いつか息子の負担にならないように…私の居場所も大事にする

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-12-21 06:00
投稿日:2021-12-21 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化したこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

「我が子」って本当にかわいいですよね!

自分の居場所は自分で作る (イラスト:こばやしまー)
自分の居場所は自分で作る (イラスト:こばやしまー)

 突然ですが。「我が子」って本当にかわいいですよね!

「なぜにこんなにかわいいの?」と、毎日フレッシュに感動してしまう私。しょっちゅう、「ママが世界で一番好きなのはだーれだ?」「◯◯でしょ?」「あたりー!」なんて、息子とバカップルのような会話を繰り広げています。

 存在まるごと愛おしく、幼稚園へのお迎え時には「やっと会える!」とウキウキとしてしまいますし、しみじみと見つめては「ほんと生まれてきてくれてよかった……」なんてつぶやいてしまい、母にも「あなたって幸せね」と、呆れられる始末。

「息子が彼氏」と思うママが多いのも、わかる気がします。計算も利害関係もなく、ただただ「ママが好き」という気持ちを見せてくれて、こんなに無償の愛情を与えてくれる存在もないですから。

「子離れできないんじゃない?」と言われるものの…

感慨深い誕生日(写真:iStock)
感慨深い誕生日 (写真:iStock)

 そんな親バカな私の様子を見て、「子離れできないんじゃない?」と友達から苦笑混じりに言われることがあります。でも、それに対して「それが、できるのよ!」と、私は断言できます。

 出産した直後のこと。産まれたてのしわくちゃの息子を見て、嬉しさと安堵感だけではなく、「この子は18歳には親離れをして、家を出て行くんだなぁ」と、なぜか強く寂しさを感じたのです。

 当時、元夫は「まだまだ先の話すぎる」と言っていましたが、私はそれが「あっという間」だということもわかっていました。「時」って、きっとそういうものですよね。

 だから、息子が3歳の誕生日には「あぁ、一緒にいられる6分の1の期間が過ぎてしまった」と思いましたし、今年の6歳にも「3分の1が……」と、しゅんとした気持ちになったのでした。

 もちろん、そうならないかもしれません。でも、私の父、元夫をはじめ、周りの男友達たちの中には大学入学と同時に一人暮らしをはじめ、その後は1年に1回ほどしか母親と会っていないという人がざらにいます。

 突然そんなことになったらとてもやっていけそうにないので、その“いつか”のために心の準備をしながら、後悔しないように思い切り子育てをしようと誓って過ごしてきました。

いつか息子の負担にならないためにも居場所を大切にしている

自分の居場所を大切に(写真:iStock)
自分の居場所を大切に (写真:iStock)

 妊娠をした時に思い描いていた未来は、息子が18歳になって独り立ちをする時に「あー! やっとパパと夫婦水入らずでラブラブに過ごせるわ!」なんて言って送り出す、“お茶目なママ”である私の姿。

「そりゃよかったよ! 邪魔者は消えるとしますかね!」なんて皮肉を言って、後ろを振り向くことなく大きな第一歩を踏み出す息子……そんな光景。

 だけど、シングルマザーとして生きる道を選んだ私。再婚する気もないし、自分の老後の貯金はまだまだです。気づけば息子を心配させる要素ばっかりで、想像した未来とはほど遠い現実になってしまいました。

 だからこそ私は、いつか息子の負担にならないために、友達との交友関係はもちろん、仕事、音楽、趣味、すべてにおいて、自分の居場所を大切にすることにしています。

 そうしておけば、いつか来る旅立ちの日にも思い切って送り出せることでしょう。依存したり、すがることなく、成長した息子の自立心や冒険心を萎えさせることもないはずです。

息子との時間を割いてでも自分の好きなことに没頭してきた

いろんなフィールドに居場所を(写真:iStock)
いろんなフィールドに居場所を (写真:iStock)

 以前、コクハクで「ママは産後7年を育児に捧げるべき?仕事や夢との向き合い方」という記事を書いたことがあります。

 シングルマザーに限ったことではありませんが、ママになると育児、家事、仕事に追われて、自分のことはどうしても後回しになりがちです。もちろん、子育てがひと段落ついてからでも、チャレンジや自分の世界を広げることはできます。ただ、やっぱり“若さ”は戻ってきません。

 私は離婚前から、時に息子との時間を割いてでも、音楽や仕事など、自分の“好きなこと”に没頭してきました。来年、いよいよ“産後7年”を迎えますが「動き続けてきてよかった!」と、心から思っています。

 そして、離婚をした今、あらためて思うのは、子供が巣立ったあとの人生を真剣に考えておくことも、シングルマザーにとっては重要なポイントかな、と。私のように再婚願望のない人の場合は、特にそうでしょう。

 晩年は孤独死まっしぐら……ではなく、いろんなフィールドで居場所を持っていれば、はつらつと生きていけそうな気がするのです。

「仕事と◯◯、どっちが大事?」

泣かれたこともあったけど…(写真:iStock)
泣かれたこともあったけど… (写真:iStock)

 とはいえ、小さな息子にとってはそんなことはどうでも良い話。私が仕事や音楽、交友関係に勤しむことは、きっとただの「ママのわがまま」でしかありません。

 小さな頃は「ママ、今日出かけないでよ」と、泣かれたことも多々ありました。「仕事と私、どっちが大事?」という常套句のように、「仕事と◯◯、どっちが大事?」と聞かれたことも。

 そんな時には「絶対に◯◯が大事! でも、お仕事も音楽もママが大好きなことだから、比べられるものではないの」と、まるで大人の男性に話すように伝えてきました。

 ただ、その後は「埋め合わせ」を必ずすること、心ゆくまでベタベタと一緒にいる日を作ることも大切にしています。これは、息子のためでもありますし、私のためでもあります。単純に一緒にいたいですし、そして、自分のことを優先したという「罪悪感」は、育児中のママに必要な「愛情」と「根気」を強くしてくれるものだと思います。

 6歳になった今、息子は「がんばってきてね!」「稼いできてね!」なんて、一丁前なことを言うようになりました。お互いにたくましくなったものです。

「生きたいように生きる姿」を息子に見せたい

いつかこの手を放す日が来る(写真:iStock)
いつかこの手を放す日が来る (写真:iStock)

 専業主婦だった私の母のように、年がら年中、子供とべったりできるママと比べたら、私は我が子にぜんぜん寄り添えていないかもしれません。

 でも、私はわがままに「生きたいように生きる姿」を、息子に見せたいと思います。そうしたらきっと、息子がいつか私の元を離れる時、「うちのママは大丈夫だろう!」「ママも自由な人だしな」と、絶対的な安心感を持って踏み出してくれると思うのです。

 ……と、将来のことばかり話してきましたが、つい思いを馳せてしまいますね。

 考えすぎと言われるかもしれませんが、そのくらいの心づもりでいないと、やっぱりやっていけそうにないのです。かけがえのない、かわいいかわいい息子ですから。と、大げさでしょうかね(笑)!

(文;孔井嘉乃/作詞作曲家 イラスト:こばやしまー/漫画家)

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


2月26日~3月3日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
連れて帰りたい! 人懐っこすぎる“たまたま”の激レアショット
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
茜色に心和むひと時、だからこの時間が好きなんだ
 忙しない街にも訪れる特別な時間。  足早に歩く人々は顔を上げ、しばし空を仰ぎ見てから、また現実へと戻っていく。 ...
女+家=嫁…「嫁ぐ」と「結婚」の違いはある?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
ほっこり癒し漫画/第68回「コウメばあちゃんはどこ?」
【連載第68回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、突然「コクハク」に登場! 「しっぽ...
貸したお金を催促するのにこんな手が…! モヤモヤを解消するLINE3選
 人にお金を貸した後、なかなか返してくれなかったら、とても嫌な気持ちになりますよね。  とはいえ、お金の話は、言い...
電マの営業からラブホの清掃員へ…羞恥心とも戦うストリッパーが思うこと
『電マの営業・新井です!』(略して「電マの新井」)という新作が大変好評だ。  書店員にとっての新作といえば「新しく...
口喧嘩で負けたくない! 勝ちたい時に使えるマル秘戦術3選
 みなさんは誰かと口論になった時、どんな戦法で勝ちにいきますか?  方法は十人十色ですが、今回は代表的な勝ちパターン...
凍り付いた湖の夜が更けて
 もしも突然、この瞬間に、氷が解けたらどうなるんだろう。  そう思いながら、凍て付いた湖の上に立つ自分が結構好き。...
「レンジでゆたぽん」人気じわり..足を温めると眠りやすい!
「レンジでゆたぽん」を知ったのは、年末年始に長野県の義実家に行った時。寒がりな私を気遣って、義母が用意してくれたのです。...
青空にオレンジボディが映え“たまたま”の見返りメンチにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私って性格悪い? 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間
 誰の心にだって、優しい部分と優しくない部分が存在するもの。そうわかっていても、自分の心のダークサイドを自覚すると「もし...
卒入学、彼岸、送別会【花屋が教える】予算内で理想の花束を贈る7カ条
「斑目さん、今年こそは頑張って期限内にお願いしますよ!」  お正月がなんとなく終わったばかり、なんて思っていたら、我が...
「とにかく盛り上がるやつ頼むよ」ってさぁ 先輩の無茶ぶりLINEがすぎる
 お笑い芸人の松本人志とその後輩芸人たちによるアテンド飲み会が話題になっていますね。  ニュースの真偽はともかく、...
2024-02-21 06:00 ライフスタイル
仕事のサボりがバレた瞬間4選 リモートワークは意外と見られている!
 近年では、リモートワークやフレックスタイムなどの制度が導入されて、数年前よりも働きやすくなりました。  一方で、自由...
真似から始まったファッションも、いつか体に馴染むもの
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...