キャリア女子がチャラ男とのエッチで得たもの&失ったもの

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-03 07:20
投稿日:2019-04-03 06:00

チャラ男とは割り切った関係が築けるけど…

まずは体の相性を確かめてみる女子も(写真:iStock)
まずは体の相性を確かめてみる女子も (写真:iStock)

「女の子だってエッチしたいんだもん!」

 はい、女性にだって性欲ありますよね。“女は男の6倍エロい”という説もあるように、身体的には女性の方が男性よりムラムラしやすいものだったりもします。

 一般的には女性の方が貞操観念や身体のリスクがあるため、「エッチは付き合ってからね」と考えているケースが多いですが、一度こうした概念から解放されると、疾風怒濤のセックスライフを始める女性も一定数います。

 傾向として、

・頭がよくて好奇心旺盛
・仕事もバリバリ頑張るキャリア女性

 というタイプが多く、彼女たちは好奇心からのお近づきとして、「まず、エッチしましょうね」という非常にオープンなマインドの持ち主です。

 そんな彼女たちにとって、エッチをしても「付き合ってよ」などと言ってこないチャラ男は、割り切った関係が築けてとても便利な存在。彼らチャラ男たちはセックスに貪欲なため、「今日どうかな?」といった突然の誘いにもアマゾンプライムのように“即日発送”して来てくれます。

 しかし、そんな彼女たちでもチャラ男とのエッチで失うものがあったりもします。

 今回は、彼女たちが得たもの、失ってしまったものについてご紹介させていただきます。

失ったもの1…やらない「男友達」という存在

お酒の勢いには逆らえない(写真:iStock)
お酒の勢いには逆らえない (写真:iStock)

 アパレルメーカーに勤める、とあるアラサー美女のお話。

 美人で活発な彼女はかなりのモテ女子です。いろんな男性との逢瀬を楽しんでいましたが、カラダの関係を持たずたまにお酒を飲む間柄のイケメン男友達がいました。

 彼は甘いマスクとコミュニケーション能力を駆使し、なかなかのモテっぷり。数々の武勇伝を面白おかしく話してくれます。そのあまりの無双っぷりに、おなかを抱えて笑いながら飲む日々が続いておりました。

 そんなある日、ついに彼からも「エッチしようよ」のお誘いが。

 彼女的には全然オッケーだったし、むしろしてみたい、という気持ちもあったのですが、ここでエッチをしてしまったら「もう、ほかの女の子とのおもしろエッチ話が聞けなくなってしまうかも」との思いが頭をよぎりました。

 しかしながら、お酒の勢いもあり、結局エッチをしてしまったのだそうです。

 すると、この男友達は「自分が関係を持った女の子にほかの子とのエッチ話をするのは失礼かも」という遠慮が出てしまい、気づけば男友達からただのセフレに。

「こっちはそんなの気にしてないからガンガン話してよ!」

 彼女はそう思っていたようなのですが、面白くなくなってしまって、セフレとしても自然消滅……で関係にピリオドが打たれたそうです。

失ったもの2…「恋人」を作るという意識

面倒だからセフレでよくない?(写真:iStock)
面倒だからセフレでよくない? (写真:iStock)

 彼女たち肉食キャリア女子は、経済的にも精神的にも自立している場合が多く、セックスも雰囲気に流されてしてしまうタイプではありません。「ストレス解消」や「好奇心を満たす」ために積極的に“捕食”しています。

 これを続けていると、恋愛をしなくてもセックスで精神状態を良好に保つことができるようになってくるため、恋人なんかいらないんじゃない?という感覚に陥ってくるとか。

 付き合うと面倒くさいことの方が多い彼氏よりも、手っ取り早くイイとこ取りができるセフレ関係の方が楽しいかも、と思い出したら、それは恋愛への危険信号かもしれません。

得たもの…「エッチ」に対する探究心

単なる研究対象だったりして…(写真:iStock)
単なる研究対象だったりして… (写真:iStock)

 探究心旺盛な彼女たちは「エッチ」も研究対象に。“自称・経験豊富”なチャラ男は格好の研究材料です。いろんな形や長さ、性癖、アプローチの違いなど、自分の好みを知るために、良いエッチ、悪いエッチのデータを蓄積し、検証していく姿勢はまさに研究者。

 研究は、膨大な実験の中でのみ培われていくのです。

まとめ

 今回は、性欲旺盛な肉食キャリア女子に焦点を当てましたが、もちろん、女性のタイプによって千差万別。自分のスタイルにあったエッチのあり方を探していってくださいね。

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
Twitter

関連キーワード

エロコク 新着一覧


コスパ感も◎! 小さなボディに似つかわしくないハイパワー
 昨年から続く物価高。何もかもが値上がりしていて、お買い物に慎重になっている人は多いと思いますし、私もその例に漏れません...
桃子 2023-02-05 06:00 エロコク
ガテン系は好きでも…25歳の愛人女子がパパ候補を振ったワケ
 知り合いのオジサマから、こんな質問が。 「月2万円程度で愛人が持てるなんて夢のある話だよね。でも、女の子にしても...
中山美里 2023-01-31 06:00 エロコク
吸引系が革命的進化!Gスポットにアプローチするバイブが登場
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる、いわゆる“吸引系”の登場は、ラブグッズ界にパラダイムシフトをもたらしたと思...
桃子 2023-01-29 06:00 エロコク
生身のペニスで円熟SEX…美熟女が気づいた本当の幸福 #5
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  絶大な美しさを誇る...
蒼井凜花 2023-01-27 06:00 エロコク
お手当の値切りにため息…愛人関係はウィンウィンじゃないと
 長引く不況の影響で、最近「お手当を値切られる」という愛人希望の女性が少なからずいるそうで……。 「私は1回2万円...
中山美里 2023-01-24 06:00 エロコク
硬質な素材だからこそ! 振動がGスポットまでまっすぐ届く
 海外からの輸入バイブレーターが増えはじめた時期、私は「欧米のバイブって硬いなぁ」と思っていました。日本製はぷにぷにとし...
桃子 2023-01-22 06:00 エロコク
ED夫にはない鋭い勃起…再会した元カレの肉棒に貫かれる夜#4
 某ミセスコンテストのグランプリを手にしたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る...
蒼井凜花 2023-01-20 11:09 エロコク
夫の胃袋をつかむはずが…35歳主婦は料理教室で愛人をゲット
“夫婦円満の秘訣は夫の胃袋をつかむこと”というのは結婚式のスピーチの常套句ですが、今の時代、年齢にかかわらず料理下手な女...
中山美里 2023-01-17 06:00 エロコク
上級者もきっと満足! マルチユースの優秀バイブレーター
 ここ数年、マルチユースなラブグッズが増えています。ひとつあればいろんな使い方ができるので、「何を買えばいいかわからない...
桃子 2023-01-15 06:00 エロコク
ED夫の指ワザで2度のアクメ、人生初の挿入ナシで爆ぜる私 #3
 某ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。  圧倒的な美を誇る「...
蒼井凜花 2023-01-20 11:24 エロコク
お手当は整形費用に…地味子だった26歳OLが尽き進む“愛人道”
 高級車やマンションまで買い与えられた昭和の愛人と比べると、もらえるお手当はスズメの涙というのが平成・令和の愛人事情。パ...
中山美里 2023-01-10 06:00 エロコク
3つの指で3P気分! 絶対に期待を裏切らない突起ローター♡
 3つの指のような突起が並んだ、「サティスファイヤー スリーサム3」。説明書を見ずとも、使い方を理解できる人は多いのでは...
桃子 2023-01-08 06:00 エロコク
60歳夫と初夜!クンニ直前まで濃厚な舌づかいでバック攻め#2
 ミセスコンテストのグランプリに輝いたM子さん(45歳ウォーキング講師/既婚・子供なし)。圧倒的な美を誇る彼女は、美魔女...
蒼井凜花 2023-01-14 02:56 エロコク
12人と同時進行!小悪魔系25歳女子がパパを落とすマル秘テク
 今回ご登場いただくのは、婚活パーティーをパパ探しに活用しているというめっちゃカワイイ女性。早苗ちゃんというフリーターな...
中山美里 2022-12-27 06:00 エロコク
絶対に外さない鉄板バイブ! ぬくもりを肌と粘膜で感じて♡
 雑誌やネットの記事を見ていると「鉄板コーディネート」や「絶対にハズさない手土産」のような特集があり、出費するからにはハ...
桃子 2022-12-25 06:00 エロコク
夫の精液で知るSEXの悦び…私も近親相姦する運命なの?#5
 元保育士のR子さん(25歳主婦/子供なし)は、昨年、都内の総合病院の御曹司の妻となった。大手カルチャースクールで、のち...
蒼井凜花 2022-12-23 06:00 エロコク