キャリア女子がチャラ男とのエッチで得たもの&失ったもの

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-03 07:20
投稿日:2019-04-03 06:00

チャラ男とは割り切った関係が築けるけど…

まずは体の相性を確かめてみる女子も(写真:iStock)
まずは体の相性を確かめてみる女子も (写真:iStock)

「女の子だってエッチしたいんだもん!」

 はい、女性にだって性欲ありますよね。“女は男の6倍エロい”という説もあるように、身体的には女性の方が男性よりムラムラしやすいものだったりもします。

 一般的には女性の方が貞操観念や身体のリスクがあるため、「エッチは付き合ってからね」と考えているケースが多いですが、一度こうした概念から解放されると、疾風怒濤のセックスライフを始める女性も一定数います。

 傾向として、

・頭がよくて好奇心旺盛
・仕事もバリバリ頑張るキャリア女性

 というタイプが多く、彼女たちは好奇心からのお近づきとして、「まず、エッチしましょうね」という非常にオープンなマインドの持ち主です。

 そんな彼女たちにとって、エッチをしても「付き合ってよ」などと言ってこないチャラ男は、割り切った関係が築けてとても便利な存在。彼らチャラ男たちはセックスに貪欲なため、「今日どうかな?」といった突然の誘いにもアマゾンプライムのように“即日発送”して来てくれます。

 しかし、そんな彼女たちでもチャラ男とのエッチで失うものがあったりもします。

 今回は、彼女たちが得たもの、失ってしまったものについてご紹介させていただきます。

失ったもの1…やらない「男友達」という存在

お酒の勢いには逆らえない(写真:iStock)
お酒の勢いには逆らえない (写真:iStock)

 アパレルメーカーに勤める、とあるアラサー美女のお話。

 美人で活発な彼女はかなりのモテ女子です。いろんな男性との逢瀬を楽しんでいましたが、カラダの関係を持たずたまにお酒を飲む間柄のイケメン男友達がいました。

 彼は甘いマスクとコミュニケーション能力を駆使し、なかなかのモテっぷり。数々の武勇伝を面白おかしく話してくれます。そのあまりの無双っぷりに、おなかを抱えて笑いながら飲む日々が続いておりました。

 そんなある日、ついに彼からも「エッチしようよ」のお誘いが。

 彼女的には全然オッケーだったし、むしろしてみたい、という気持ちもあったのですが、ここでエッチをしてしまったら「もう、ほかの女の子とのおもしろエッチ話が聞けなくなってしまうかも」との思いが頭をよぎりました。

 しかしながら、お酒の勢いもあり、結局エッチをしてしまったのだそうです。

 すると、この男友達は「自分が関係を持った女の子にほかの子とのエッチ話をするのは失礼かも」という遠慮が出てしまい、気づけば男友達からただのセフレに。

「こっちはそんなの気にしてないからガンガン話してよ!」

 彼女はそう思っていたようなのですが、面白くなくなってしまって、セフレとしても自然消滅……で関係にピリオドが打たれたそうです。

失ったもの2…「恋人」を作るという意識

面倒だからセフレでよくない?(写真:iStock)
面倒だからセフレでよくない? (写真:iStock)

 彼女たち肉食キャリア女子は、経済的にも精神的にも自立している場合が多く、セックスも雰囲気に流されてしてしまうタイプではありません。「ストレス解消」や「好奇心を満たす」ために積極的に“捕食”しています。

 これを続けていると、恋愛をしなくてもセックスで精神状態を良好に保つことができるようになってくるため、恋人なんかいらないんじゃない?という感覚に陥ってくるとか。

 付き合うと面倒くさいことの方が多い彼氏よりも、手っ取り早くイイとこ取りができるセフレ関係の方が楽しいかも、と思い出したら、それは恋愛への危険信号かもしれません。

得たもの…「エッチ」に対する探究心

単なる研究対象だったりして…(写真:iStock)
単なる研究対象だったりして… (写真:iStock)

 探究心旺盛な彼女たちは「エッチ」も研究対象に。“自称・経験豊富”なチャラ男は格好の研究材料です。いろんな形や長さ、性癖、アプローチの違いなど、自分の好みを知るために、良いエッチ、悪いエッチのデータを蓄積し、検証していく姿勢はまさに研究者。

 研究は、膨大な実験の中でのみ培われていくのです。

まとめ

 今回は、性欲旺盛な肉食キャリア女子に焦点を当てましたが、もちろん、女性のタイプによって千差万別。自分のスタイルにあったエッチのあり方を探していってくださいね。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM