上げ底に比例? シークレットシューズを履いた男のプライド

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-03-28 20:58
投稿日:2019-03-07 06:00
 ノンフィクションでお届けしている「ザンネンな恋の話」。今回は、身長168cmのモデル体型のんちゃん(仮名)が出会ったハイスペック男性との #ザン恋 エピソードをご紹介します。

高学歴のハイスペックな彼との出会い

高身長女子ならではの条件(写真:iStock)
高身長女子ならではの条件 (写真:iStock)

 25歳からの大事な3年間を捧げた彼氏とまさかの破局をして、落ち込む間もなく新しい出会いに奔走していたのんちゃん。当初は男性に対する条件が多く、「誠実で、大企業勤務か医者で、優しくて、マザコンじゃなくて、運動神経も良く……」なんて言っていたけど、しらみつぶしに行った合コンや出会い系パーティーでことごとく当てはまる男性なんかは現れず、現実を思い知らされていました。

《条件が多いと永遠に彼氏ができない。絶対ゆずれない条件だけに絞ろう》

 そう悟ったのんちゃんが、たった一つ絞った条件は「自分より身長が高い人」でした。女性の身長としてはちょっと高めの168cmなので、やはり男性の身長は気になるポイントだったのです。

 そんな時、年下ながら合コンの幹事力が高いと定評のある後輩女子から、とっておきの独身男性を紹介したいとの連絡があり、すぐさま引き合わせてもらうことに。

 その男性は、有名K大学を卒業後、大手商社に勤務するエリートのタカシくん(仮名)。長期の海外出張が多いため、なかなか出会いがなく彼女もいないとのこと。顔はフツーだけど、優しそうだし会話も弾んでコミュ力高くて、良さそう!

 そして、最後に身長の確認を……と全身をザッと見たところ、「そんなに大きくはないけど、170cmくらいかな? もうそんなに贅沢は言っていられない! 自分より大きければオッケー」と自分に言い聞かせ、後日2人でデートすることになりました。

お座敷で見てはいけないものが視界に…

身も心も背伸びしていた?(写真:iStock)
身も心も背伸びしていた? (写真:iStock)

 金曜の夜に、タカシくんが予約してくれたイタリアンのお店で食事。海外での暮らしぶりや仕事の話もしてくれて、尊敬できるしかっこいい。この人と結婚したら人生バラ色じゃない? なんて浮かれつつ、何よりタカシくんから好き好きオーラが伝わってきて、まさにイイ感じ。

 そのまま迷わず二軒目に行くことになり、いくつかバーを当たったけどどこも満席で、やっと入れたのが和食屋のお座敷席でした。

「ここでゆっくり飲み直そうか」なんて言いながら、タカシくんが先に靴を脱いでお座敷に入った時に、何だか“見ちゃいけないモノ”が目に飛び込んできたのです。

 靴底に、分厚いインソールが!

 明らかに“上げ底”になっている……。

 そして、のんちゃんも靴を脱いでお座敷にあがり、タカシくんと横並びになったときに、目線が自分より下であることを確認したのです。

《タカシくん、シークレットシューズだったのね》

 のんちゃんにとっては最重要だった「自分より身長の高い人」という条件が打ち破られて、そこからはヤケクソでだいぶお酒を飲んだようです。

 その和食屋さんで接客してきたのが、たまたまイケメンで180cmはありそうな高身長の店員さん。コミュ力も高く、何度か注文のたびに話をして盛り上がった記憶がうっすらありつつ、解散しました。

 翌朝、タカシくんにお礼のLINEを送ったけど、2週間経っても既読にならず……ん? おそらくブロックされた模様。

 のんちゃんはブロックされた理由がイマイチ分からなかったので、タカシくんを紹介してくれた後輩女子にデートの一部始終を報告したところ、「あぁ……タカシくんはとにかくプライドが高くて。もしかしたら、180cmの男性店員と楽しく話してたのが癪に障ったのかもしれませんね」とのこと。

《まぁ、シークレットシューズを履くぐらいだからね……》

 と、妙に納得。それ以降、LINEに既読がつくことはないそうです。

【今日の一言メモ】上げ底はプライドの高さに比例する

 次回の #ザン恋 もお楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテ期と錯覚した女の孤独 フェイクと本物の明確な違いは?
「私、モテ期かも……」と複数の男性とのやりとりを楽しんでいたつもりなのに、気がついたら孤独になっていた。そんな女性が増え...
内藤みか 2022-10-06 06:00 ラブ
あなたはふりかけ星人?「料理にケチをつける男」対処法4つ
 料理にケチをつける男にイライラした経験のある人は多いですよね。普通の仕事とは違い、家事には休みも定年もお給料もありませ...
恋バナ調査隊 2022-10-06 06:00 ラブ
彼から愛され続ける究極の方法は…“インフラ的な存在”になる
 パートナーのことが好きであればあるほど、彼にとっての一番大切な存在になりたいですよね。 「元カノや、他の女性に目移り...
若林杏樹 2022-10-05 06:00 ラブ
えぐ!鬼嫁の仰天インスタ3選 夫婦喧嘩のスクショをガチ投稿
「鬼嫁」と呼ばれる女性の中にはSNSでも、その鬼嫁っぷりを惜しげなく露呈している人もいるようです。  一方、“いい奥さ...
並木まき 2022-10-05 06:00 ラブ
体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ