長く続いた面倒なLINEのやりとり…自然な終わらせ方5選

コクハク編集部
更新日:2021-10-29 06:00
投稿日:2021-10-29 06:00
 日常生活に欠かせないLINEは、どこにいても気軽に連絡を取り合うことができる最高のコミュニケーションツールです。でも、いつでもどこでも返せるからこそ、ダラダラと長く続くLINEに困っている人も多いでしょう。そこで今回は、そんな長く続いた面倒なLINEの自然な終わらせ方をご紹介します!

長く続いた面倒なLINE…やりとりの自然な終わらせ方5選

1. 返信のテンポを落としていく

 LINEがなかなか終わらない時には、だんだん返信のテンポを落としていく方法がおすすめです。テンポ良く返信を繰り返すと、いつまで経っても会話が終わらないですよね。

 テンポが崩れるように、返信するまでの時間を少しずつ長くしていくと、相手も「LINEを終わらせたいのかな?」と察してくれたり、ほかの用事が入ってLINEを閉じたりする状況が生まれやすくなります。答えのない漠然とした会話に疲れてしまった場合には、この方法を試してみると良いかもしれません。

2. 締めのセリフを入れる

 鈍感な友人に使えるのが、「締めのセリフを使う」ことです。こちらの女性のように、会話が広がってしまいそうだと感じた時には、「また連絡するね」など、締めの言葉を使うようにしてみると良いでしょう。

 ほかには「今日はありがとう、またね!」「了解! じゃあね!」といったものや、「おやすみ」「いってらっしゃい」などの挨拶も有効ですね。

3. スタンプで締める

 LINEの暗黙のルールとして、「スタンプを送ると会話が終わった合図」というものがあります。たとえばこちらのLINEのように、答えの出ない会話が続きそうな時には、うまく会話に返信してからスタンプで締めてしまいましょう。

 ポイントは、スタンプの文言も「締め」を意識したものを使うこと。ただ盛り上げるためのスタンプだと思われないことが大切ですね。

4. 電話がきたことにする

 会話の切れ目がなく、締めるタイミングが掴めなかったり、時間がないのに相手の相談にのっていたりする時などに使えるのが「電話がきたことにする」というものです。電話がいつかかってくるかなんて誰にもわからないため、会話や相談の途中でも嫌味なく終わらせることができます。

「電話がかかってきた」だけだと、電話のあとに連絡してねと言われてしまうこともあるので、締めの言葉を付け加えることを忘れないようにしましょう。

5. 眠くなってきたことを伝える

 LINEをしているのが夜遅い時間なら、眠くなってきたことを伝えると自然に会話を終わらせることができます。「寝落ちしたらごめん」などと伝えておけば、返信がなくなっても「寝たんだな」と思ってもらえるはずです。

 ただ、寝落ちで終わってしまうと翌朝謝るLINEをすることになるので、思い切って「眠いから寝るね、おやすみ」と送ってしまうのもありですね。

面倒なLINEのやりとりの終わらせ方をマスターしよう

 なかなか終わらない面倒なLINEは、日常生活で何度も遭遇するものですよね。ぜひ、いくつかの「LINEの終わらせ方」のパターンを覚えておいて、困った時にさっと使えるようにしておきましょう。人生の時間は限られています。時間を大切に「有意義だな」と感じられる時を増やしていってくださいね!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


あなたは受け恋?追い恋?11月28日~12月4日エレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”のごはん場へGO!みんなで仲良くたくさん食べてね
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
観葉植物がすぐ枯れる!購入前に知りたい5つの原因と選び方
 部屋の中に観葉植物があると、それだけで素敵な雰囲気に変わりますよね。しかし、観葉植物を枯らしてしまった経験があると、欲...
最期のLINEは「大好きだよ」忘れられない女友達の感動の言葉
 あなたにとって女友達とはどのような存在でしょうか? もしかしたらその友達は、あなたを救う女神様かもしれません。  今...
この季節特有? 浮足立つ気持ちは何だろう 2022.11.27(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰かに紹介する?したくない?付き合う人の選び方は単純明快
 親や先輩から「付き合う人は選んだほうがいいよ」と言われた経験はありませんか?  お恥ずかしいのですが、私は30歳に...
「授乳するの気持ち悪い」と落ち込んだ日 2022.11.25(金)
 皆さん、授乳にどんなイメージを持っていますか。母と子が触れ合う大切な時間? 母親が自らの栄養を子に分け与える神聖な行為...
汚部屋ではないけれど…「片づけられない女」を卒業したい!
 自分の部屋を見回したとき「ぐちゃぐちゃしてる」「誰にも見られたくない」と感じる人は、もしかすると「片付けられない女」か...
日向ぼっこで免疫力アップ! 自慢の“たまたま”もフワフワに
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
花屋解説!コロナ禍の「喪中ハガキ・メール」お悔やみマナー
 今年もあと1カ月程度。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年末の準備をしなければいけない時期になっておりました。 ...
【アラフォー子羊の悩み】夫と10年レス、女として終わり?
 「予言より当たる!」と話題沸騰! 毎月お届けしているルノルマンカード(※)の「星座別パワーワード占い」が人気を集めてい...
「勤労感謝の日」働く自分やあの人に感謝!2022.11.23(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
SNS疲れしたあなたへ 30代は“中途半端な人間関係”の清算を
 いまや年齢に関係なく、多くの人が「使いこなして当たり前」のSNS。でも、表情も声色(こわいろ)も分からないSNS投稿で...
女から嫉妬されやすい女性の特徴 無意識ほど怖いものはない
 女性の中には、「なぜか同性から嫌われる」という人がいます。相手に何かしたわけでもないのに、初対面から嫌な態度を取られた...
「アヒル隊長 大冒険セット」再販に歓喜! 2022.11.22(火)
 昨年11月、数量限定発売されたバスクリン「きき湯とアヒル隊長 大冒険セット」。現在、再販しているのを知っていますか? ...
白×黒柄のカモフラ!? めちゃ尊い“たまたま”に心が洗われる
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...