ママは産後7年を育児に捧げるべき?仕事や夢との向き合い方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-30 06:01
投稿日:2019-05-30 06:01
 妊娠・出産を終えてほっとしたのも束の間、そこから始まる育児期間。ママは「我が子のためなら自分は二の次」になってしまいがち。でも、あなたが今、ママになったことで何かを諦めようとしているなら、少し考えてみてください。

7年間を育児に捧げる?女性のターニングポイント

産後7年間を育児に捧げるかどうか(写真:iStock)
産後7年間を育児に捧げるかどうか (写真:iStock)

 出産後、女性の生活はがらりと変わります。夢を追いかけていた方も、仕事が大好きな方も、好き勝手に生きてきた方も、子ども中心の生活を余儀なくされます。

 だって、子どもは1人では生きてはいけませんから。もちろん、それも分かっていて産んだのですから、誰のせいにもできません。

 とはいえ、仕事や夢など、やりたいことへの欲求は日々膨らんでは押しつぶされるばかり。このままで良いのかな?と悩んでいる方もたくさんいるのではないでしょうか。

 私もそんな悩みを持っていました。先輩ママに「小学生になったら落ち着くよ!」と言われましたが、「7年経ったら、私は◯歳!?」と、愕然としました。「7年間は短い?長い?いや、長いだろう!」と。

 そう、育児が一旦落ち着くまでの産後7年間を育児に捧げるかどうか、これがママとして、女性としてのターニングポイントだと思うのです。

仕方がなくても想いは消してはいけない

ワンオペ育児がやむを得なくても(写真:iStock)
ワンオペ育児がやむを得なくても (写真:iStock)

 もちろん、ご家庭の事情によっては、パパの帰りが遅くてワンオペ育児がやむを得ない、仕事をしたくても戻れない、逆に、やりたいことはあっても働かないと生きていけない、実家が遠くて頼れないなど、仕方がない場合もあると思います。

 でも、心に灯った「これをしたい」という火は、絶対に消すべきではありません。諦めたらいつの日か「あの時、ああしてれば」と後悔するからです。そうして将来、口には出さずとも「子どもを持たなければできたかな?」なんて、産んだ自分や子どものせいにもしかねません。それは悲しい。

若さは確実になくなる

いつか子どもは手を離れる(写真:iStock)
いつか子どもは手を離れる (写真:iStock)

 いつか子どもは勝手に手を離れます。子育て終了!と感じてからやりたい仕事や夢にチャレンジするのもありですが、確実になくなるもの、それが「今の若さ」です。

 記憶力、行動力、要領、そして見た目に至るまで、加齢の波は確実に押し寄せてきます。

「それでも大丈夫!いつになっても私はできる!」と思えるなら、あなたの本当にやりたいことは「今、子どもといること」なのかもしれません。それはそれで、とても素晴らしいこと。

「やりたいこと」への活力は育児にも反映される

やりたいことへの活力は育児にも反映される(写真:iStock)
やりたいことへの活力は育児にも反映される (写真:iStock)

 妊娠を機に仕事をやめたママ友が、「仕事がしたいけど、子どもを預けることを反対されている。自分勝手かな?」と、悩んでいました。こんな風に、やりたいこと=自分のワガママだと感じてしまうこともありますね。

 でも、1つだけ言えるのは、やりたいことへの活力は育児にも反映されるということ。

 もっと遊んであげられたらと思う罪悪感や、単純に子どもと過ごしたいと思う気持ちは、子どもにとっても嬉しい触れ合い時間に変わります。量より質とは言いませんが、ママの無限の愛情と限られた時間は一律なのですから。そして、環境作りを手伝ってくれる家族にも、素直に感謝できますよね。

子どもはママの味方!精一杯応えよう

子どもはいつでもママの味方(写真:iStock)
子どもはいつでもママの味方 (写真:iStock)

 育児をしながら仕事や夢に向かうって、本当に大変です。でも、なりふり構わず向かう情熱があるのなら、きっと二足でも三足でもわらじを履きつつ叶えられるはずです。日々悩むくらいなら、一刻も早く環境を整えましょう。

 子どもは健気でまっすぐで強く、いつだってママの味方です。そして、全てを見ています。仕事や目指すものに突き進み、その想いに精一杯応えましょう。

 この記事が、一歩を踏み出すきっかけになれば嬉しいです。

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 ふだん着ているものから、ふわっと上質な香りが漂うと、日常生活をランクアップさせるヒントにも。家で過ごす時間が長いときに...
FILM
 きょうは、子猫のにゃんたまωにロックオン。  甘いミルクの香りがするつぶらな存在は、見ているだけで母性本能全開で...
FILM
 家で過ごす時間が多くなると、部屋の家具や模様替えをしたくなってきませんか? 適当な家具やごちゃごちゃした部屋にいるとだ...
FILM
 マンションを購入しようと思ったときに、必ず確認する間取り図。見ているだけでなんだかワクワクしますよね。  実はこ...
FILM
 電気圧力鍋は、電気を使って調理する鍋で、火加減を気にすることなく料理ができます。時間が短縮できるうえに、圧力調理で味が...
FILM
 お花満開の春が、にゃんたまω君が、私の前を駆け抜けてゆく!  きょうは、猫の楽園で出逢った急ぎ足のにゃんたま君で...
FILM
 世の中、「mini food」なる動画が流行っているとのことでございます。これはいわゆる「料理番組」。まるで「おやゆび...
FILM
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進...
FILM
 やりたいことを我慢してばかりいるとキラキラした人が羨ましくなりませんか?私はいつも綺麗な人のインスタグラムを見ながら、...
FILM
 きょうは、瀬戸内海に浮かぶ猫島、小さな神社の参道で出逢ったにゃんたまωさまです。  まるで神の化身のようなお姿に...
FILM
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私は今、結婚後に多くの...
FILM
 彼氏に会えない時、あなたはどのように過ごしていますか? 何もする気が起こらず、ダラダラと過ごしてしまっている人も多いで...
FILM
 友達との距離感はさまざまです。一生の友達!と言えるような人もいれば、中には、気を使わなければ友達として付き合えないよう...
FILM
 きょうはウイルスに気を抜かない、にゃんたまω健康法を教えてもらいました。  晴れた日は、体毛に精一杯お日様パワー...
FILM
 はじめまして。スタイリストのterumiと申します。えー、突然ではありますが……  毎日のひとりごはん、どうして...
FILM
 非常事態宣言が微妙に解除されたとはいえ、自粛生活はまだまだ続くのでございます。巣籠もり生活もすっかり板についてきて、毎...