キャリア女子がチャラ男とのエッチで得たもの&失ったもの

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-03 07:20
投稿日:2019-04-03 06:00

チャラ男とは割り切った関係が築けるけど…

まずは体の相性を確かめてみる女子も(写真:iStock)
まずは体の相性を確かめてみる女子も (写真:iStock)

「女の子だってエッチしたいんだもん!」

 はい、女性にだって性欲ありますよね。“女は男の6倍エロい”という説もあるように、身体的には女性の方が男性よりムラムラしやすいものだったりもします。

 一般的には女性の方が貞操観念や身体のリスクがあるため、「エッチは付き合ってからね」と考えているケースが多いですが、一度こうした概念から解放されると、疾風怒濤のセックスライフを始める女性も一定数います。

 傾向として、

・頭がよくて好奇心旺盛
・仕事もバリバリ頑張るキャリア女性

 というタイプが多く、彼女たちは好奇心からのお近づきとして、「まず、エッチしましょうね」という非常にオープンなマインドの持ち主です。

 そんな彼女たちにとって、エッチをしても「付き合ってよ」などと言ってこないチャラ男は、割り切った関係が築けてとても便利な存在。彼らチャラ男たちはセックスに貪欲なため、「今日どうかな?」といった突然の誘いにもアマゾンプライムのように“即日発送”して来てくれます。

 しかし、そんな彼女たちでもチャラ男とのエッチで失うものがあったりもします。

 今回は、彼女たちが得たもの、失ってしまったものについてご紹介させていただきます。

失ったもの1…やらない「男友達」という存在

お酒の勢いには逆らえない(写真:iStock)
お酒の勢いには逆らえない (写真:iStock)

 アパレルメーカーに勤める、とあるアラサー美女のお話。

 美人で活発な彼女はかなりのモテ女子です。いろんな男性との逢瀬を楽しんでいましたが、カラダの関係を持たずたまにお酒を飲む間柄のイケメン男友達がいました。

 彼は甘いマスクとコミュニケーション能力を駆使し、なかなかのモテっぷり。数々の武勇伝を面白おかしく話してくれます。そのあまりの無双っぷりに、おなかを抱えて笑いながら飲む日々が続いておりました。

 そんなある日、ついに彼からも「エッチしようよ」のお誘いが。

 彼女的には全然オッケーだったし、むしろしてみたい、という気持ちもあったのですが、ここでエッチをしてしまったら「もう、ほかの女の子とのおもしろエッチ話が聞けなくなってしまうかも」との思いが頭をよぎりました。

 しかしながら、お酒の勢いもあり、結局エッチをしてしまったのだそうです。

 すると、この男友達は「自分が関係を持った女の子にほかの子とのエッチ話をするのは失礼かも」という遠慮が出てしまい、気づけば男友達からただのセフレに。

「こっちはそんなの気にしてないからガンガン話してよ!」

 彼女はそう思っていたようなのですが、面白くなくなってしまって、セフレとしても自然消滅……で関係にピリオドが打たれたそうです。

失ったもの2…「恋人」を作るという意識

面倒だからセフレでよくない?(写真:iStock)
面倒だからセフレでよくない? (写真:iStock)

 彼女たち肉食キャリア女子は、経済的にも精神的にも自立している場合が多く、セックスも雰囲気に流されてしてしまうタイプではありません。「ストレス解消」や「好奇心を満たす」ために積極的に“捕食”しています。

 これを続けていると、恋愛をしなくてもセックスで精神状態を良好に保つことができるようになってくるため、恋人なんかいらないんじゃない?という感覚に陥ってくるとか。

 付き合うと面倒くさいことの方が多い彼氏よりも、手っ取り早くイイとこ取りができるセフレ関係の方が楽しいかも、と思い出したら、それは恋愛への危険信号かもしれません。

得たもの…「エッチ」に対する探究心

単なる研究対象だったりして…(写真:iStock)
単なる研究対象だったりして… (写真:iStock)

 探究心旺盛な彼女たちは「エッチ」も研究対象に。“自称・経験豊富”なチャラ男は格好の研究材料です。いろんな形や長さ、性癖、アプローチの違いなど、自分の好みを知るために、良いエッチ、悪いエッチのデータを蓄積し、検証していく姿勢はまさに研究者。

 研究は、膨大な実験の中でのみ培われていくのです。

まとめ

 今回は、性欲旺盛な肉食キャリア女子に焦点を当てましたが、もちろん、女性のタイプによって千差万別。自分のスタイルにあったエッチのあり方を探していってくださいね。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク