逆プロポーズをしたのに断られた…男性心理&5つの対処方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-01-03 06:00
投稿日:2022-01-03 06:00
 彼との交際が順調に進んでいると、自然と結婚を意識するようになるでしょう。しかし、中には、女性から勇気を出して逆プロポーズをしたにも関わらず、断られてしまうケースもあるようです。そこで今回は、逆プロポーズを断る男性心理と対処方法をご紹介します。

知っておくべき! 逆プロポーズを断る4つの男性心理

逆プロポーズしたのに…(写真:iStock)
逆プロポーズしたのに… (写真:iStock)

 せっかく逆プロポーズをしたのに、断られてしまったら、誰だってショックでしょう。でも、落ち込む前に男性の心理を知ることも大切かもしれません。

1. 男として逆プロポーズが許せない

 逆プロポーズを断られると、「もう、彼との結婚は無理なんだ……」と思うのは仕方がないこと。しかし、男性の中には結婚を考えているからこそ、断る人もいます。

 特に「プロポーズは男性からするもの」と考えるタイプの男性の場合、女性からのプロポーズを素直に受け取りづらいよう。実は、彼も密かにプロポーズの準備をしているのかもしれませんよ。

2. まだ結婚を考えられない

 女性にとっては結婚したいタイミングであっても、彼はまだ結婚を考えられない時期である可能性もあります。

 結婚したいタイミングは、人によってそれぞれ違います。「今は仕事を頑張りたい」「もう少し出世してから」と考える男性は少なくありません。

3. 結婚相手として考えられない

 交際しているからといって、必ずしも結婚を意識しているとは限りません。中には「彼女との結婚は考えられない」と思いながらも、お付き合いを続けている男性もいます。

 愛情はあるけれど、結婚相手としては相応しくないと考えていれば、逆プロポーズを断られることになってしまうでしょう。

4. そもそも結婚願望がない

 彼女からの逆プロポーズを断る男性の中には、愛情がないというわけではなく、そもそも結婚願望がない人もいます。

 そんな男性は、あなただから断ったのではなく、どんな女性からプロポーズされても断る選択肢を選ぶでしょう。

逆プロポーズを断られたら……? 5つの対処方法

どう対処したらいいの?(写真:iStock)
どう対処したらいいの? (写真:iStock)

 勇気を出して逆プロポーズをしたのに断られてしまったら、どうしたら良いのか分からなくなってしまいますよね。もしも男性に断られたら、どのように対処していけば良いのでしょうか?

1. 断る理由を聞く

 逆プロポーズを断られたら、誰だってショックです。しかし、ここで落ち込んでいるだけでは前に進むことができなくなってしまいます。大切なのは、まずは断る理由を聞いてみること。

「自分からプロポーズをしたかった」「今は仕事を優先したい」など、男性の理由によっては、待つこともできるでしょうし、場合によっては別れを選択せざるを得ないこともあるかもしれません。対処方法を知るためにも、思い切って聞いてみましょう。

2. 少し距離を置く

 順調に交際が進んでいたはずなのに、逆プロポーズを断られてしまったら「どう接したら良いのだろう?」と感じる人が多いでしょう。

 そんな人は、別れるにしても、交際し続けるにしても、冷静になれるまでは少し距離を置いてみるのも一案です。

3. 自分の気持ちを確認する

 逆プロポーズを断られたら当然ショックなものですが、ある意味、自分の気持ちを知る良いチャンスでもあります。

 断られたものの、「やっぱり結婚は彼じゃなきゃ考えられない」と、思う人もいれば、「プロポーズを断るなんて許せない」と思った人もいるでしょう。彼への本当の思いに、気づくことができるはずです。

4. 別れを考えられないなら、今まで通り接する

 逆プロポーズをして断られても、「それでも彼と一緒にいたい」と思うのであれば、いったん結婚のことは忘れて、今まで通り彼と接しましょう。

 ただし、結婚の話が出ないまま交際が続く場合には、「◯歳まで」と区切りを設けてみるのもおすすめです。期間があることで、もやもやとした気持ちを抱え続けることもなくなるでしょう。

5. 彼に結婚願望がないと分かったら別れる選択肢もある

「結婚願望がない」と言われてしまったら、結婚しなくても彼と一緒にいたいのか、結婚願望のある男性が良いのかを考えてみましょう。

「やっぱり、自分は結婚したい」と思うのであれば、今が別れのタイミングかもしれませんよ。

逆プロポーズを断られたからといって、関係は終わりじゃない

後悔のない未来に!(写真:iStock)
後悔のない未来に! (写真:iStock)

 逆プロポーズを断られたら、多くの人は「もう、彼とは終わりだ」と感じてしまうかもしれません。でも、彼は自分からプロポーズしようと考えているだけかもしれません。

 とにかく、断られたからと言って短絡的に考えず、冷静に考えることが大切。後悔のない未来につながるはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「毒親育ちの会」の彼、ほろ酔いの抱擁から全てが始まった
「毒親」「親ガチャ」という言葉が使われるようになって久しい。そんな中、「毒親育ち」の男女が集う会で、運命的な出会いを果た...
蒼井凜花 2022-01-21 06:00 ラブ
女性が年上の年齢差結婚ってどう?メリット&長続きのコツ
 少し前までは女性が年上というカップルは珍しく、周囲から注目されることに悩んでいた人も多かったよう。でも、最近では、女性...
恋バナ調査隊 2022-01-21 06:00 ラブ
手のつなぎ方でわかる男性心理4選&つなぎたくなる瞬間♡
 気になっている男性と手をつなぐと、一気に二人の距離が縮まったような気持ちになりますよね♡ 実は、手のつなぎ方で男性が自...
恋バナ調査隊 2022-01-20 06:00 ラブ
年上男性と付き合いたい♡キュンとさせる恋愛テクニック6選
 年上男性を好きになると、どうやって自分のほうに振り向かせればいいのか悩んでしまいますよね。アピールの仕方を間違えて、「...
恋バナ調査隊 2022-01-19 06:00 ラブ
私に冷めたの…?冷たい彼氏に焦る時の対処法3つ&NG行動
 大好きな彼氏に冷たくされて、焦ることってありますよね。「嫌いになったの?」「ほかに好きな人ができた?」など、いろいろネ...
恋バナ調査隊 2022-01-19 06:00 ラブ
別れ際が綺麗な女性にはメリットがある! 上手な別れ方5つ
 彼から突然別れを切り出されたら、多くの女性は取り乱してしまうでしょう。追いすがってしまう人もいるかもしれません。しかし...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
モテない女性に共通する残念LINE5選…男性が引く内容5つ
 モテるモテないには、それなりに理由があるよう。もしもあなたが、見た目に問題がないのにまったくモテないんだとしたら、こん...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
いつでも新婚気分♡ 別居婚のメリット&向いている夫婦の特徴
 ひと昔前までは、結婚したら一緒に住むというのが当たり前の世の中でした。しかし今は、夫婦のライフスタイルによっては「別居...
恋バナ調査隊 2022-01-16 06:00 ラブ
不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性...
恋バナ調査隊 2022-01-15 06:00 ラブ
今が正常な状態…交際3ヶ月でデート頻度を減らした男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.73〜女性編〜」では、「仕事」を理由にデートを減らしている恋人・ソウタさん(仮名・29歳男性...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
仕事を理由にデート激減…恋人の真意がわからない女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
はじめての食事デート♡ 心がける4つのこと&会話のポイント
 気になる男性とはじめての食事デートの約束ができたら、「絶対にデートを成功させたい!」と思うのは当然でしょう。そこで今回...
恋バナ調査隊 2022-01-14 06:00 ラブ
あなたは何も悪くない! 彼に暴言を吐かれた時の3つの対処法
 恋人やパートナーに暴言を吐かれ、深く傷つく女性が増えています。一番信頼し、愛している相手だけに、ダメージも大きいもの。...
内藤みか 2022-01-13 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? 軽い女度診断4項目&気をつけるべきこと
 自分では意識していなくても、男性から「軽い女」だと思われていたらがっかりしてしまいますよね。今回は、今すぐできる軽い女...
恋バナ調査隊 2022-01-13 06:00 ラブ
一生モテる女性の特徴とは? 常にモテるためにやるべきこと
 彼氏が途切れなかったり、周りから一目を置かれ続けている女性っていますよね。ここで言うモテる女とは、声をかけられることが...
若林杏樹 2022-01-12 12:13 ラブ
100年の恋も冷めるでしょ…彼氏のドン引き行動エピソード4選
 彼氏に100年の恋も一瞬で冷めるような「ドン引き行動」をされたことがある女性は多いようです。ドン引き行動の原因はさまざ...
恋バナ調査隊 2022-01-14 18:15 ラブ