精神年齢が低い…! 幼稚な夫が夫婦喧嘩で繰り出す常套句3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-02 06:00
投稿日:2019-10-02 06:00
 幼稚な夫との夫婦喧嘩は、必要以上にストレスが溜まる妻も少なくありません。数多くの夫婦喧嘩相談を聞いてきた、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、精神年齢が低い夫ほど夫婦喧嘩で口にしがちな“問題解決にならない幼稚なフレーズ”をご紹介します。

1:「俺のまわりは、みんなやってる」

妻の指摘に耳を傾けようともしない(写真:iStock)
妻の指摘に耳を傾けようともしない (写真:iStock)

 妻に自分の何かを指摘されれば「面白くない」と感じるのも、男性心理。とは言え多くの男性は「妻の言うことにも一理あるな」「納得はできないけど、夫婦でやっていく以上は、妻の意見にも寄り添わないと」と、妻の指摘に耳を傾け、改善策や歩み寄りの案を出すのが一般的です。

 ところが幼稚な夫ほど、妻から指摘を受けた事実にムキになり、それがどんなに非常識な事柄だったとしても「いや。俺のまわりはみんなやってる」と、幼稚園児のような理屈で正当化する傾向が!

 子供の頃に口にした「みんな持ってる」「みんな買ってる」に近いものがあり、こんな男を夫にすれば、喧嘩のたびに「“みんな”って誰よ…...!?」とくだらない質問を、夫に浴びせるハメに陥ります。

2:「じゃあもう今度から、一切しないよ」

妻のダメ出しには雑な結論(写真:iStock)
妻のダメ出しには雑な結論 (写真:iStock)

 幼稚な夫は、まともな夫婦喧嘩ができないのも共通点。妻からのダメ出しがあった際には、建設的な話し合いをすることができずに、雑な結論を出そうとするのも傾向です。

 妻から何らかの話し合いを持ちかけられると「じゃあ、もう今度から二度としないからいいよ!」と、常にゼロサムの世界で生きる夫。夫婦問題も結婚生活も、そんな単純な話ではないのに、きちんと詳細を話し合うことなく、さっさと“白黒”つけたがる人が多いようです。

 さらには、ここで口にした「二度としない」が実行されればいいのですが、幼稚な夫の場合、うそぶくだけで有言実行とならず、しばらくすると再び、似たような問題が勃発するのが典型的です。

3:「俺が全部、悪いんでしょ」

まともな話し合いができない…(写真:iStock)
まともな話し合いができない… (写真:iStock)

 精神年齢が低い男は、どうやら夫婦間であっても、まともな話し合いができない場合も多いようです。夫婦で何らかの話し合いが必要なテーマについて、自分の考えを伝えたり意見を言ったりするのを面倒がり「はいはい! 俺が全部悪いんでしょ」と、思ってもないことを口にして、話し合いを避けたがります。

 夫婦喧嘩をしない夫婦なんていないうえに、夫婦間での価値観のすり合わせは重要なのに、幼稚な夫はこれを一方的に放棄。結果、妻は夫の考えていることが理解できず、ふたりの関係にすきま風が吹き始めるのです。

 ◇  ◇  ◇

 精神年齢が低い男を夫に選んでしまうと、夫婦喧嘩すらもまともにできないのが常。幼稚な男性との結婚の先には、こんな展開が待ち受けているリスクを心得ておくほうが無難かもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ