もう戻れない…嫁姑の“誤爆LINE”で家庭崩壊!緊迫の内容5選

コクハク編集部
更新日:2021-10-30 06:00
投稿日:2021-10-30 06:00
 今回は、結婚している女性にとって、ただただ恐怖でしかない「嫁姑の誤爆LINE」をご紹介します。「あの時気づいていれば!」「あの指がクリックさえしなければ!」そんな後悔は先に立たず……。間違えて送ってしまったことで、家族の絆をも揺るがしかねない恐ろしい内容、さっそくチェックしていきましょう! 覚悟はいいですか?

終わった…背筋も凍る嫁姑の誤爆LINE5選

1.「おしゃべりくそばばぁ」

 こちらは、読んでいて生きた心地のしないLINEです。こちらの女性は、旦那さんに「お正月は帰省したくない」という連絡をしていたそう。「いつも愚痴を聞かされるのに、旦那であるあんたはフォローしてくれない。おしゃべりくそばばぁとは年末年始くらい離れたい!」という内容でした。

 言ってしまいましたね、「おしゃべりくそばばぁ」!これは、もうごまかすことのできない本格的な悪口です……。お姑さんにバレたと知った時、このお嫁さんは、もう二度と姑には会わないと固く誓ったそうです。

2.「あなたなんであんなお嫁さんを選んだの?」

 こちらは、お姑さんから間違えて嫁に送った誤爆LINE。普段からいつも息子に言い聞かせていたのでしょう。「なんであんなお嫁さんを選んだの? だから苦労するのよ」と。

 この誤爆LINEに気づいたこの女性は、すぐに「出来損ないですみません」と皮肉たっぷりに送ったそう。

 すると、お姑さんは往生際が悪いことに、「息子の友人のことを話していた」と弁解したとか。この行動すべてに女性は警戒心を募らせ、もう二度と姑のいうことは信じないようにしようと、心に誓ったそうです。

3.「同居するなら離婚する!」

 こちらのお嫁さんもやってしまいましたね……。前日の夜に夫と、姑との同居話が出ていたそう。家の建て替えの際に二世帯住宅にされることを考えただけで夜も眠れず、本気で悩んだのだとか。

 翌日、「やっぱり同居するくらいなら離婚する!」と夫に送ったつもりが、まさかの姑本人に送ってしまったこのLINE。恐ろししぎます……。しかも、姑は今まで援助してきたお金を返してもらいたいとまで言い出す始末。もう誰にもフォローすることはできなさそうです。

4.「あの世に行くまでの辛抱だわ」

 こちらのLINEは、「(姑が)あの世に行くまでの辛抱」なんてひどいセリフを送ってしまった、なかなかの誤爆っぷりです。女友達に送るはずの姑いじりのLINEを、まさかの本人に送ってしまったのです。あまりにひどい誤爆に姑も怒りを覚えたようですが、そこは大切な孫のことが頭に浮かんだそうで、親族会議をして反省してもらおうと考えた様子。

 この内容を親族で議論されて反省しなければいけないなんて、本当に憂鬱です……。こちらの女性は、この誤爆以降、返信できないままでいるそうです。

5.「全然ご飯美味しくないんだもん」

 こちらも気まずい誤爆内容ですね……。近くに住む姑は、ことあるごとにたくさん作ったおかずを孫と息子のためにと運んできてくれるそう。でも、この料理が正直、あまり美味しくなく、お年寄りの舌に合わせて作っているので、とにかく薄味で柔らかいんだそう。

 そんな料理への文句を姑に誤爆してしまった女性。お義母さんは素直に「こちらこそごめんなさい」と謝ってくれたのですが、ショックだったのか、その後しばらく電話には出てくれなかったようです。

嫁姑の誤爆LINEで家庭崩壊の危機になることも!

 文章で読むだけでも、なかなかインパクトのある誤爆LINEばかりをご紹介してきましたが、LINEの内容によっては、家庭崩壊につながることも十分ありえますよね。

 ぜひ、LINEを送る時にはしっかり送信先を確認し、自分が言われて嫌な気持ちにならないかを判断基準にして、上手に親族付き合いをしてみてくださいね♪

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


超逸材!金色に輝くたまたまの魅力にメロメロ~吸引力が凄い
 きょうは、陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君。  海風に耳を澄ましまして何を想う……?  この並外れた魅...
あなたは受け恋?追い恋? 8月15日~8月21日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
気の合うママ友を作るには?連絡先をすぐに聞くのは危険です
 子供を育てていると、避けては通れない「ママ友」の存在。苦労せずにすんなりママ友ができるタイプもいれば、人見知りでなかな...
【ニトリ】4.5万円ワークチェアの座り心地 2022.8.13(土)
 長引くコロナ禍で定番になったリモートワーク。毎日の通勤時間がなくなり助かることはたくさんありますが、パソコンの前に座る...
なぜ黙ってたの?聞けば納得!大事な話を言わない大人の思惑
 皆さんは、相手から「実はね……」と話を切り出されて、「なんでもっと早く言ってくれなかったの!?」となる経験をしたことが...
専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過...
“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
その言動に原因あり? 友達がいないアラサー女性の特徴5つ
 年齢を重ねていくにつれ、周りの環境はどんどん変化していきます。特に、女性は結婚や出産を機に変わる人が多いですよね。しか...
UFOと交信!? “たまたま”のサファイアブルーの瞳にうっとり♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「悪夢を見ない方法」4選 毎晩ぐっすり眠れないのはなぜ?
 毎晩悪夢にうなされてぐっすり眠れない人は、日常生活になんらかのストレスを抱えている可能性があります。  そこで今回は...
【無印良品】手軽な「日干しかご」見ーっけ!2022.8.6(土)
 天日干しして作る自家製「干し野菜」への関心は高まるばかり。野菜を無駄なくおいしく使い切る、調理方法の幅は広がる、そして...
「慰謝料やばいらしい」秘密情報も暴露!お局様のウザいLINE
 どんな会社にも、古くから居座るお局がいるものですよね。長く会社にいるお局は、いい人もいるのですが、中には態度が大きくな...
正直しんどい!メンタル不調の人に逆ギレされたらどうする?
 コロナ禍もあってか、ここ数年で急激にメンタルケアや心の病気に関する本やニュースが増えた気がします。  悩みを抱えてい...