市川海老蔵の変貌にみる 男が遊び人から「卒業」する日

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-03-15 08:19
投稿日:2019-03-15 06:00
稀代のプレイボーイと言われたが…(C)コクハク
稀代のプレイボーイと言われたが… (C)コクハク

 一時期は“稀代のプレイボーイ”として連日週刊誌に話題を振りまいた歌舞伎俳優の市川海老蔵さん。

「灰皿テキーラ」という鬼畜プレイまでも生み出した天才遊び人の彼ですが、最近は実にストイックになったとか。

 先日、「週刊朝日」(3月8日号)に掲載されていた海老蔵さんと作家・林真理子さんとの対談。

<海老蔵さんのブログを見ると、いつもジムに行ってるか、お子さんたちのお世話をしてるか、劇場に行ってるかですけど、遊びに行ったり飲みに行ったりする時間はないんですか>

 と聞く林真理子さんに対し、海老蔵さんは、

<今、一滴もお酒飲んでないです。元旦にお屠蘇(とそ)を飲んだだけ。去年も一滴も飲んでないです>

 などとストイックな回答に終始します。林真理子さんは持ち前の心の強さを発揮し、延々と女遊びを勧める質問を繰り返しましたが、

<おもしろいと思うことの角度が変わったんです>

 海老蔵さんは最後、さらりとこう言ってのけました。

プレイボーイの「卒業現象」はどういう時に起きる?

「卒業」してすっかりいいパパに(写真:iStock)
「卒業」してすっかりいいパパに (写真:iStock)

 さて、海老蔵さんのように若い時は遊び人だった男性が、人が変わったように酒と女をやめて、真面目に生まれ変わること、俗にいう「卒業現象」は実際に存在します。

 この卒業現象、一体どういう時に起こるのか、見ていきましょう。

1. 子供、とくに女の子が生まれた時

 一番多いのが、子供が生まれた時です。

 彼らにとって、「チャラさ」とは、自分の中に大事なものがない、自信がないことの裏返し。そうした寂しさや不安の裏返しが、「遊び人」という形で表に出るのです。

 子供は「自分の遺伝子」を引き継いだ唯一無二、オンリーワンな存在。とくに、可愛い女の子が生まれた際には、チャラ男が溺愛する確率は99%です。(自分調べ)

 この時はもう、仕事もそこそこに毎日定時帰宅し、すっかりいいパパになるでしょう。

 要注意は、子供が大きくなって家から出ていく40代後半~50代。この時、また浮気グセが再発してしまうかも。

 夫婦間の気持ちが冷めてしまっていると、彼らは新たな刺激を求めて、「遊び人」復活してしまうかもしれません。

2. 独立や起業をした時

 次に多いのが、サラリーマン時代は遊んでいたけど、独立や起業をして以降は全然飲み会などに参加しなくなった、というパターン。

 仕事の楽しさでアドレナリンがガンガン出るため、恋愛より仕事の方が刺激があって楽しい、ということなのでしょう。

 とくに自社サービスをやっている事業の場合、自分のサービス=子供のような存在となるため、上述した子供と同じような位置付けになっていきます。

 また、ビジネスを自分でやり出すと全ての優先順位を自分で決めてしまえるようになるため、できること、やるべきことが大量に出てきます。その結果、「遊ぶ」という生産性の低い行為の優先順位は下がっていくのだと思われます。

 ただし、独立・起業といっても、営業系のビジネスや広告代理店的なビジネスをやっている方は要注意。こういう事業は、必然的に飲み会などで人脈を作る必要があります。西麻布に生息する起業家たちはこういうタイプが多いです。

もしかしたら理想の夫になるかも(写真:iStock)
もしかしたら理想の夫になるかも (写真:iStock)

3. 本気の恋に落ちた時

 そして、たまにあるのが「本気の恋」に落ちた時。そう、本気の恋もたまにあるのです。ごくたまに。

 遊び人が本気になるには、これまで遊んできた数多くの女性にはない「特別な何か」が必要です。しかも、彼らがそれに気づくのは、多くは別れた後だったりも。

 別れた後に、「お前がどれだけ大切な存在だったかやっと気づいたんだ」と復縁を迫ってきます。

 この時、信じるかどうかはあなた次第です。

まとめ

 この卒業現象を理解すれば、「彼氏にするのはちょっと無理だなー」と思っていたチャラ男くんであっても、「いつかは理想のダンナ様になるかも」と見え方が変わるかもしれませんね。

ラブ 新着一覧


FILM
 好きな人ができて交際することができれば幸せですが、交際がスタートすれば新たな悩みが出てくるもの。そんな時、「女友達に相...
恋バナ調査隊 2020-04-10 06:00 ラブ
FILM
 恋愛は本来、「1対1」で成り立つもの。しかし、中には二人の男性との交際を楽しんでいる女性もいます。「二人と交際できるな...
恋バナ調査隊 2020-04-09 06:00 ラブ
FILM
「女の勘はするどい」と、聞いたことがある方は多いでしょう。男性からしてみると厄介な“女の勘”ですが、実は不思議と当たって...
リタ・トーコ 2020-04-08 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスの猛威が止まりません。小中学校の多くは休校となり、働く大人も在宅勤務に切り替えることで、家族全員が長...
田中絵音 2020-04-07 12:07 ラブ
FILM
 あなたは、結婚相手に何を望みますか? きっと「経済力」と、答える人も多いでしょう。そんな女性にとって、“お金持ち男性”...
恋バナ調査隊 2020-04-07 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして、いつもコラムを見ています!  私は26歳で美容師をしているのですが、なかなか恋愛がうまくいきません...
神崎メリ 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 結婚願望があるにも関わらず、「恋人ができても結婚話が出ない」「結婚相手が見つからない」という人もいるでしょう。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 恋愛には「妥協が必要!」という声と、「妥協はしない方がいい!」という2つの声がありますね。でも、実際のところは「妥協は...
恋バナ調査隊 2020-04-04 06:00 ラブ
FILM
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場...
恋バナ調査隊 2020-04-03 06:00 ラブ
FILM
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつ...
恋バナ調査隊 2020-04-02 06:00 ラブ
FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ