焦りは禁物!40代からの婚活を成功させるために必要なこと

内藤みか 作家
更新日:2022-01-27 06:00
投稿日:2022-01-27 06:00
 40代で婚活を始める女性が増えてきました。婚活イベントに40代対象のものが増え、活動しやすくなったのも一因でしょう。けれど年齢のせいか焦っている人が多く、深く考えずに一刻も早く結婚しようとするケースも。彼女たちはなぜそんなに急いでいるのでしょうか。

出産のラストチャンス

40代の婚活はスピード命?(写真:iStock)
40代の婚活はスピード命? (写真:iStock)

 昭和50年には女性の平均結婚年齢は24.7歳でした。その後平成に至るまでの長い間、25歳台をキープしていたのです。バブル期には適齢期をクリスマスケーキにたとえ、25歳はちょうど食べ頃、26になると旬を過ぎるなどと残酷なことを言われたものです。

 しかし令和の現代、女性の平均結婚年齢は29.6歳と上昇しています。東京都のみの数字では30.5歳と30歳を超えました。恋愛スタイルも多様化しているため、40代で結婚しても驚かれるようなことはありません。それでも女性が結婚を急ぐ理由のひとつに、出産のタイミングがあります。

 科学の進歩で、40代の出産も珍しいことではなくなりました。婚活女性のなかには「できることなら子どもがほしい」と思う人もいて、そのラストチャンスを40代前半だと考えているようなのです。また「子どもが産めなくなったら彼が他の若い女性のところに行ってしまう」と恐れている女性もいました。

この人を逃したら次がない

難アリの男性と結婚を強行することも(写真:iStock)
難アリの男性と結婚を強行することも (写真:iStock)

 年齢を重ねるにつれ、恋愛のチャンスは減る傾向にあります。同世代の異性が次々と結婚していくため、交際相手を見つけづらくなってしまうからです。そのため、若い頃はすぐ次の彼が見つかったのに、40代になると次の恋まで1年以上空いてしまうなんてことも。

 長い期間さみしい思いをした末にやっと交際相手が見つかると、もうこの人を逃したら次は現れないかもしれないという不安にとらわれてしまいがち。そのため、たとえ相手の振る舞いが乱暴であったり不誠実であっても目をつぶり、周囲が心配して止めても結婚を断念しようとはしないのです。

一生ひとりでいるのはいや

 また、若いうちは気楽だった独身ひとり暮らしも、40代を迎える頃になると少しずつ老後のことを心配するようにもなり、このまま一生ひとりは寂しい、誰かと一緒にいたいと考えるようになったのも、婚活に踏み切るきっかけだといいます。

 女性ひとりで高齢者になってもずっと働き続けて老いていくという途方もなく長いこれからの時間を思うと、隣に誰かいてほしいという気持ちが出てくるのです。経済的な不安も抱え、共働きのほうが安心だという思いも強くなるようです。

無理をしないことが大切

まずはお話しから(写真:iStock)
まずはお話しから (写真:iStock)

 とはいえ譲れない条件を持つ人も多く、「年収1000万円以上じゃないと」とハイレベルの男性を求めたり、「年上の男性はイヤ。特に50歳以上は無理」と年齢にこだわる人も少なくありません。けれどあまりにこだわりすぎると該当する相手がいないので、どこかで妥協する必要はあるでしょう。

 40代で婚活する女性たちは、人生経験が長いため、男性に対する注文が多くなりすぎるのが特徴です。けれど条件を多くすればするほど婚活は難航してしまいがち。なのでまずは年収や身長などの縛りをすべて取り去り、ただ純粋にお話しをしてみることです。居心地がいい人だな、もっとお話ししてみたいなと感じたら、そこで初めて年収などの条件を見てもいいのではないでしょうか。

ひとりの時間も楽しむ

穏やかに長く寄り添っていける人を…(写真:iStock)
穏やかに長く寄り添っていける人を… (写真:iStock)

 そうすると「1000万円以上じゃなきゃ」と固く思っていたはずなのに、それ以下の額であっても「この人とは相性が良さそうだから」と前向きになれることもあるはずです。ナチュラルな気持ちを取り戻せれば、出産や老後へのこだわりも和らいでくるでしょう。

 そしてひとり身である今を充実させることです。ひとりでも楽しいけど、相手がいたらもっと楽しい。そのようにポジティブに考えれば婚活にも余裕が持てるようになるでしょう。

 人生100年時代と言われるようになりました。だとすると40代はまだ折り返してもいませんし、これからも出会いのチャンスはあるはず。長い時間共に過ごす結婚相手なので、自分が穏やかな気持ちになれる人かどうか慎重に判断することが大切です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ