上げ底に比例? シークレットシューズを履いた男のプライド

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-03-28 20:58
投稿日:2019-03-07 06:00
 ノンフィクションでお届けしている「ザンネンな恋の話」。今回は、身長168cmのモデル体型のんちゃん(仮名)が出会ったハイスペック男性との #ザン恋 エピソードをご紹介します。

高学歴のハイスペックな彼との出会い

高身長女子ならではの条件(写真:iStock)
高身長女子ならではの条件 (写真:iStock)

 25歳からの大事な3年間を捧げた彼氏とまさかの破局をして、落ち込む間もなく新しい出会いに奔走していたのんちゃん。当初は男性に対する条件が多く、「誠実で、大企業勤務か医者で、優しくて、マザコンじゃなくて、運動神経も良く……」なんて言っていたけど、しらみつぶしに行った合コンや出会い系パーティーでことごとく当てはまる男性なんかは現れず、現実を思い知らされていました。

《条件が多いと永遠に彼氏ができない。絶対ゆずれない条件だけに絞ろう》

 そう悟ったのんちゃんが、たった一つ絞った条件は「自分より身長が高い人」でした。女性の身長としてはちょっと高めの168cmなので、やはり男性の身長は気になるポイントだったのです。

 そんな時、年下ながら合コンの幹事力が高いと定評のある後輩女子から、とっておきの独身男性を紹介したいとの連絡があり、すぐさま引き合わせてもらうことに。

 その男性は、有名K大学を卒業後、大手商社に勤務するエリートのタカシくん(仮名)。長期の海外出張が多いため、なかなか出会いがなく彼女もいないとのこと。顔はフツーだけど、優しそうだし会話も弾んでコミュ力高くて、良さそう!

 そして、最後に身長の確認を……と全身をザッと見たところ、「そんなに大きくはないけど、170cmくらいかな? もうそんなに贅沢は言っていられない! 自分より大きければオッケー」と自分に言い聞かせ、後日2人でデートすることになりました。

お座敷で見てはいけないものが視界に…

身も心も背伸びしていた?(写真:iStock)
身も心も背伸びしていた? (写真:iStock)

 金曜の夜に、タカシくんが予約してくれたイタリアンのお店で食事。海外での暮らしぶりや仕事の話もしてくれて、尊敬できるしかっこいい。この人と結婚したら人生バラ色じゃない? なんて浮かれつつ、何よりタカシくんから好き好きオーラが伝わってきて、まさにイイ感じ。

 そのまま迷わず二軒目に行くことになり、いくつかバーを当たったけどどこも満席で、やっと入れたのが和食屋のお座敷席でした。

「ここでゆっくり飲み直そうか」なんて言いながら、タカシくんが先に靴を脱いでお座敷に入った時に、何だか“見ちゃいけないモノ”が目に飛び込んできたのです。

 靴底に、分厚いインソールが!

 明らかに“上げ底”になっている……。

 そして、のんちゃんも靴を脱いでお座敷にあがり、タカシくんと横並びになったときに、目線が自分より下であることを確認したのです。

《タカシくん、シークレットシューズだったのね》

 のんちゃんにとっては最重要だった「自分より身長の高い人」という条件が打ち破られて、そこからはヤケクソでだいぶお酒を飲んだようです。

 その和食屋さんで接客してきたのが、たまたまイケメンで180cmはありそうな高身長の店員さん。コミュ力も高く、何度か注文のたびに話をして盛り上がった記憶がうっすらありつつ、解散しました。

 翌朝、タカシくんにお礼のLINEを送ったけど、2週間経っても既読にならず……ん? おそらくブロックされた模様。

 のんちゃんはブロックされた理由がイマイチ分からなかったので、タカシくんを紹介してくれた後輩女子にデートの一部始終を報告したところ、「あぁ……タカシくんはとにかくプライドが高くて。もしかしたら、180cmの男性店員と楽しく話してたのが癪に障ったのかもしれませんね」とのこと。

《まぁ、シークレットシューズを履くぐらいだからね……》

 と、妙に納得。それ以降、LINEに既読がつくことはないそうです。

【今日の一言メモ】上げ底はプライドの高さに比例する

 次回の #ザン恋 もお楽しみに!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ