市川海老蔵の変貌にみる 男が遊び人から「卒業」する日

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-03-15 08:19
投稿日:2019-03-15 06:00
稀代のプレイボーイと言われたが…(C)コクハク
稀代のプレイボーイと言われたが… (C)コクハク

 一時期は“稀代のプレイボーイ”として連日週刊誌に話題を振りまいた歌舞伎俳優の市川海老蔵さん。

「灰皿テキーラ」という鬼畜プレイまでも生み出した天才遊び人の彼ですが、最近は実にストイックになったとか。

 先日、「週刊朝日」(3月8日号)に掲載されていた海老蔵さんと作家・林真理子さんとの対談。

<海老蔵さんのブログを見ると、いつもジムに行ってるか、お子さんたちのお世話をしてるか、劇場に行ってるかですけど、遊びに行ったり飲みに行ったりする時間はないんですか>

 と聞く林真理子さんに対し、海老蔵さんは、

<今、一滴もお酒飲んでないです。元旦にお屠蘇(とそ)を飲んだだけ。去年も一滴も飲んでないです>

 などとストイックな回答に終始します。林真理子さんは持ち前の心の強さを発揮し、延々と女遊びを勧める質問を繰り返しましたが、

<おもしろいと思うことの角度が変わったんです>

 海老蔵さんは最後、さらりとこう言ってのけました。

プレイボーイの「卒業現象」はどういう時に起きる?

「卒業」してすっかりいいパパに(写真:iStock)
「卒業」してすっかりいいパパに (写真:iStock)

 さて、海老蔵さんのように若い時は遊び人だった男性が、人が変わったように酒と女をやめて、真面目に生まれ変わること、俗にいう「卒業現象」は実際に存在します。

 この卒業現象、一体どういう時に起こるのか、見ていきましょう。

1. 子供、とくに女の子が生まれた時

 一番多いのが、子供が生まれた時です。

 彼らにとって、「チャラさ」とは、自分の中に大事なものがない、自信がないことの裏返し。そうした寂しさや不安の裏返しが、「遊び人」という形で表に出るのです。

 子供は「自分の遺伝子」を引き継いだ唯一無二、オンリーワンな存在。とくに、可愛い女の子が生まれた際には、チャラ男が溺愛する確率は99%です。(自分調べ)

 この時はもう、仕事もそこそこに毎日定時帰宅し、すっかりいいパパになるでしょう。

 要注意は、子供が大きくなって家から出ていく40代後半~50代。この時、また浮気グセが再発してしまうかも。

 夫婦間の気持ちが冷めてしまっていると、彼らは新たな刺激を求めて、「遊び人」復活してしまうかもしれません。

2. 独立や起業をした時

 次に多いのが、サラリーマン時代は遊んでいたけど、独立や起業をして以降は全然飲み会などに参加しなくなった、というパターン。

 仕事の楽しさでアドレナリンがガンガン出るため、恋愛より仕事の方が刺激があって楽しい、ということなのでしょう。

 とくに自社サービスをやっている事業の場合、自分のサービス=子供のような存在となるため、上述した子供と同じような位置付けになっていきます。

 また、ビジネスを自分でやり出すと全ての優先順位を自分で決めてしまえるようになるため、できること、やるべきことが大量に出てきます。その結果、「遊ぶ」という生産性の低い行為の優先順位は下がっていくのだと思われます。

 ただし、独立・起業といっても、営業系のビジネスや広告代理店的なビジネスをやっている方は要注意。こういう事業は、必然的に飲み会などで人脈を作る必要があります。西麻布に生息する起業家たちはこういうタイプが多いです。

もしかしたら理想の夫になるかも(写真:iStock)
もしかしたら理想の夫になるかも (写真:iStock)

3. 本気の恋に落ちた時

 そして、たまにあるのが「本気の恋」に落ちた時。そう、本気の恋もたまにあるのです。ごくたまに。

 遊び人が本気になるには、これまで遊んできた数多くの女性にはない「特別な何か」が必要です。しかも、彼らがそれに気づくのは、多くは別れた後だったりも。

 別れた後に、「お前がどれだけ大切な存在だったかやっと気づいたんだ」と復縁を迫ってきます。

 この時、信じるかどうかはあなた次第です。

まとめ

 この卒業現象を理解すれば、「彼氏にするのはちょっと無理だなー」と思っていたチャラ男くんであっても、「いつかは理想のダンナ様になるかも」と見え方が変わるかもしれませんね。

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
X

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ