シンママになって“甘え”を覚えた私…認めてもらえる幸せ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-12-07 06:00
投稿日:2021-12-07 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化したこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

離婚の際に市役所の職員さんに聞かれた時のこと

「大丈夫です!」となぜ強がってしまうのか…イラスト:こばやしまー
「大丈夫です!」となぜ強がってしまうのか… イラスト:こばやしまー

 離婚前後に何度も通ったのが市役所です。離婚届を取りに行くところからはじまり、息子の入籍届や児童手当などの手続きまで、なにかとお世話になった場所。

 その際、親身になってくれたのが職員さんたちでした。私がシングルマザーになるとわかると相談室のようなところに案内され、「助けてくれる人はいますか?」「養育費はもらえますか?」「お仕事はしていますか?」と、たくさんのことを聞いてもらえました。

 シングルマザーになりたての私。少なからず不安はあったものの、変な見栄っ張りが発動してしまって「ぜんぜん大丈夫です! どうにかなります!」と、元気に答えてしまった次第。

 これって、母子手帳の「保護者の記録」の中にある「子育てに関して、不安や困難を感じることはありますか?」という問いに少し似ています。「はい」と思っていたとして、素直にそう答えられるママって、そういないんじゃないかな、と。だって「いいえ」と書くことがベターなのはわかっているんですから。どうでしょうか。

そもそも「甘え下手」の私

甘えるって難しい…(写真:iStock)
甘えるって難しい… (写真:iStock)

 そもそも、「甘え上手」か「甘え下手」かと聞かれたら、私は間違いなく「甘え下手」です。長女だからなのか、甘え下手の母を見てきたからなのか、どうしてこんなふうに育ってきたのかはわかりません。

 小さなころに喧嘩をした際、泣いて周囲を味方をつけ、その場をおさめた女友達に対して「泣くなんてずるい!」と言い放ったことがありますが、基本的にはずっとそんなふうに思って生きてきた気がします。

「できない」「お願い」と言える相手がいなかったわけではありません。でも「言ったところで、どうなるの?」と、どうしても思ってしまうのです。「頼ったらカッコ悪い」のような、そんな気持ちもありました。

 SOSを伝えられない人は多いと聞きますが、その気持ちは少しわかります。実の親や将来を誓った元夫、20年来の親友にも素直に甘えられずにきた自分の概念、価値観を変えるのは、なかなか難しいことです。

誰かに甘えないとやっていけない現実

助かってるのは事実なんだけど…(写真:iStock)
助かってるのは事実なんだけど… (写真:iStock)

 そんな、甘え下手代表(!?)の私ですが、シングルマザーになってからは、どうしたって誰かに甘えないとやっていけない部分が出てきてしまいました。

 たとえば「家事」。実家住まいの今、仕事が立て込んでいる時などには洗濯や掃除を母がこなしてくれることが多く、「甘えすぎている!」と思うこともたくさん。できる限りかかわるようにしているものの、ワンオペだったころと比べたら、その労力は天と地の差。

「あとでやろうと思っていたのに」「放っておいてくれたらよかったのに」なんて言葉がつい出てしまうことも。助かっているのは事実なのに。

 ほかにも、音楽活動をするうえで友人に迷惑をかけたり、仕事先では母子家庭を考慮した労働時間を与えてもらったり。さらには、小さな息子にすら甘えているという……。

 それまで「甘えない」と堪えて、年のぶんだけがんばって培ってきたはずのポリシーや価値観は、ガラガラと崩壊しました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


エンディングノートを書くことを決めた!息子に残したい思い
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
1月17日~1月23日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
喧嘩じゃないよ!“にゃんたま”の闘いごっこにハラハラドキドキ
 きょうは、猫プロレス「闘いごっこ」で華麗な技を披露してくれたにゃんたま君。  これは喧嘩ではなく、鍛えた肉体と習...
フレネミー女子5つの特徴&狙われた時の上手な対処方法
 友達だと思わせておいて、実は裏であなたの悪口を言ったり、陥れようとする「フレネミー女子」。あなたの周りに、そんな人はい...
仕事中にやっちゃった誤字LINE! 今すぐ忘れたい内容5選
 プライベートだけでなく、仕事でもLINEを使っている人は多いですよね。でも、気軽に送り慣れているLINEだからこそ、チ...
疲れてない? SNS断ちをするメリット&やめる6ステップ
 今では、一人一台スマホを持つ時代。スマホは、情報収集を簡単に行うことができる便利なツールです。しかし、周りについていこ...
本当は内緒にしたい!「formie(フォーミー)」スマホだけで資格取得できるサブスク体験記
 テレワークの普及などで、これまでよりも“自分磨き”の時間を取りやすくなった昨今。仕事に直結するスキルアップや「いつかは...
褒め言葉じゃない?「才能あるね」で人を傷つけてしまった話
「すごいね、才能があるんだね」。誰かにこんな言葉をかけられた経験はあるでしょうか。気軽に言ってしまうこのセリフですが、実...
専属モデルになって! レア柄“にゃんたま”の魅力にメロメロ
 きょうは前回に引き続き、左右半分に綺麗に色が分かれている、レアデザインのにゃんたま君です。  おやつのプレゼント...
インテリア度高し! オシャレ上級者注目の「コウモリラン」
 コウモリランという植物をご存知ですか?  本当の名前はビカクシダという名前ですが、最近……といってもここ数年です...
「ママよりパパがいい!」我が子の言葉にいちいち傷つかない
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
1月10日~1月16日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
肉球が濡れちゃった…雨宿り“にゃんたま”のサービスショット
 きょうは、肉球濡れちゃった!  にわか雨に遭って、雨宿りのにゃんたまω君です。  外猫なのに、柔らかそうな...
嫁姑の復讐LINE5選! 嫌がらせの痛快「倍返しエピソード」
 嫁姑でお互いの関係に悩み、「いつか復讐してやりたい……!」と決意している女性は多いでしょう。今回は、そんなバチバチの敵...
マウント女を完全撃退! スカッと返り討ちにしたLINE5選
 女性の中には、とにかくマウントを取らないと気が済まない人っていますよね。会った時の会話だけならまだしも、ひどい時にはL...
びっくりするほど愛されて幸せになる…簡単な引き寄せの法則
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。新しい年が始まると、今年の抱負としてさまざまな目標を掲げる人も多いのではない...