もう戻れない…嫁姑の“誤爆LINE”で家庭崩壊!緊迫の内容5選

コクハク編集部
更新日:2021-10-30 06:00
投稿日:2021-10-30 06:00
 今回は、結婚している女性にとって、ただただ恐怖でしかない「嫁姑の誤爆LINE」をご紹介します。「あの時気づいていれば!」「あの指がクリックさえしなければ!」そんな後悔は先に立たず……。間違えて送ってしまったことで、家族の絆をも揺るがしかねない恐ろしい内容、さっそくチェックしていきましょう! 覚悟はいいですか?

終わった…背筋も凍る嫁姑の誤爆LINE5選

1.「おしゃべりくそばばぁ」

 こちらは、読んでいて生きた心地のしないLINEです。こちらの女性は、旦那さんに「お正月は帰省したくない」という連絡をしていたそう。「いつも愚痴を聞かされるのに、旦那であるあんたはフォローしてくれない。おしゃべりくそばばぁとは年末年始くらい離れたい!」という内容でした。

 言ってしまいましたね、「おしゃべりくそばばぁ」!これは、もうごまかすことのできない本格的な悪口です……。お姑さんにバレたと知った時、このお嫁さんは、もう二度と姑には会わないと固く誓ったそうです。

2.「あなたなんであんなお嫁さんを選んだの?」

 こちらは、お姑さんから間違えて嫁に送った誤爆LINE。普段からいつも息子に言い聞かせていたのでしょう。「なんであんなお嫁さんを選んだの? だから苦労するのよ」と。

 この誤爆LINEに気づいたこの女性は、すぐに「出来損ないですみません」と皮肉たっぷりに送ったそう。

 すると、お姑さんは往生際が悪いことに、「息子の友人のことを話していた」と弁解したとか。この行動すべてに女性は警戒心を募らせ、もう二度と姑のいうことは信じないようにしようと、心に誓ったそうです。

3.「同居するなら離婚する!」

 こちらのお嫁さんもやってしまいましたね……。前日の夜に夫と、姑との同居話が出ていたそう。家の建て替えの際に二世帯住宅にされることを考えただけで夜も眠れず、本気で悩んだのだとか。

 翌日、「やっぱり同居するくらいなら離婚する!」と夫に送ったつもりが、まさかの姑本人に送ってしまったこのLINE。恐ろししぎます……。しかも、姑は今まで援助してきたお金を返してもらいたいとまで言い出す始末。もう誰にもフォローすることはできなさそうです。

4.「あの世に行くまでの辛抱だわ」

 こちらのLINEは、「(姑が)あの世に行くまでの辛抱」なんてひどいセリフを送ってしまった、なかなかの誤爆っぷりです。女友達に送るはずの姑いじりのLINEを、まさかの本人に送ってしまったのです。あまりにひどい誤爆に姑も怒りを覚えたようですが、そこは大切な孫のことが頭に浮かんだそうで、親族会議をして反省してもらおうと考えた様子。

 この内容を親族で議論されて反省しなければいけないなんて、本当に憂鬱です……。こちらの女性は、この誤爆以降、返信できないままでいるそうです。

5.「全然ご飯美味しくないんだもん」

 こちらも気まずい誤爆内容ですね……。近くに住む姑は、ことあるごとにたくさん作ったおかずを孫と息子のためにと運んできてくれるそう。でも、この料理が正直、あまり美味しくなく、お年寄りの舌に合わせて作っているので、とにかく薄味で柔らかいんだそう。

 そんな料理への文句を姑に誤爆してしまった女性。お義母さんは素直に「こちらこそごめんなさい」と謝ってくれたのですが、ショックだったのか、その後しばらく電話には出てくれなかったようです。

嫁姑の誤爆LINEで家庭崩壊の危機になることも!

 文章で読むだけでも、なかなかインパクトのある誤爆LINEばかりをご紹介してきましたが、LINEの内容によっては、家庭崩壊につながることも十分ありえますよね。

 ぜひ、LINEを送る時にはしっかり送信先を確認し、自分が言われて嫌な気持ちにならないかを判断基準にして、上手に親族付き合いをしてみてくださいね♪

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


自己嫌悪をやめたい…陥りやすい人の4つの共通点&克服方法
 誰だって、自分に嫌なところがあるのは当然のこと。しかし、自分の悪いところを責めすぎてしまうと、自己嫌悪に陥ってしまうこ...
憧れの人と同じなのに…自信のない人が陥りやすい考え方とは
 自分が憧れている人が身につけているものを買ってみた経験はありませんか? 推しのアイドルなどが着ている服、持っているバッ...
ひとりぼっちで孤独な"にゃんたま”に一目で恋に落ちました
 きょうは、一目見て恋に落ちました。  逢った瞬間、口元の「ふぐふぐ」がにゃんたまに見えちゃうくらい、ビビっと電気...
晩秋の「寺家ふるさと村」を歩く 2021.12.2(木)
 最近やけに寒いなあと思ったら、もう12月なんですね。約4カ月ぶりに「寺家ふるさと村」に行ってみました。
ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...