高身長男性に惹かれる女性必読 「ウドの大木」にご注意を

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-03-18 17:24
投稿日:2019-03-18 06:00
 結婚相談所の書類にある「身長」を書く欄。相手を選ぶ時に、背の高さを条件にする女性がいまだ多いということでしょう。でも、高身長というだけで男性を選ぶと、中身が空っぽな「ウドの大木」を捕まえるリスクがあると思うんです。

女性はやっぱり男性の身長を気にする傾向にある

背伸びをしてキスにキュンとするのは分かるけど…(写真:iStock)
背伸びをしてキスにキュンとするのは分かるけど… (写真:iStock)

 女友達の恋愛話の中で登場する「でも、身長低いんだよね〜」の言葉。「高学歴・高収入・高身長」の3高男性がモテてきたバブル期の風潮は、未だ根強く残っているのが現実です。

 でも、確かに、背が高い男性は不思議とカッコよく見えます。女性が背伸びをしてキスをするシーンにキュンとするのも分かります。でも、敢えて言います!高身長というだけで惹かれるのは、やめた方が良いと。

先天的な高身長男性には要注意!その理由は?

根拠のない自信に満ち溢れてる人が多いかも?(写真:iStock)
根拠のない自信に満ち溢れてる人が多いかも? (写真:iStock)

 高身長男性には、子どものころから背が高い先天的タイプと、中学生後半くらいから伸び始めた後天的タイプの2種類があります。要注意なのは、前者「先天的な高身長男性」。

高身長ゆえに特別な経験を持つ人が多い

 子どものころ、身長が高い男の子って何かと目立っていませんでしたか?スポーツが得意だったり、学級委員など特別な任務を任されていたり。

 つまり、高身長ゆえに特別な経験を持つ人が多いのです。この経験は大きいです。小さいころから得られる「できる」という周りからのイメージは、自分の自信へと変化しますから。

たまたま手に入った「身長」に頼り続ける

 高身長は努力で得たものではありません。遺伝や親の栄養管理の賜物など、たまたま手に入ったものなのです。

 子どものころからの自信がそのまま吉と出て、チャレンジ精神溢れた魅力的な男性になる場合ももちろんあります。でも、そこにあぐらをかいてしまう残念な男性がいるんです。そうしていつの間にか、努力嫌いで向上心を持たない「ウドの大木」へと成長します。

 ウドの大木は根拠のない自信に満ち溢れていて、一見、温和な雰囲気を持っています。そして、自分を魅せる努力をしない人が多いです。釣った魚に餌をやらないタイプというか。

 偏見かもしれませんが、けっこう当たってると思います。

小粒でもぴりりと辛い「ほどほど身長」の男性が狙い目

コンプレックスに打ち勝った男性は魅力的(写真:iStock)
コンプレックスに打ち勝った男性は魅力的 (写真:iStock)

 おすすめしたいのは、小粒でもぴりりと辛い「ほどほど身長」の男性。数値にすると163cm〜174cmくらいでしょうか。

身長以外で勝負してきた経験がある

 世の中の男性は、女性が思うよりも自分の身長を気にしています。「もっと身長があったら」と思う反面、どうやったって伸びるわけではないため、努力をして身長以外の自分の魅力を伸ばします。

 学歴や職業かもしれませんし、優しさかもしれません。会話に長けている場合もありますね。このように身長コンプレックスに打ち勝ってきた男性は、堂々としていてバイタリティに溢れている方が多いです。あ、気のせいかもしれませんが、歌がうまい人も多いです。

ハイスペックな後天的高身長男性も稀にいる

 中学生〜高校生までは身長が低かったのに、成長期に突然伸び始めた。そういう男性は低身長&高身長の両方の気持ちが分かる、ハイスペック後天的高身長男性です。

 過去に努力した経験がありつつ、現在は高身長。これは、言うことないでしょう。稀なので、出会えたらラッキーくらいで!

「身長なんてどうでも良い」と思えたら選択肢が広がる

身長以外にも目を向けよう(写真:iStock)
身長以外にも目を向けよう (写真:iStock)

 180cm以上の男性に魅力を感じる女性は多いですが、実は全体の7%弱だそう。これは女性に当てはめると、150cm以下くらいかと。

 もしも、「150cm以下の女性が魅力的」なんて風潮ができたら該当しない女性は憤慨するはずなのに、努力では叶わないスペックを相手に求めるなんてどうなんですかね。

「身長なんてどうでも良い」と思えたら、男性を選ぶ選択肢は広がるでしょうし、身長以外の魅力にも気付きやすくなるはず。

 遺伝子レベルの呪いが解けたなら、婚活に悩む女性がもう少し減るのでは?と思う今日このごろです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM