もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-11-19 06:00
投稿日:2021-11-19 06:00
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・タクミ君(29)とのトキめきデートにすっかりハマってしまった。そんな彼に「全身オイルマッサージコースもある」と告げられ、二人はラブホテルへ。紙のショーツに着替え、ベッドにうつぶせになったT子さんに、彼は丹念なマッサージを施してきて――そこには、思いがけない甘美な世界が待っていた。
 前回までの話はこちら→第1回第2回

甘美なキスの雨に抗えず…

マッサージのはずが背中にキスをされ(写真:iStock)
マッサージのはずが背中にキスをされ (写真:iStock)

――ベッドでうつぶせになったT子さんがオイルマッサージを受けていた時の詳細をお話しください。

「はい、初めこそ背中を中心としたマッサージでしたが、うつぶせ寝する私のヒップに、彼は唇をすべらせてきたんです。

 チュッ……チュッ……とキスの雨を降らせるように……。マッサージとアロマ効果で、すでに体は火照っていましたが、まさか背中からヒップにかけて接吻なんて……。今思い出しても衝撃的な流れでした」

――続けて下さい。

「私は今まで以上に『あ……ぁあ』と恥ずかしい声を漏らしてしまったんです。これまで付き合った男性はもちろん、夫にだって『ヒップにキスをされる』などと言うことがなかったので……。

 でも、恥ずかしさと興奮って紙一重ですね。

 相手がイケメン出張ホストだと思うと、こばめなかった。柔らかな唇の感触が心地よく、大胆になっていいのかしら……と思ったんです。

 それに、タクミ君は常に紳士的でした。キスはしても、それ以上は進んでこない。ギリギリのところで、女の欲望をお預けにしてくる。

 だから、もっと欲しくなってしまう。

 ずるい……と思いながらも、彼の甘美なリッププレイには抗(あらが)えなくて……」

「どうしてほしいの?」

触ってほしいけど、言いたくない(写真:iStock)
触ってほしいけど、言いたくない (写真:iStock)

――続けて下さい。

「うつぶせになったままの私は、シーツをギュッと握りしめ、ひたすら彼の愛撫を受けていました。汗が吹きだして、ヴァギナがさらにじっとり濡れていくのが分かりました。

 でも、キスをするだけで、肝心な部分にはいっさい触れてこない。だから私、自然とヒップをせり上げて、彼の唇や舌を求めてしまったんです。

 その瞬間、タクミ君はキスを止めました。

 私の欲情を見透かしたように、『T子さん、大丈夫ですか? このまま続けます?』とクールな口調で言ってきたんです。

 思わず、心の中で「ひどい、ずるいわ」と毒づいていましたね。

 私の体がひどく火照っているのを知ったうえで、あえて、意地悪な言葉を浴びせてくるんですから。

 でも、体は理性を保てませんでした。

 私は『こんな中途半端なマッサージじゃ、逆に苦しい』と言ってしまったんです。

『どうしてほしいの?』と彼は言いました。

 私は返す言葉に迷いました。アソコに触れてほしい、乳房への愛撫もしてほしい……でも、そんなことは口が裂けても言いたくありません。

 いくらお客でも、最低限のプライドは捨てたくなかったから……」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク