ママは産後7年を育児に捧げるべき?仕事や夢との向き合い方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-30 06:01
投稿日:2019-05-30 06:01
 妊娠・出産を終えてほっとしたのも束の間、そこから始まる育児期間。ママは「我が子のためなら自分は二の次」になってしまいがち。でも、あなたが今、ママになったことで何かを諦めようとしているなら、少し考えてみてください。

7年間を育児に捧げる?女性のターニングポイント

産後7年間を育児に捧げるかどうか(写真:iStock)
産後7年間を育児に捧げるかどうか (写真:iStock)

 出産後、女性の生活はがらりと変わります。夢を追いかけていた方も、仕事が大好きな方も、好き勝手に生きてきた方も、子ども中心の生活を余儀なくされます。

 だって、子どもは1人では生きてはいけませんから。もちろん、それも分かっていて産んだのですから、誰のせいにもできません。

 とはいえ、仕事や夢など、やりたいことへの欲求は日々膨らんでは押しつぶされるばかり。このままで良いのかな?と悩んでいる方もたくさんいるのではないでしょうか。

 私もそんな悩みを持っていました。先輩ママに「小学生になったら落ち着くよ!」と言われましたが、「7年経ったら、私は◯歳!?」と、愕然としました。「7年間は短い?長い?いや、長いだろう!」と。

 そう、育児が一旦落ち着くまでの産後7年間を育児に捧げるかどうか、これがママとして、女性としてのターニングポイントだと思うのです。

仕方がなくても想いは消してはいけない

ワンオペ育児がやむを得なくても(写真:iStock)
ワンオペ育児がやむを得なくても (写真:iStock)

 もちろん、ご家庭の事情によっては、パパの帰りが遅くてワンオペ育児がやむを得ない、仕事をしたくても戻れない、逆に、やりたいことはあっても働かないと生きていけない、実家が遠くて頼れないなど、仕方がない場合もあると思います。

 でも、心に灯った「これをしたい」という火は、絶対に消すべきではありません。諦めたらいつの日か「あの時、ああしてれば」と後悔するからです。そうして将来、口には出さずとも「子どもを持たなければできたかな?」なんて、産んだ自分や子どものせいにもしかねません。それは悲しい。

若さは確実になくなる

いつか子どもは手を離れる(写真:iStock)
いつか子どもは手を離れる (写真:iStock)

 いつか子どもは勝手に手を離れます。子育て終了!と感じてからやりたい仕事や夢にチャレンジするのもありですが、確実になくなるもの、それが「今の若さ」です。

 記憶力、行動力、要領、そして見た目に至るまで、加齢の波は確実に押し寄せてきます。

「それでも大丈夫!いつになっても私はできる!」と思えるなら、あなたの本当にやりたいことは「今、子どもといること」なのかもしれません。それはそれで、とても素晴らしいこと。

「やりたいこと」への活力は育児にも反映される

やりたいことへの活力は育児にも反映される(写真:iStock)
やりたいことへの活力は育児にも反映される (写真:iStock)

 妊娠を機に仕事をやめたママ友が、「仕事がしたいけど、子どもを預けることを反対されている。自分勝手かな?」と、悩んでいました。こんな風に、やりたいこと=自分のワガママだと感じてしまうこともありますね。

 でも、1つだけ言えるのは、やりたいことへの活力は育児にも反映されるということ。

 もっと遊んであげられたらと思う罪悪感や、単純に子どもと過ごしたいと思う気持ちは、子どもにとっても嬉しい触れ合い時間に変わります。量より質とは言いませんが、ママの無限の愛情と限られた時間は一律なのですから。そして、環境作りを手伝ってくれる家族にも、素直に感謝できますよね。

子どもはママの味方!精一杯応えよう

子どもはいつでもママの味方(写真:iStock)
子どもはいつでもママの味方 (写真:iStock)

 育児をしながら仕事や夢に向かうって、本当に大変です。でも、なりふり構わず向かう情熱があるのなら、きっと二足でも三足でもわらじを履きつつ叶えられるはずです。日々悩むくらいなら、一刻も早く環境を整えましょう。

 子どもは健気でまっすぐで強く、いつだってママの味方です。そして、全てを見ています。仕事や目指すものに突き進み、その想いに精一杯応えましょう。

 この記事が、一歩を踏み出すきっかけになれば嬉しいです。

ライフスタイル 新着一覧


せめて俺が手向けたい…あるホームレスに捧げる友情の花束
 “花屋”とは、誠に興味深いお商売でございます。 「花」という不思議な生き物に「人間」というこれまた複雑な生き物が...
毎月の美容代を節約! 特別価格でキレイになれるサービス3選
 女性であれば誰しも、「できることなら、もっと綺麗になりたい!」「年齢に負けず、いい状態をキープしたい」と思っているので...
超レアな「ポケふた」を“捕獲”してみた! 2021.4.20(火)
 マンホールの蓋が好きです。よく見るととても凝った作りになっているんですよね。マンホールの蓋のデザインはおよそ1万200...
4月19日~4月25日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
既婚vs独身問題に終止符を!境遇の違う友人と付き合うには?
 既婚女性vs独身女性。子ありvs子なし……アラサー以降の女性の定番とも言える、境遇や立場の違いによる断絶。さまざまなマ...
大好きなおんにゃの子の匂い? クンクンする“にゃんたま”君
 一斉に花が咲き始めて、にゃんたまωも大きく膨らむ春が来た!  きょうは、やわらかな陽射し、パトロール中のにゃんた...
保護猫2匹、真夏の夜の“クローゼット閉じ込め”事件に遭う
 この4月にわが家の猫たちは2歳のお誕生日を迎えました。無事に大きくなって本当によかったです。子猫時代に一度会いに来て以...
誕生日にお母さんから届いた…ほっこり笑える不思議LINE5選
 世の中のお母さんたちって、面白くて不思議な楽しい言動で、私たちをほっこりさせてくれますよね。今回は、そんな愛すべきお母...
無言の時間が怖い…複数人との会話でも気疲れしないコツ
 仕事の飲み会など複数の人と会話していると、気まずい無言の時間が訪れることってありますよね? そんな時、どうにか場を盛り...
ウシ柄ブームの最前線!地味色でも存在感抜群の“にゃんたま”
 今年は丑年。この春のファッショントレンドといえば……ウシ柄!  きょうは、そんなウシ柄ブームの最前線をゆくにゃん...
“リア充”にあなたもなれる! 真似したい5つの特徴&目指し方
 プライベートでも仕事でも充実している人を見ると、「いつも楽しそうで羨ましい」と思う人が多いでしょう。しかし、そんな“リ...
悲しみを忘れて…高貴な佇まいの「ミヤコワスレ」は心を癒す
 女性らしいことに憧れていた、若かりし頃のワタクシ。仕事に忙殺された日々の現実逃避に、ご縁があってある有名な茶人のお稽古...
香りのナイトルーティンはいかが?快適な睡眠に導く3アイテム
 デスクワークやSNSによる脳の疲れや興奮を、香りによってリフレッシュ&リラックス! 自分を癒してあげましょう♪ 香りの...
4月12日~4月18日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
出会いと別れの季節…去りゆく“にゃんたま”に一抹の寂しさ
 春は出会いと別れの季節。縁とは不思議なもの、いままで多くのにゃんたま君たちとの出会いと別れがありました。  きょ...
トホホ、猫って夜行性なんですね…子猫運動会実況中継!
「下痢パネル」の結果は動物病院から電話で伺いました。「猫コロナウイルス陽性です」と、先生がめちゃくちゃ深刻そうにお話する...