精神年齢が低い…! 幼稚な夫が夫婦喧嘩で繰り出す常套句3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-02 06:00
投稿日:2019-10-02 06:00
 幼稚な夫との夫婦喧嘩は、必要以上にストレスが溜まる妻も少なくありません。数多くの夫婦喧嘩相談を聞いてきた、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、精神年齢が低い夫ほど夫婦喧嘩で口にしがちな“問題解決にならない幼稚なフレーズ”をご紹介します。

1:「俺のまわりは、みんなやってる」

妻の指摘に耳を傾けようともしない(写真:iStock)
妻の指摘に耳を傾けようともしない (写真:iStock)

 妻に自分の何かを指摘されれば「面白くない」と感じるのも、男性心理。とは言え多くの男性は「妻の言うことにも一理あるな」「納得はできないけど、夫婦でやっていく以上は、妻の意見にも寄り添わないと」と、妻の指摘に耳を傾け、改善策や歩み寄りの案を出すのが一般的です。

 ところが幼稚な夫ほど、妻から指摘を受けた事実にムキになり、それがどんなに非常識な事柄だったとしても「いや。俺のまわりはみんなやってる」と、幼稚園児のような理屈で正当化する傾向が!

 子供の頃に口にした「みんな持ってる」「みんな買ってる」に近いものがあり、こんな男を夫にすれば、喧嘩のたびに「“みんな”って誰よ…...!?」とくだらない質問を、夫に浴びせるハメに陥ります。

2:「じゃあもう今度から、一切しないよ」

妻のダメ出しには雑な結論(写真:iStock)
妻のダメ出しには雑な結論 (写真:iStock)

 幼稚な夫は、まともな夫婦喧嘩ができないのも共通点。妻からのダメ出しがあった際には、建設的な話し合いをすることができずに、雑な結論を出そうとするのも傾向です。

 妻から何らかの話し合いを持ちかけられると「じゃあ、もう今度から二度としないからいいよ!」と、常にゼロサムの世界で生きる夫。夫婦問題も結婚生活も、そんな単純な話ではないのに、きちんと詳細を話し合うことなく、さっさと“白黒”つけたがる人が多いようです。

 さらには、ここで口にした「二度としない」が実行されればいいのですが、幼稚な夫の場合、うそぶくだけで有言実行とならず、しばらくすると再び、似たような問題が勃発するのが典型的です。

3:「俺が全部、悪いんでしょ」

まともな話し合いができない…(写真:iStock)
まともな話し合いができない… (写真:iStock)

 精神年齢が低い男は、どうやら夫婦間であっても、まともな話し合いができない場合も多いようです。夫婦で何らかの話し合いが必要なテーマについて、自分の考えを伝えたり意見を言ったりするのを面倒がり「はいはい! 俺が全部悪いんでしょ」と、思ってもないことを口にして、話し合いを避けたがります。

 夫婦喧嘩をしない夫婦なんていないうえに、夫婦間での価値観のすり合わせは重要なのに、幼稚な夫はこれを一方的に放棄。結果、妻は夫の考えていることが理解できず、ふたりの関係にすきま風が吹き始めるのです。

 ◇  ◇  ◇

 精神年齢が低い男を夫に選んでしまうと、夫婦喧嘩すらもまともにできないのが常。幼稚な男性との結婚の先には、こんな展開が待ち受けているリスクを心得ておくほうが無難かもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 11:03 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ