ママは産後7年を育児に捧げるべき?仕事や夢との向き合い方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-30 06:01
投稿日:2019-05-30 06:01
 妊娠・出産を終えてほっとしたのも束の間、そこから始まる育児期間。ママは「我が子のためなら自分は二の次」になってしまいがち。でも、あなたが今、ママになったことで何かを諦めようとしているなら、少し考えてみてください。

7年間を育児に捧げる?女性のターニングポイント

産後7年間を育児に捧げるかどうか(写真:iStock)
産後7年間を育児に捧げるかどうか (写真:iStock)

 出産後、女性の生活はがらりと変わります。夢を追いかけていた方も、仕事が大好きな方も、好き勝手に生きてきた方も、子ども中心の生活を余儀なくされます。

 だって、子どもは1人では生きてはいけませんから。もちろん、それも分かっていて産んだのですから、誰のせいにもできません。

 とはいえ、仕事や夢など、やりたいことへの欲求は日々膨らんでは押しつぶされるばかり。このままで良いのかな?と悩んでいる方もたくさんいるのではないでしょうか。

 私もそんな悩みを持っていました。先輩ママに「小学生になったら落ち着くよ!」と言われましたが、「7年経ったら、私は◯歳!?」と、愕然としました。「7年間は短い?長い?いや、長いだろう!」と。

 そう、育児が一旦落ち着くまでの産後7年間を育児に捧げるかどうか、これがママとして、女性としてのターニングポイントだと思うのです。

仕方がなくても想いは消してはいけない

ワンオペ育児がやむを得なくても(写真:iStock)
ワンオペ育児がやむを得なくても (写真:iStock)

 もちろん、ご家庭の事情によっては、パパの帰りが遅くてワンオペ育児がやむを得ない、仕事をしたくても戻れない、逆に、やりたいことはあっても働かないと生きていけない、実家が遠くて頼れないなど、仕方がない場合もあると思います。

 でも、心に灯った「これをしたい」という火は、絶対に消すべきではありません。諦めたらいつの日か「あの時、ああしてれば」と後悔するからです。そうして将来、口には出さずとも「子どもを持たなければできたかな?」なんて、産んだ自分や子どものせいにもしかねません。それは悲しい。

若さは確実になくなる

いつか子どもは手を離れる(写真:iStock)
いつか子どもは手を離れる (写真:iStock)

 いつか子どもは勝手に手を離れます。子育て終了!と感じてからやりたい仕事や夢にチャレンジするのもありですが、確実になくなるもの、それが「今の若さ」です。

 記憶力、行動力、要領、そして見た目に至るまで、加齢の波は確実に押し寄せてきます。

「それでも大丈夫!いつになっても私はできる!」と思えるなら、あなたの本当にやりたいことは「今、子どもといること」なのかもしれません。それはそれで、とても素晴らしいこと。

「やりたいこと」への活力は育児にも反映される

やりたいことへの活力は育児にも反映される(写真:iStock)
やりたいことへの活力は育児にも反映される (写真:iStock)

 妊娠を機に仕事をやめたママ友が、「仕事がしたいけど、子どもを預けることを反対されている。自分勝手かな?」と、悩んでいました。こんな風に、やりたいこと=自分のワガママだと感じてしまうこともありますね。

 でも、1つだけ言えるのは、やりたいことへの活力は育児にも反映されるということ。

 もっと遊んであげられたらと思う罪悪感や、単純に子どもと過ごしたいと思う気持ちは、子どもにとっても嬉しい触れ合い時間に変わります。量より質とは言いませんが、ママの無限の愛情と限られた時間は一律なのですから。そして、環境作りを手伝ってくれる家族にも、素直に感謝できますよね。

子どもはママの味方!精一杯応えよう

子どもはいつでもママの味方(写真:iStock)
子どもはいつでもママの味方 (写真:iStock)

 育児をしながら仕事や夢に向かうって、本当に大変です。でも、なりふり構わず向かう情熱があるのなら、きっと二足でも三足でもわらじを履きつつ叶えられるはずです。日々悩むくらいなら、一刻も早く環境を整えましょう。

 子どもは健気でまっすぐで強く、いつだってママの味方です。そして、全てを見ています。仕事や目指すものに突き進み、その想いに精一杯応えましょう。

 この記事が、一歩を踏み出すきっかけになれば嬉しいです。

ライフスタイル 新着一覧


町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
猫がとろける季節になりました 2021.7.19(月)
 7月も半ばを過ぎ、暑い日も増えてきました。気温の上昇とともに、だらしなくなっていく我が家の猫たちをご紹介します。
幸せホルモン放出!猫と一緒にいるだけで多幸感に包まれる♡
 樹木希林さんの遺作映画「日日是好日」の原作者として知られる森下典子さんのエッセイに「猫といっしょにいるだけで」という作...
思わず吹き出しちゃう♡ センスに溢れるLINE返信5選
 文章でやりとりするLINEは、声も聞こえず、表情も見えないけれど、相手の性格が出るもの。特に、頭の回転が早い人は、「お...
何も続かない…熱しやすく冷めやすい女性の特徴6つ&対処法
「恋愛が長く続かない……」「これ!という趣味が見つからない」と感じている女性には、熱しやすく冷めやすい性格の人が多いです...
お母さんが帰ってくる!早く甘えたくて駆け寄る“にゃんたま”
 夕刻の船着き場で出会ったにゃんたま君。  汽笛が聞こえ、もうすぐみんなの大好きなお母さんが帰ってくる!  ...
“なんじゃこりゃ?”なお花が大人気!「エキナセア」の魅力
「やっぱりキテルわ~! すぐに仕入れて!」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋。生け花の取り合わせ担当の通称「みっちゃ...
鎌倉のCafé&Meal MUJIでちょっと優雅にお仕事 2021.7.14(水)
 先日、鎌倉での取材の後、偶然こんな看板を見つけました。  え? こんな所にワークスペース? しかも無印良品? ...
リモートワークの悩みを解消!6つのアイデアで効率アップ♪
 コロナ禍で仕事がリモートワークになり、出勤する手間が省けて嬉しいと思う人は多いよう。でも、その反面、「集中できない」「...
7月12日~7月18日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...