シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-10-19 10:35
投稿日:2021-10-19 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化したこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

遊園地で気になった「どこにでもある光景」

どこにでもある光景に過度に反応してしまうイラスト:こばやしまー
どこにでもある光景に過度に反応してしまう イラスト:こばやしまー

 離婚したばかりの頃、息子と2人で遊園地に出かけました。

 環境が変わって心が落ち着かない時期でしたし、私自身、絶対的に盛り上がれる楽しいところに行きたかったのです。

 でも、そこでやけに目についたのが、“普通の家族の姿”。パパ+ママ+子供2人など、どこにでもある光景に過度に反応してしまう自分に気がつきます。

「ソフトクリーム買って〜!」と、どこかの子供。「さっきも食べただろ。じゃあパパと半分こする?」と、どこかのパパ。

「私、抱っこするから、ベビーカー押してよ」と、どこかのママ。「俺が抱っこしようか?」と、どこかのパパ。

 そんなほんの普通のやりとりが、なぜか心に刺さります。

 当時4歳の息子がいつも以上に小さくぽつんと見えてしまい、「もっと楽しませなきゃ!」と、ねだられるままにくるくる回るアトラクションで酔い、ガチャガチャを引かせまくり、体も心も財布もくたびれて帰りました。

シングルマザーになったら世界に“色眼鏡”をかけてしまう

シングルマザーになった途端に…(写真:iStock)
シングルマザーになった途端に… (写真:iStock)

 シングルマザーになる前から、私は息子と二人でどこそこへと出かけていました。

 公園や児童館、スーパーの買い出しへはもちろん、車中泊や遊園地にも。水族館にいたっては年間パスポートまで買い、週一くらいで通っていました。

 でも、その時に「私ってシングルマザーに見えるかしら?」なんて考えたこともありません。なのに、シングルマザーになったというだけで、世界に“色眼鏡”をかけてしまう不思議。

 シングルマザーの友達にこのことを話すと、「わかるわ〜」と言われました。「なんでか、周りの目が気になるんだよね。誰も見ていないのに」と。

 さらには、「子供がそういう光景を見て、どう感じるのかな?って心配になっちゃうんだよね」って。

 これって、シングルマザーあるあるなんでしょうかね。

父が何気なく言ったこと

「お母さんと2人で公園」は珍しくない(写真:iStock)
「お母さんと2人で公園」は珍しくない (写真:iStock)

 実家に戻って間もない頃、父が「今日、公園でどこかのママと子供がキャッチボールをしていたんだけど、シングルマザーだったのかもね」と、何気なく言いました。

 でも、「え、ママと二人で公園ってよくあることじゃない?」と言うと、「あ、そっか」って、腑に落ちたような表情をしていました。

 シングルマザーがいる家族にも、そんな“色眼鏡”はかかってしまうのかもしれません。

 父は、単純な“母と子供の光景”を見ただけなのに、「あぁ、パパがいないのにキャッチボールを頑張ってやっているんだな」なんて、複雑な想像をしてしまったのでしょう。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月22日~28日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
自分の魅力を熟知! クールな視線がかっこいい“にゃんたま”
 カッコいいにゃんたまωポーズ、クールな視線、キマッてるね!  にゃんたま君は自分の魅力を知っていて、写真の撮られ...
多頭飼いは“つかず離れず”がちょうどいい 2021.11.21(日)
 我が家には2匹の猫がいます。マンチカンのもん様こと主水、スコティッシュフォールドのこっちゃんことコロナ。  もん...
恥ずかしすぎて消えたい…職場グループに送った誤爆LINE5選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
破壊力ありすぎ! おばあちゃんから届いた“勘違いLINE”5選
 いろんな時代や多くの困難を経験して乗り越えてきたおばあちゃんたちって、本当にたくましいですよね。ガラケー時代をなんなく...
無意味どころか不可能?!他人との比較が無駄といわれるワケ
 他人と比較しても意味がない——。そんな言葉を毎日のように目にします。この認識が広まるのはとても大切だと思いますし、みん...
まるでドラえもん! もふもふのお腹が魅力的な"にゃんたま”
 きょうは、ふしぎなポッケを持っていそうな、ドラえもんみたいなにゃんたま君です。  丁寧な毛繕いで、ふわっふわにな...