長く続いた面倒なLINEのやりとり…自然な終わらせ方5選

コクハク編集部
更新日:2021-10-29 06:00
投稿日:2021-10-29 06:00
 日常生活に欠かせないLINEは、どこにいても気軽に連絡を取り合うことができる最高のコミュニケーションツールです。でも、いつでもどこでも返せるからこそ、ダラダラと長く続くLINEに困っている人も多いでしょう。そこで今回は、そんな長く続いた面倒なLINEの自然な終わらせ方をご紹介します!

長く続いた面倒なLINE…やりとりの自然な終わらせ方5選

1. 返信のテンポを落としていく

 LINEがなかなか終わらない時には、だんだん返信のテンポを落としていく方法がおすすめです。テンポ良く返信を繰り返すと、いつまで経っても会話が終わらないですよね。

 テンポが崩れるように、返信するまでの時間を少しずつ長くしていくと、相手も「LINEを終わらせたいのかな?」と察してくれたり、ほかの用事が入ってLINEを閉じたりする状況が生まれやすくなります。答えのない漠然とした会話に疲れてしまった場合には、この方法を試してみると良いかもしれません。

2. 締めのセリフを入れる

 鈍感な友人に使えるのが、「締めのセリフを使う」ことです。こちらの女性のように、会話が広がってしまいそうだと感じた時には、「また連絡するね」など、締めの言葉を使うようにしてみると良いでしょう。

 ほかには「今日はありがとう、またね!」「了解! じゃあね!」といったものや、「おやすみ」「いってらっしゃい」などの挨拶も有効ですね。

3. スタンプで締める

 LINEの暗黙のルールとして、「スタンプを送ると会話が終わった合図」というものがあります。たとえばこちらのLINEのように、答えの出ない会話が続きそうな時には、うまく会話に返信してからスタンプで締めてしまいましょう。

 ポイントは、スタンプの文言も「締め」を意識したものを使うこと。ただ盛り上げるためのスタンプだと思われないことが大切ですね。

4. 電話がきたことにする

 会話の切れ目がなく、締めるタイミングが掴めなかったり、時間がないのに相手の相談にのっていたりする時などに使えるのが「電話がきたことにする」というものです。電話がいつかかってくるかなんて誰にもわからないため、会話や相談の途中でも嫌味なく終わらせることができます。

「電話がかかってきた」だけだと、電話のあとに連絡してねと言われてしまうこともあるので、締めの言葉を付け加えることを忘れないようにしましょう。

5. 眠くなってきたことを伝える

 LINEをしているのが夜遅い時間なら、眠くなってきたことを伝えると自然に会話を終わらせることができます。「寝落ちしたらごめん」などと伝えておけば、返信がなくなっても「寝たんだな」と思ってもらえるはずです。

 ただ、寝落ちで終わってしまうと翌朝謝るLINEをすることになるので、思い切って「眠いから寝るね、おやすみ」と送ってしまうのもありですね。

面倒なLINEのやりとりの終わらせ方をマスターしよう

 なかなか終わらない面倒なLINEは、日常生活で何度も遭遇するものですよね。ぜひ、いくつかの「LINEの終わらせ方」のパターンを覚えておいて、困った時にさっと使えるようにしておきましょう。人生の時間は限られています。時間を大切に「有意義だな」と感じられる時を増やしていってくださいね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...