風の時代だもの! 自信のある人たちの“神がかった”去り方

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2022-02-03 19:07
投稿日:2022-01-21 06:00
 皆さんは、自分が生活している環境をガラリと変える決断をしたことはありますか? 私はどちらかと言えば変化を好まない、腰の重いタイプだと思います。しかし今は「風の時代」。行動力や決断力が人生を大きく左右するのです。特に去り際はこれまで以上に重要視されてくるでしょう。さて、どろんぱは開店前。モジョ子がロッカーで何かを見つけたみたい。

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

“軽やかさ”には自信の有無が表れる

 私は性分として“離れる”や“辞める”といったものが苦手です。自分が時間をかけて築き上げてきたものであればなおさら、手放す決断をするのは難しいと思います。だから即決できる人や即行動できる人のことは尊敬してやみません。

 先日、お世話になっている編集さんが20年近く勤めた会社を辞めて、別の会社へ移ると連絡をもらいました。それを聞いた私の正直な感想は「なんでそんなチャレンジするの? もったいない!」。

 だって20年ですよ。そんな長い年月をかけて積み上げたモノを手放すには相当勇気がいるはずです。ただ、この話を聞いて思い出したことがありました。それは「今年の目標は転職!」と言っているお姉さんのこと。私が知っている限り、すでに2回は転職しているはずですが、また別の仕事をやりたいと言っているのです。

 きっとこれまでの会社で培ったスキルを活かしてキャリアアップをするんだな、と勝手に思い込んだ私は「すごい! キャリアアップで転職なんてカッコイイ!」とお姉さんに言いました。

 これは先ほどの編集さんにも同じことを言っています。ところが、どちらからも返ってきた答えは「飽きたから」という至極シンプルで意外なものでした。びっくりしたのと同時に、その2人がこれまで以上に魅力的に見えました。

 大の大人が「飽きた」と身の回りの環境を自ら一変させる。自信がなければその決断はできません。私が今、2人と同じ立場だったとして、その決断ができるかどうか。軽やかな去り方ができるか。それは今後、自信のある人間になっていくための指標の一つになりそうです。

登場人物紹介

モジョ子、コミ (漫画:おくげちゃん)
モジョ子、コミ (漫画:おくげちゃん)

モジョ子:自信がほしい主人公。まだまだできないことも多いが、いつかはみんなに認められるような仕事をしたいと思っている。どろんぱの一員としてもっと認めてほしい欲が出てきた模様。コミと離れることを想像すると泣きそう。

コミ:モジョ子の先輩。昔からどろんぱに勤めているので、多くのホステスの旅立ちを経験している。お世話になったお姉さんたちの幸せを願う懐の深さを持ち合わせるが、初詣のお賽銭は5円までしか出さないケチな面もある。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...