです。お互いに隠し事がない関係は理想的、と考える人もいるかもしれませんね。

 しかし、男女関係をうまく続けていくには、さらけ出しすぎるのはNG! ベールに包まれたミステリアスな部分があるからこそ、男性の「もっと知りたい」という気持ちを引き出すことができるのです。

4. 彼に心を開けない

 男性は思い通りになる女性より、思い通りにならない女性に惹かれる傾向にあります。とはいえ、いつまで経っても心を開かない女性は別。一緒にいて疲れる……と、飽きられてしまう傾向にあるようです。

 付き合っているのに本音が見えない相手と付き合うのは、誰だって苦痛だと感じてしまうでしょう。

5. 付き合ってから何一つ変わっていない

 交際期間が長くなれば、それだけお互いに年齢を重ね、経験も増えてくるもの。それにも関わらず、何一つ変わらない彼女を見て「飽きた」と感じる男性もいます。

 いつも同じことで喧嘩をする、いつも自分のことしか考えていないなど、成長のなさから、愛情が冷めることもあるでしょう。

飽きられる女性から卒業する3つの方法

愛情表現は小出しに(写真:iStock)
愛情表現は小出しに (写真:iStock)

 彼氏に振られて別れを経験した女性は「次こそは、飽きられない女性になる」と思っているはず。そんな人は、以下の方法を試してみてください。

1. 自分磨きを忘れず、変化を求める

 彼氏ができると、幸せに浸りすぎて自分磨きを疎かにしてしまう人もいます。しかしこれでは、男性に飽きられてしまうでしょう。常に自分磨きをして変化を楽しむ女性は、とても魅力的に見えるはず。彼をドキドキさせるための努力を惜しまないようにしましょう。

2. 彼氏ができても依存をしない、お節介をし過ぎない

 彼氏ができたら、依存や過度なお節介に注意しましょう。すべて彼中心の生活にしない、自分自身を失わない、世話を焼き過ぎないことを意識するだけで、過去の関係性と変わってくるはずです。 

3. “好きアピール”はほどほどに

 好きな男性と付き合えると、嬉しくて、ことあるごとに「好きだよ」とアピールする人もいるでしょう。愛情表現をするのは決して悪いことではありませんが、伝えすぎは逆効果! 男性は安心しすぎると、ほかを求めたくなることもあります。愛情表現は小出しにすることが大切です。

魅力的な女性になって飽きられない女性を目指そう!

飽きられない女性に!(写真:iStock)
飽きられない女性に! (写真:iStock)

 彼に一生懸命尽くしてきたのに、振られてしまうのは辛いものです。その経験を無駄にしないためには、意識を変えることが必要! 客観的に今までの自分を見て意識を変えることができれば、きっと自然と飽きられない彼女になれるはずですよ。

ラブ 新着一覧


これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ