醜すぎる女性同士のバトル! 姑・友人・姉妹のドロドロLINE

コクハク編集部
更新日:2021-10-23 06:00
投稿日:2021-10-23 06:00
 女性同士のケンカって、ドロドロしがちですよね。「本気でぶつかり合えばすっきり解決!」ができる男性に比べて、女性同士のケンカは往々にして陰湿でネチネチとしていて、第三者から見ると“醜すぎる……”と映ってしまうこともしばしば。今回は、そんな女性同士のドロドロしたLINEの内容をご紹介します。

醜すぎる! 女性同士のドロドロLINEバトル5選

1.「ブスだねって言ってたよ」

 こちらの女性は、久しぶりの同窓会の翌日、女友達とのバトルLINEが勃発したそう。女友達が、同窓会に参加していた既婚男性と一緒に帰ったことを知って、「既婚男性である彼が心配、あんた男に貪欲だから」とクギを刺したところ、彼女は逆上してしまったそう。

 後日談によると、女友達はただ方向が一緒だから帰っただけのようですが、思わず「彼、あんたのことブスって言ってたよ」なんてありもしないことを言ってしまい、少し後悔しているそうです。女同士の争いには、こんな意地の張り合いも多いのかもしれませんね。

2.「昭和よ! この無礼者!!」

 こちらの女同士のバトルは、姑と嫁の戦い。もともとあまり仲が良くなく、連絡を頻繁にとっていなかったそうなのですが、「子供ができた年のお正月は帰ってくるの?」という姑からのLINEに対して、嫁は「お正月の帰省は、妊娠中のつわりがきつくて行けない」と断ったそう。

 すると姑、「長男の嫁がつわりくらいで」「お正月は吐いてでも親族のために働いた」という時代錯誤とも言えるLINEを入れてきました。

 妊娠中のホルモンバランスのせいか苛立ちがおさまらず、昭和生まれの義理の母に「大正時代と令和時代では違う」と言い放って、ケンカを売ってしまったそう。LINEでは、顔が見えず口も大きくなるので、こんな泥沼化してしまうことも多いのかもしれません。

3.「一生さよなら!」

 こちらは、妹と実は養子である姉、2人姉妹のLINE模様。幼いころから仲が悪く、妹が生まれた時から両親は妹ばかりを可愛がり、最終的にはわがままになった妹が姉のありもしない噂を告げ口したことで、姉は家を追い出されてしまったのだとか。

 そんな背景もありつつ、久しぶりにきたLINEは「父親が危篤だけれど、遺産はあげない」という内容でした。あまりに腹が立った女性は、長年の鬱憤が爆発!「本当に性悪女すぎるわ!」と伝えると、妹からは「一生さよなら!」のLINEが。

 なんとももやっとしてしまうLINE。いつか仲直りできたらいいですね……。

4.「あんたの本性バラしてやる!」

 こちらの女性は、いつも仲良くしている3人グループの1人が、自分の彼氏と浮気していることを知って、彼女を仲間外れにしようとしたそうです。でも、もう1人の友達にそれを告げ口され、反対に自分が孤立してしまいました。

 そこで、激怒した彼女は「浮気に気づいている」ということと、その「本性をバラしてやる!」と宣言したそう。

 そんな二人の合間に立たされている女友達……本当に気の毒で同情してしまいますね。

5.「誰か見た人いるんですか?」

 最後にご紹介するLINEは、保育園のママ同士のドロドロLINE。女の子のママから「あなたの家の子にひっかかれた」という文句の連絡がきたそう。これに対して、ひっかいてしまった男の子のママは「うちの子がやったのを見た人、いるんですか?」と、強気の反撃。

 さらに、「あなたの子は平気で嘘つくから……」と、思わず言ってしまったのだそう。結局最後まで謝ることはせずに、殺伐とした空気でLINEが終わってしまいました。子供を間に挟んでのケンカは、ドロドロ感も増しますね……。

女性同士のドロドロLINEバトルはタチが悪い

 友達や姑、姉妹など、いろいろな女性同士のドロドロLINEバトルをご紹介してきました。どのLINEを見ても、誰も良い気分にはなりませんね。そのLINEの原因となったのは、女子同士の特徴でもある、頑固さと強気。タチの悪いことに、嘘をついたり、話を盛ってしまう人も多いようです。

 ぜひ、あなたはそんな状態にならないように、しっかり相手との信頼関係を築いて、素直な人間関係を心がけましょう! また、口は災いの元。特に、顔の見えないLINEでは、自分の発言が相手にどう受け取られるか、考えてから送信してくださいね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


超逸材!金色に輝くたまたまの魅力にメロメロ~吸引力が凄い
 きょうは、陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君。  海風に耳を澄ましまして何を想う……?  この並外れた魅...
あなたは受け恋?追い恋? 8月15日~8月21日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
気の合うママ友を作るには?連絡先をすぐに聞くのは危険です
 子供を育てていると、避けては通れない「ママ友」の存在。苦労せずにすんなりママ友ができるタイプもいれば、人見知りでなかな...
【ニトリ】4.5万円ワークチェアの座り心地 2022.8.13(土)
 長引くコロナ禍で定番になったリモートワーク。毎日の通勤時間がなくなり助かることはたくさんありますが、パソコンの前に座る...
なぜ黙ってたの?聞けば納得!大事な話を言わない大人の思惑
 皆さんは、相手から「実はね……」と話を切り出されて、「なんでもっと早く言ってくれなかったの!?」となる経験をしたことが...
専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過...
“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
その言動に原因あり? 友達がいないアラサー女性の特徴5つ
 年齢を重ねていくにつれ、周りの環境はどんどん変化していきます。特に、女性は結婚や出産を機に変わる人が多いですよね。しか...
UFOと交信!? “たまたま”のサファイアブルーの瞳にうっとり♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「悪夢を見ない方法」4選 毎晩ぐっすり眠れないのはなぜ?
 毎晩悪夢にうなされてぐっすり眠れない人は、日常生活になんらかのストレスを抱えている可能性があります。  そこで今回は...
【無印良品】手軽な「日干しかご」見ーっけ!2022.8.6(土)
 天日干しして作る自家製「干し野菜」への関心は高まるばかり。野菜を無駄なくおいしく使い切る、調理方法の幅は広がる、そして...
「慰謝料やばいらしい」秘密情報も暴露!お局様のウザいLINE
 どんな会社にも、古くから居座るお局がいるものですよね。長く会社にいるお局は、いい人もいるのですが、中には態度が大きくな...
正直しんどい!メンタル不調の人に逆ギレされたらどうする?
 コロナ禍もあってか、ここ数年で急激にメンタルケアや心の病気に関する本やニュースが増えた気がします。  悩みを抱えてい...