イケメンは衰退傾向…人気急上昇「寄り添い系男子」って?

内藤みか 作家
更新日:2021-11-05 04:03
投稿日:2021-11-04 06:00
 コロナ禍以降、女性が求める理想の男性像が激変しています。今まではイケメンやお金持ちがかなりモテていましたが、その勢力は弱まりつつあります。その代わり台頭してきたのが「寄り添い男子」。どのようなところが特徴なのでしょうか。

コロナ禍にしてくれたこと

 コロナ禍のイケメンに起きた異変として目立つのは、インスタグラムです。ほとんど投稿しなくなった人も結構います。自分自身の画像を投稿するだけで、多くの女性ファンがついたコロナ前とは違い、自粛気味のこの頃ではSNSに「ここに行きました。景色がキレイでした!」などと書き込むこともしづらいのです。

 ではお金持ちはどうでしょうか。温泉旅行に行き、普段だったら高級レストランで舌鼓を打っているはずが、それらもまだまだ難しいと感じている人も多いと思われます。お金をたくさん持っていても、それを使うところがあまりない状態なのです。

何かに頼りたい女性

 恋愛中、男性に頼りたくなる女性は少なくありません。デートをエスコートしてくれたり、街を歩けば荷物を持ってくれる、というようなスマートな振る舞いに安心しておまかせできるのです。でも今は、エスコートされるようなデートの機会も激減しています。

 こういう時期は、どのような男性を好むのでしょうか。大きく分けて二つのタイプがあります。ひとつめは、困っている人を進んで助けようとする優しさがある男性です。素早く、迷わずに行動に起こせる人に、女性はすごいと感動してしまうのです。

 そしてもうひとつのタイプは、人に寄り添うことができる人なのです。寄り添いとはどんなことをするかというと、ただそばにいて話を聞いてあげることだったり、つらい時に何も言わずにそばにいてあげることだったりを指します。寄り添うことができる男性は、コロナ禍にかなりのニーズがあるのです。

なぜ寄り添いが大切?

 コロナ禍で、自宅にいる時間が長くなり、人と関わる時間が激減してしまった現代、誰かとコミュニケーションを取りたいと考える女性は多いもの。とはいえ、ハイテンションでしゃべったり、グチを延々と言い続けたりという人と関わりたいわけではありません。

 今は世界中の人が行動を抑えめにしている時期なので、テンション低めに生きている人が多いと言われています。そんな時だからこそ、余計なことは言わず、そばにいてくれる男性はとても貴重な存在なのです。休日にどこかに行こうと言い出したりもせず、静かに過ごしてくれるのも、寄り添い男子のいいところです。

忍耐強い寄り添い男子

 実は寄り添いができる男性は多くはありません。女性の横で静かにおとなしくしていたりという行為は、かなりの我慢強さが必要なので、誰でもできることではありません。自己主張をせず、相手を受け入れてあげるわけですから、立派です。だからこそニーズが高いのでしょう。

 寄り添い男子は、言ってみれば、フランダースの犬のパトラッシュのような存在です。いつでもどこでも一緒についてきてくれるし、特に言葉は発しません。こちらが忙しかったり考えごとをしている時は、それを察知して静かにしていてくれるし邪魔もしてこないのです。そして悲しい時には一番近くにいてくれるのです。

 癒してくれる寄り添い男子は、いそうでなかなかいないもの。なので、もし見つけたら、大切にしたほうがいいでしょう。代わりの寄り添い男子はなかなか見つからないだろうからです。

 そして、今交際している彼を、あまり余計な口出しをしない男性に育てたかったら、まずはこちらから静かになることです。一度、試しにほとんど喋らずに彼のそばにいてみましょう。寄り添うことがどれだけ大変なことか、わかると思います。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?