「ペヤング獄激辛カレー」を食べてみた 2021.4.10(土)

コクハク編集部
更新日:2021-04-10 06:00
投稿日:2021-04-10 06:00
 今年の1月にまるか食品から“獄激辛シリーズ第2弾”として発売されて以来、SNSやYouTubeを賑わせている激辛のペヤング「ペヤング獄激辛カレーやきそば」。偶然、近所のコンビニで発見したので、辛い物好きの「コクハク」編集部員が挑戦&実食ルポします!

「獄激辛ペースト」が有能すぎる

獄激辛ペースト、いい仕事しやがるぜ…
獄激辛ペースト、いい仕事しやがるぜ…

 こちら、「ペヤング獄激辛カレーやきそば」のキモ。「獄激辛ペースト」でございます。

 黄色×黒の色調が危険度を物語っています。恐る恐る開けてみると、あれ?匂いはそんなにありません。カレーの香りがほんのりと。もしかして、楽勝なんじゃね?

 まずは一口、いただきます。

 ああ、懐かしいペヤングの味がする。そうだよ、この味だよ。子供のころ土曜のお昼にペヤングが出るとさ、うれしかったなあ。家で作る焼きそばにはない、ソースの甘しょっぱさがさ……。あれ、なんかちょっと辛い?いや、ちょっと待って、なんか辛いよ。っていうか、辛っ!!辛っ!!

 久々のペヤングにうっかり回想シーンに入りかけた私を、注意書きにもあった「辛み」が思い切り現実に引き戻してくれました。あとから、唐辛子が来る!!鬼の形相で追っかけてくる!!なにこの鬼ごっこ。

 一口目からがっつりやられました。ほんと、一瞬いつものペヤングなんです。それから、唐辛子の辛さがガツンと来ます。ガツンと来る割には、ペヤングの世界観を壊していない事に感動しました。

 ただの辛い焼きそばじゃない。ちゃんと「辛いペヤング」なんです。すごいよ、ペヤングの包容力。こんな女に私はなりたい。

パッケージの圧よ

目つき悪いよ、お兄さん!(C)コクハク
目つき悪いよ、お兄さん! (C)コクハク

 そもそも、パッケージがすでに怖い。いかつい目つきのターバン姿の兄さんに、まがまがしい感じの「獄激辛カレー」の文字。さらには、

泣けるほど辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の喫食には十分ご注意ください。

 の注意書きまで。なにそれ、怖い。

辛い物→水は逆効果

猫も遠くから見守っています(C)コクハク
猫も遠くから見守っています (C)コクハク

「泣けるほど」の文言にすっかりおじけづいた私が用意したのはこちら。

 辛ければ水を飲めばいいじゃないと長年思っていましたが、実は逆効果なのだとか。唐辛子系に含まれるカプサイシンは水に溶けにくい性質があるため、口の中に辛さが広がってしまうのだそう。知らなかった……。

 おすすめは、乳製品。乳製品に含まれるタンパク質「カゼイン」には、口の中の神経を刺激するカプサイシンの働きを止めてくれるのだそうです。頼りにしてまっせ。

 そして焼きそばにはつきもののマヨネーズ。普段はカロリーが気になるので控えているのですが、決戦を前にしては背に腹は代えられません。

 さらにキャベツとキノコも“援軍”に加えました。野菜の水分で辛みを和らげようという作戦です。

お助けアイテムの力を借りる

野菜も取れて一石二鳥(C)コクハク
野菜も取れて一石二鳥 (C)コクハク

 それでも……!食べ進めるうちに、顔中から汗が吹き出します。舌もびりびりしてきたよ。なんかもう空気が熱い。呼吸するたびに強烈な辛さが襲ってきます。舌が、舌が痛いよ(笑)!

 ヘルプなしでは完食はムリだろうと、3分の1くらい食べたところで例の“援軍”を投入。キャベツとキノコとマヨネーズをトッピングしました。これでぐっと味がマイルドに。た、助かった(笑)!楽勝なんて思ってしまってごめんなさい。めっちゃ辛いやん。

さっそく豆知識を使ってみる

優しさに溺れてしまう(C)コクハク
優しさに溺れてしまう (C)コクハク

 ゲットしたばかりの豆知識「辛い物には乳製品」にのっとって、飲むヨーグルトも追加します。

 立て続けに2杯飲み干して、舌のほてりを鎮火させます。ああ、ほんのり優しい甘さが染みる……。

 それでもまだ舌が、喉がヒリヒリするよ。恐るべし獄激辛ペースト。

でも完食!ごちそうさまでした

汗だくになりながらも完食(C)コクハク
汗だくになりながらも完食 (C)コクハク

 辛い物耐性はあるほうだと自負していましたが、想像以上の辛さでした。

 ただ、カレーというよりも、唐辛子のほうが際立っているように感じました。個人的にはもっとスパイスを効かせた商品も食べてみたいです。唐辛子さえ包み込んでしまう、ペヤングの限界を私は知りたい。

 まるか食品さん、獄激辛シリーズ第3弾、お待ちしております!

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
「納豆工房 せんだい屋」で納豆愛に溺れる 2021.7.9(金)
 納豆が好きです。かれこれ3年くらい毎朝納豆を食べています。たいていの不調は納豆を食べておけば何とかなる! と思っていま...
「つぶ貝 酒盗和え」スーパーのつぶ貝にひと手間加えるだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
目玉焼きが簡単に驚くほどおいしくなる魔法!2021.7.8(木)
 目玉焼き。それは卵を割って焼くだけという実にシンプルなお料理ですが、何個、何十個、何百個、何万個(!)と焼いても「これ...
材料は2つだけ!「セロリゆかり漬け」セロリ漬けの新定番に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...