「カレーの聖地」神保町で極上カレーランチ 2022.2.17(木)

コクハク編集部
更新日:2022-02-17 06:00
投稿日:2022-02-17 06:00
 近年じわじわと人気を集めている「南インド料理」。筆者も大好きです。
 こっくりとしたカレーをナンで食べるおなじみの北インドスタイルとは異なり、南インド料理はスープタイプのカレーをお米でいただくのが主流。さっぱりとヘルシーでありながら、スパイス使いが独特でクセになるんですよねー。

「バンゲラズキッチン神保町」に突撃!

ライトも素敵♡(C)コクハク
ライトも素敵♡ (C)コクハク

 今回ランチでお邪魔したのは、南インドでも、さらにディープなマンガロール地方の料理を提供する「バンゲラズキッチン神保町店」。

 オフィス街にありながら、木々に囲まれていて、隠れ家感があります。

 店内もまるで森の中みたい。緑あふれるトロピカルな感じでかわいい!

小さなお皿がいっぱい!「バンゲラズセット」の愛らしさよ

「バンゲラズセット」でーす(C)コクハク
「バンゲラズセット」でーす (C)コクハク

 メニューと睨めっこしつつ、「バンゲラズセット」(税込1350円)をチョイス。カレーを2種類選べるとのことだったので、「ココナッツチキンカレー」と「ホウレンソウキーマカレー」を選びました。

 そのほか、サラダ、サール(南インドのスープ)、サンダル(南インドの野菜と豆のスープカレー)、デザートがついてきます。

 南インドカレーは、こうした複数のカレーと副菜で構成された定食スタイルが基本。一般的に「ミールス」と呼ばれています。少しずついろんな味が楽しめるのが食いしん坊にはうれしいところ。小皿がいっぱいなのも、なんだかおままごとみたいで、ほっこりします。

南の海が見えちゃう「ココナッツチキンカレー」

ココナッツの風味でバカンス気分(C)コクハク
ココナッツの風味でバカンス気分 (C)コクハク

 では、いただきます。まずは「ココナッツチキンカレー」をば。

 ウルドゥドーサという、豆とお米のパンケーキにつけていただきます。このウルドゥドーサ、モッチモチですごくおいしいんですよ。ぶっちゃけ、ナンより好きです。油っぽくないところがさらにGood!

 さてさて、肝心のカレーですが、ココナッツの風味が濃厚! 食べた瞬間、ヤシの木が見えましたよ。THE南国の味。脳内が秒でバカンス仕様になります。

 かなりしっかりとした味わいなのに、舌触りは軽くサラサラとした感じ。程よい酸味と辛味が口の中いっぱいに広がり、幸せな気持ちに。ああ、なんだか南の国の青い海も見えてきた気がするよ……。

ポカポカじんわり「ホウレンソウキーマカレー」

辛くない、けど汗が出る!(C)コクハク
辛くない、けど汗が出る! (C)コクハク

 続けて「ホウレンソウのカレー」を。パパドと呼ばれる豆のおせんべいを砕いてお米と一緒にいただきます。

 このカレーもまた、スパイス感が絶妙です。決して辛くはないのですが、食べ進めるうちに額に汗が浮かんできます。お腹の底から、指先までじんわりと温かくなる感じ。真冬にピッタリです。

さわやかピクルスの実力に惚れ惚れ

ピクルスが有能すぎて惚れる(C)コクハク
ピクルスが有能すぎて惚れる (C)コクハク

 おススメしたいのが、テーブルに備え付けられているピクルス。ぱっと見、かなりの赤さですよね。もしや激辛なのでは? と身構えましたが、これがまた絶品。一舐めしただけで、抜群の清涼感が突き抜けます。複雑に絡み合うスパイスの風味をレモンの酸味がまとめていて、実にさわやか。さながら、南国のビーチに吹く一陣の風ですな。

 この日はアルコール類を頼まなかったのですが、間違いなくお酒に合うやつですわ。むしろ無限に飲める予感しかしない。

 今度はぜひマンガロール料理の神髄である魚を使ったメニューも食べてみたい! なんなら現地に行ってみたい!

 都心にいながらバカンス気分を味わえる「バンゲラズキッチン神保町店」おススメです!

「バンゲラズキッチン神保町店」
address:東京都千代田区神田錦町3丁目22 Terrace Square 1F


(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...