ママは産後7年を育児に捧げるべき?仕事や夢との向き合い方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-12-06 17:13
投稿日:2019-05-30 06:01
 妊娠・出産を終えてほっとしたのも束の間、そこから始まる育児期間。ママは「我が子のためなら自分は二の次」になってしまいがち。でも、あなたが今、ママになったことで何かを諦めようとしているなら、少し考えてみてください。

7年間を育児に捧げる?女性のターニングポイント

産後7年間を育児に捧げるかどうか(写真:iStock)
産後7年間を育児に捧げるかどうか (写真:iStock)

 出産後、女性の生活はがらりと変わります。夢を追いかけていた方も、仕事が大好きな方も、好き勝手に生きてきた方も、子ども中心の生活を余儀なくされます。

 だって、子どもは1人では生きてはいけませんから。もちろん、それも分かっていて産んだのですから、誰のせいにもできません。

 とはいえ、仕事や夢など、やりたいことへの欲求は日々膨らんでは押しつぶされるばかり。このままで良いのかな?と悩んでいる方もたくさんいるのではないでしょうか。

 私もそんな悩みを持っていました。先輩ママに「小学生になったら落ち着くよ!」と言われましたが、「7年経ったら、私は◯歳!?」と、愕然としました。「7年間は短い?長い? いや、長いだろう!」と。

 そう、育児が一旦落ち着くまでの産後7年間を育児に捧げるかどうか、これがママとして、女性としてのターニングポイントだと思うのです。

仕方がなくても思いは消してはいけない

ワンオペ育児がやむを得なくても(写真:iStock)
ワンオペ育児がやむを得なくても (写真:iStock)

 もちろん、ご家庭の事情によっては、パパの帰りが遅くてワンオペ育児がやむを得ない、仕事をしたくても戻れない、逆に、やりたいことはあっても働かないと生きていけない、実家が遠くて頼れないなど、仕方がない場合もあると思います。

 でも、心に灯った「これをしたい」という火は、絶対に消すべきではありません。諦めたらいつの日か「あの時、ああしてれば」と後悔するからです。そうして将来、口には出さずとも「子どもを持たなければできたかな?」なんて、産んだ自分や子どものせいにもしかねません。それは悲しいです。

若さは確実になくなる

いつか子どもは手を離れる(写真:iStock)
いつか子どもは手を離れる (写真:iStock)

 いつか子どもは勝手に手を離れます。子育て終了!と感じてからやりたい仕事や夢にチャレンジするのもありですが、確実になくなるもの、それが「今の若さ」です。

 記憶力、行動力、要領、そして見た目に至るまで、加齢の波は確実に押し寄せてきます。

「それでも大丈夫!いつになっても私はできる!」と思えるなら、あなたの本当にやりたいことは「今、子どもといること」なのかもしれません。それはそれで、とても素晴らしいことです。

「やりたいこと」への活力は育児にも反映される

やりたいことへの活力は育児にも反映される(写真:iStock)
やりたいことへの活力は育児にも反映される (写真:iStock)

 妊娠を機に仕事をやめたママ友が、「仕事がしたいけど、子どもを預けることを反対されている。自分勝手かな?」と、悩んでいました。こんな風に、「やりたいこと=自分のワガママ」だと感じてしまうこともありますね。

 でも、1つだけ言えるのは、やりたいことへの活力は育児にも反映されるということ。

 もっと遊んであげられたらと思う罪悪感や、単純に子どもと過ごしたいと思う気持ちは、子どもにとっても嬉しい触れ合い時間に変わります。量より質とは言いませんが、ママの無限の愛情と限られた時間は一律なのですから。そして、環境作りを手伝ってくれる家族にも、素直に感謝できますよね。

子どもはママの味方!精一杯応えよう

子どもはいつでもママの味方(写真:iStock)
子どもはいつでもママの味方 (写真:iStock)

 育児をしながら仕事や夢に向かうって、本当に大変です。でも、なりふり構わず向かう情熱があるのなら、きっと二足でも三足でもわらじを履きつつ叶えられるはずです。日々悩むくらいなら、一刻も早く環境を整えましょう。

 子どもは健気でまっすぐで強く、いつだってママの味方です。そして、全てを見ています。仕事や目指すものに突き進み、その思いに精一杯応えましょう。

 この記事が、一歩を踏み出すきっかけになれば嬉しいです。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


夫の胸ポケからキャバ名刺→子の刻に家出!?いいから落ち着けが止まらない
 LINEの文面だけでも、意外と「焦ってる」「取り乱してる」と分かるものですよね。今回は、そんな慌ただしいLINEを3つ...
すげえ!BoA完コピおじいに喝采。スナック常連の濃ゆいエピソード3選
 みなさんの職場には癒しキャラはいますか? スナックで働いているといろんな人を見るのですが、癒しキャラもとっても多いんで...
好きを仕事にしても「しんどい」よ。憧れだけではない現実との向き合い方
 キャリアについてよく聞くフレーズが「好きを仕事に」。確かに、好きなことでお金を稼げたら一挙両得! 幸せな毎日が送れそう...
「マタニティハイ」要注意! おブスな振る舞いが誰かを傷つける可能性も
「妊娠して幸せの絶頂です!」と感じている女性必見! 今回は、マタニティハイでやりがちなNG言動を4つ紹介します。  妊...
クネクネの正体はおとうさん!“たまたま”が真実を知った瞬間
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
【花屋実践】春から秋まで眼福♡ずぼら激推し良コスパの姫リョウブって?
 今年も自らの無計画さを後悔する季節がやってきました。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋の店横にある屋外LAB(「植物...
「ぼっち・ざ・ろっく!」のぼっちちゃんも仰天!承認欲求モンスター図鑑
 承認欲求は、人間であれば持っている自然な欲求。誰だって「自分の話を聞いて欲しい」「自分を認めて欲しい」と感じることがあ...
気まずい既読スルー後は演技力が命!《文章未完+矢印》で打ち途中を装う
 友達や知り合いからLINEが届いても、LINEの内容や忙しさによってはつい返信を後回しにしてしまいがち。そのまま忘れて...
6月病とは? 実は5月よりもタチ悪い説が…早め対策がマスト
「GWが明けてからも5月病にならず元気だったのに、6月になってからなんだかやる気が出ない…」「6月に入ってから、体も心も...
2024-05-21 06:00 ライフスタイル
【調香師監修】頭のにおいは“武器”!愛され頭皮になるヘアケア&香り術
 男性から女性への愛情行為のひとつに「頭皮のにおいを嗅ぐ」しぐさがあります。カレが貴女の頭のにおいを嗅いできたら、それは...
まさに鈴カステラ! 爪とぎ中に立派な“たまたま”がポロリ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
白州の春
 早朝のピリッとした空気の中で満開の桜を観た。  背後の甲斐駒ヶ岳はいつもより多く雪をかぶる白州の春。  そ...
「秋波を送る」は、もはや美人だけの特権ではない。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
令和なのに「婦人会=奴隷」な件! 田舎あるあるに見る窮屈な人間関係
 田舎は人と人の繋がりが濃く、助け合ったり情報を共有し合ったりできるメリットがあります。しかし、その濃さや交友関係の狭さ...
【銀座】カラオケ館が仕掛ける“ノマド喫茶”誕生!無料豚汁の具がデカい
 人気のスタバやドトールはいつも満席でカフェ難民になることもしばしばな銀座・有楽町エリア。そんな都内喫茶激戦区で、カラオ...
【独自】すいかばか'24~究極のレシピを求めて#1 「寿風土ファーム」代表・小林栄一さんのある決意
 4月の始め、白州は少し遅めの春。冬を越した畑は、春の七草ホトケノザで一面紫の絨毯のようだった。  久しぶりに会っ...