男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-12-04 06:00
投稿日:2021-12-04 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをすると回答しています(小学館「Domani」調べ)。その逆に、全くケンカをしないカップルも約3割いるわけですが、筆者の究極の見解としましては、ケンカが起こらないカップルの大きな特徴は夫が温厚で優しいということです。いわばケンカが勃発するかしないかは男次第と言い切っても過言ではありません。

好きで結婚して、嫌いで別れる謎

好きで一緒になったはずなのに…(写真:iStock)
好きで一緒になったはずなのに… (写真:iStock)

 約8割のカップルが恋愛結婚をしていますが、離婚事由の第1位は男女とも「性格の不一致」。好きで一緒になり嫌いで別れるという不思議現象なのですが、今回は嫌いになる原因について細かく検証していきたいと思います。

 パートナーを嫌いになる理由を一言で申し上げると、「ケンカの積み重ね」が大きな原因となっています。「ケンカするほど仲が良い」という慣用句がありますが、筆者的にはずいぶん前からこれを否定的に捉えています。お互いに言いたいことを言い合える遠慮のない関係なんだよという、とてもポジティブな考え方なのですが、仲良しカップルはほぼケンカしません。

 共通点として冒頭でお話した通り、ケンカが起こらないカップルは、男性が気遣いのできる優しい夫だということです。いわばケンカを握るカギは「夫の性格」が大きく左右すると言ってもいいでしょう。

ケンカが起こる代表的な原因とその解決策

気持ちに寄り添ってもらえないと寂しい(写真:iStock)
気持ちに寄り添ってもらえないと寂しい (写真:iStock)

1. 相手の気持ちに寄り添えなかった時

 ……身内の不幸にも素知らぬ顔、記念日を忘れたり、思いやりに欠けた言動

<解決策>
 記念日を忘れるのはもってのほか。女性はお金を使って欲しいのではありません。気持ちが欲しいのです。身内に不幸があった時も、常にそばにいて励まして寄り添うという気持ちが大切です。

 間違っても、お通夜などでグーグー高いびきをかいてぐっすり寝てはいけません。生涯で一度のお悔やみなのですから。

2. 優先順位が家族より他人ばかりの時

 ……連日の飲み会や付き合い、出張や残業が続く

<解決策>
 仕事が忙しいのは妻も当然理解はしています。疲れ切っていて家に帰るとすぐに眠りたいのもわかりますが、妻に対して優しい言葉がけは必要でしょう。

「いつも遅くてごめんね」、あるいは「寂しい思いをさせてないかな」。どちらかの一言でいいのです。それを面倒くさいと思うようでは先が思いやられます。

 不機嫌な妻に対して不機嫌で返すと必ず不穏な空気になります。たまにスイーツなどの手土産を買って帰るのもいいでしょう。結婚とは共同生活です。気遣いなしでは良好な関係は築けません。

コミュニケーション不足で浮気を疑われることも(写真:iStock)
コミュニケーション不足で浮気を疑われることも (写真:iStock)

3. 浮気を疑われる時

 ……誰にでも優しく、よく人の相談に乗る。謎の行動が多い

<解決策>
 妻よりも他人に親切な男性がたまにいます。外では笑顔を振りまき、気を遣えるタイプです。一番親切に優しくしないといけない相手は妻なのに、それをはき違えている男性です。

 妻は自分をないがしろにされると、決定的な理由がなくても浮気を疑い始めて、LINEを盗み見たりする負のスパイラルに突入してしまいます。

 仕事と同じく、家庭でも「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」は大事。ここをきちんと押さえ、コミュニケーションを取りましょう。他人(特に女性)に親切にしても、勘違いされるような優しさは必要ないでしょう。親切と優しいは違うことを肝に銘じて。

4. 相手から注意されたことを改善する努力

 ……食べ方や服の放置、金銭感覚など

<解決策>
 いわゆる共同生活である「結婚」は、お互いが歩み寄り円満な関係を築いていくものですが、交際期間中よりも“だれる”“なれ合いになる”人が多いのです。相手がさりげなく言った言葉を聞き逃してはいけません。

「ねぇ、靴下ここに置かないでね」という妻の要望。きつい言い方をしていない……そこに甘んじる人は非常に多いのですが、基本的に人は他人に注意をしたくないものです。普通に言われているからと、右から左へ聞き流すと怒りが蓄積されますよ。言われたことは改善する努力をするのは必須ですね。

まとめ

仲良しの秘訣は「思いやりの心」(写真:iStock)
仲良しの秘訣は「思いやりの心」 (写真:iStock)

 結婚生活は共同生活です。気を遣わない相手だから結婚したと言う人もいますが、相手も心地よく過ごせるように気を遣ってくれているのです。

 筆者の考え方としては、いつ転勤でいなくなる上司よりも、身近な家族にこそ敬意と気遣いが必要だと思います。そして仲良しの秘訣は「思いやりの心」。ここツボですよ!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ