“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-10-21 06:00
投稿日:2021-10-21 06:00
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくいく年の差婚もある中、後悔して離婚したいと思ってしまうパターンがあるのも事実ですよね……。そこで今回は、年の差婚で後悔してしまった人たちの3つのパターンをご紹介しましょう。

2人は平気? 年の差婚がうまくいかない3つの後悔パターン

年の差婚をしたけれど(写真:iStock)
年の差婚をしたけれど (写真:iStock)

 それではさっそく、年の差婚がうまくいかない場合の後悔パターンをチェックしてみましょう。

1. 体力の違いを痛感するパターン

 15〜20歳も年齢が離れていれば、当然体力に大きな違いが出てきます。たとえば、出かけてもすぐに疲れてしまう、体力が足りなくて子どもとたくさん遊べないなど、体力の違いを痛感して年下側が不満を感じてしまうケースは多いです。

 付き合った当初は「このくらいなら支えられる」と感じていても、年上側の体力はどんどん衰えていくため、負担がかかり、後悔してしまうようです。

2. 男性が年上だと亭主関白になるパターン

 男性が年上の場合、どうしても女性に対して「未熟」「幼い」といった先入観を持ってしまう場合があります。また、経験を多く積んでいる男性のほうが、あれこれ女性に指示してしまったり、意見を聞かなかったりと“モラハラ”のような状態になってしまうことも。

 年下の妻をしっかりと敬えるタイプの男性ではないなら、お互い対等に話ができるよう工夫することが必要でしょう。

3. 子どもが欲しくなってしまったパターン

 女性が年上の場合、人によっては出産適齢期を過ぎてしまっている場合もあるでしょう。愛が燃え上がる新婚当初は「2人でいられるなら子供はいらない」と言っていた男性も、周囲の友人が父親になっていくのを見て「やっぱり子供がほしい」と心変わりすることも。

 こうなってしまうと、女性としてはどうすることもできず、離婚してしまうケースもあるようです。

年の差婚がうまくいかない2人へ…円満に過ごすコツ

お互いの良い面を見るように心がけよう(写真:iStock)
お互いの良い面を見るように心がけよう (写真:iStock)

 年の差婚がうまくいっていない理由は、「年の差」自体ではなく、年の差による「すれ違い」が原因かもしれません。そこで、年の差があっても円満に過ごす2つの方法を見ていきましょう。

しっかり話し合いをする

 基本的なことですが、一番大切なのが「しっかり話し合いを重ねる」ということ。年の差があってもなくても、生活や子育て、仕事などについての価値観の違い、それぞれの理想、将来のことなどは夫婦でしっかり話し合うのが円満の秘訣。

 そのためにはまず、冷静に話し合いができる関係性を作るところからはじめましょう。

良い面を意識的に見るようにする

 良い面を意識する姿勢も大切です。年齢の違いがあると、共通の思い出話ができなかったり、体力の違いがあったり、介護問題があったりと、問題はたくさんあるでしょう。でも、逆を返せば、メリットもたくさんあるはずなのです。

 ない部分より、すでにある良い面を意識するだけで、2人の生活には不満よりも感謝が生まれます。すると、現実も大きく変わってくるでしょう。

年の差婚がうまくいかないなら2つのコツを意識してみて

幸せだと気付くかも(写真:iStock)
幸せだと気付くかも (写真:iStock)

 年の差婚がうまくいかないパターンに陥ってしまうと、ますます相手の足りない部分にフォーカスしてしまうんですよね……。でも、そんな時こそ「今あることにフォーカスすること」「何度も建設的な話し合いをすること」を意識してみてください。きっと、今、本当はとても幸せであることに気が付けるかもしれませんよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ