コロナ禍のバレンタインどうする? 想いが伝わる渡し方3選

内藤みか 作家
更新日:2022-02-10 06:00
投稿日:2022-02-10 06:00
 年に一度のバレンタインシーズンだというのに、感染症が流行していて彼に想いを手渡すことができない……。そう悲しんでいる女性が大勢います。でもあきらめるのはまだ早い! 直接渡せなくても想いを伝える方法はあるのです。

気になる彼、気持ちを伝えるために…

コロナ禍でもあきらめないで(写真:iStock)
コロナ禍でもあきらめないで (写真:iStock)

 バレンタインデーは、年に一度だけ、女性から男性に好意を伝えることができるスペシャルなイベントです。この日だけは、たとえ義理チョコを装ってでも、気になる彼にチョコを渡したいと思う女性は多いもの。

 たとえば同じ会社や同じ学校にいる彼でも、普段はなかなか話す機会がなく、お近づきになれずにいることもあります。そんな時にチョコレートを渡し、その中に連絡先を書いたカードを付けておくことで、関係が一気に進展する可能性もあるのだから、この日を楽しみにしていた人も多いでしょう。

 けれど、今年は感染症が流行しているため、リモート勤務や分散登校になってしまって彼に会えないという人も出てきました。中には「お目当ての彼が勤めるバーが休業してしまって会えない」という人もいます。

LINEでチョコを贈る

LINEギフトを活用してみよう(写真:iStock)
LINEギフトを活用してみよう (写真:iStock)

 そんな時のウルトラC的手段として、LINEでチョコを贈るという方法があります。LINEにはギフト機能があり、そこをクリックすると、相手にプレゼントを贈ることができるのです。もちろんバレンタインの時期にはチョコレートもあります。

 配送で届けられる本格ギフトもありますが、LINEギフトの手軽なところは、デジタルギフトカードを送信できるということ。たとえばゴディバやスターバックスのカードを贈れば、相手はショップで好きなものを選ぶことができるのです。

 そしてこのギフトカードを贈ると、相手からはかなり喜ばれます。「こんなギフトもらったの初めて!」「使いこなしてるね!」などと言われたり、ショップに行った時に「ありがたくいただきました」などと画像付きメッセージが届いたりと会話も弾むようになるのです。

デジタルギフトから生まれる恋のチャンス

SNSやメアドだけでもギフトを贈れちゃうんです(写真:iStock)
SNSやメアドだけでもギフトを贈れちゃうんです (写真:iStock)

 彼とあまり親しくないので、LINEもわからない、という人もいるかもしれません。でもまだあきらめるのは早いです。もし彼のSNSやメールアドレスを知っているのなら、メッセージでギフトを贈ることができるからです。

 たとえばgifteeというサービスだと、ギフトコードだけを相手に伝えるだけで、相手はデジタルギフトカードを受け取ることができます。もちろん、ゴディバもスターバックスもあるので楽しんでもらえることでしょう。以前受け取った名刺にこうしたギフトを送信することで恋のチャンスが生まれるかもしれません。

後日に渡してもOK

感染が落ち着いてから渡すのも◎(写真:iStock)
感染が落ち着いてから渡すのも◎ (写真:iStock)

 ではLINEもメールも知らないのにどうやって渡したらいいの? という女性は、どうしたらいいのでしょうか。そうなると、リモートでチョコを渡すということは、残念ながらかなり難しいでしょう。

 でも、そこであきらめてしまうのはとてももったいないことです。その時は、おとなしく感染症の流行が落ち着くのを待ちましょう。きっといつかはまた彼と直接顔を合わせることができるはず。そう信じて女磨きしながら待つしかないのです。

 そしていつの日か、多分そう遠くない時に彼と再会した際、チョコレートを渡しましょう。バレンタイン当日じゃなきゃ恋の魔法をかけられないなんてことはありません。「少し渡すのが遅れてしまったけれど」と前置きをすれば、彼もわかってくれるはずです。

大事なのはアフターバレンタイン

バレンタインはきっかけ! 努力あるのみ♡(写真:iStock)
バレンタインはきっかけ! 努力あるのみ♡ (写真:iStock)

 そして、チョコを渡したことは、ゴールではなくスタートです。大事なのはアフターバレンタイン。彼と少しずつでも仲を縮めていく工夫が必要なのです。わりと多くの女性が「チョコを渡したんだからあとは彼が誘ってくれるはず」と考えていますが、できれば自分からも彼に話しかけるなり挨拶するなりしてみましょう。

 もうチョコを渡したことだし、彼にはしっかり「チョコをくれた人」「もしかしたら僕のことを好きなのかもしれない」と認知されていることでしょう。だとしたら彼の期待に応えるように、目が合ったらにっこり微笑むなど、さりげなく彼にサインを送りましょう。彼が近寄りやすく感じるよう振る舞うことが、二人の距離を縮めるのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ