ご当地スイーツ青森編♡ お手頃価格でネットでも買える3品!

コクハク編集部
更新日:2022-02-08 06:00
投稿日:2022-02-08 06:00
 青森を代表するご当地スイーツといえば、ラグノオの「パティシエのりんごスティック」や「気になるりんご」がチョー有名ですが、今回はちょびっとだけ“ツウ”な感じで、お酒にも合う3品をご紹介します。ネットでも購入できますよ。

1. ひとくちせんべい(東北みやげ煎餅)

スクエア型のひと口サイズがグー(C)コクハク
スクエア型のひと口サイズがグー (C)コクハク

 青森市と弘前市内のセブンイレブンで発見しました(21年12月時点)。ごまとピーナッツ。いずれも1袋130円(税込み・以下同)というお手軽価格で、食べ切りサイズ。郷土料理の居酒屋でお腹と心を満たし、ホテルに戻る前に“追いビール”とともに購入したのですが、これがまた、おつまみとしても威力を発揮する優秀なスイーツで(もちろん、コーヒーや紅茶などのお茶請けにも間違いなく合う!)。

 マーガリンを使っているので、ちょっぴりリッチな味わいです。せんべいというよりクッキーに近いでしょうか。スーパーではよりお得な大袋でも売られていましたが、プチ土産(バラマキ用)や食べ過ぎが心配なら(苦笑)、写真のサイズ(内容量69グラム)がベストですね。

 ちなみに「どちらか1種類を選ぶなら?」と聞かれたら、「ごま!」と即答します。ええ、ごま好きなんです。ごまラバーも満足するぐらい、ごまの風味が口中に広がりますので、幸福ならぬ口福なひと時をお約束(?)いたします。

2. 手焼きピスタチオせんべい(小山せんべい)

1袋8枚入りで1155円。持ち運ぶ際は割れないように注意を!(C)コクハク
1袋8枚入りで1155円。持ち運ぶ際は割れないように注意を! (C)コクハク

 母親が無類の南部せんべい好きなんです。仙台(岩手)のお土産なんぞは間違いなく南部せんべい。「〇〇はピーナッツがたっぷり」「生地は△△が香ばしい」などとメーカーごとに好みはあるようですが、“南部せんべい一択”であれこれ考える必要もないのでラクといえばラク。でもって、このたび、青森も“南部せんべい一択”でいいのだと知った次第です。

 青森の南部せんべいの中でも、小山せんべいは職人さんが一枚一枚丁寧に焼き上げる手焼きスタイルにこだわっていて、クオリティーの高さは織り込み済み。筆者が訪れた「道の駅なみおか アップルヒル」(弘前市)の店舗では実演販売していました。職人さんが作っている様子を見ながら、ああでもない、こうでもないと選ぶ楽しさはまた格別ですね。

ゴロゴロ入ってるのです。ビールだよね~(C)コクハク
ゴロゴロ入ってるのです。ビールだよね~ (C)コクハク

 ド定番の「豆(落花生)」に、「アーモンド」、「ピーカンナッツ」といった“変わり種”もあるのですが、「ピスタチオ」はどうでしょう。ピスタチオグリーンの見た目、ねっとりとした食感、それに独特の風味とコク……。小麦の清らかな味が引き立つ生地とトッピングのバランスも絶妙! 南部せんべいに一家言ある母親も大絶賛でした。

3. 林檎街道あっぷるぱい(かさい製菓)

某有名製パンメーカーのりんごのケーキに似てるかも?(C)コクハク
某有名製パンメーカーのりんごのケーキに似てるかも? (C)コクハク

 現地で購入するのは3商品の中で一番ハードルが高いかもしれません。販売店・個数ともに限られるからですが、それでも、老舗製菓店・かさい製菓の定番アップルパイは、一食の価値、大アリです。

 レーズンとくるみが入ったりんごのプレザーブとカステラをパイ生地でサンドした食べ応えたっぷりの1本で、パイというより、アップルケーキといった趣き。イマドキではレアな甘さ控えめとは言い難いアップルパイなんですが、ひつこいわけではなく、上品な甘さです。

 食後のデザートとして、ハイボール片手にパクッ♡ もちろん、果物つながりでワインも合いますが、ここはひとつ、ガツンとハイボールで。開封後は冷蔵庫で保存し、ちょこちょこ切り分けながら楽しんだのですが、冷えたままでもいいですし、レンジで軽く温めても美味でした。

  ◇  ◇  ◇

 青森・弘前市内で食べたアップルパイ、都内でも買える大鰐温泉もやしをご紹介しましたが、極めつきは、今回の青森のお土産スイーツ。調べてみたら、いずれもオンラインで購入可能でした。便利な世の中ですね(しみじみ)。よろしければ、お試しください。

(編集O)

「東北みやげ煎餅」→HP

「小山せんべい」→HP

「かさい製菓」→HP

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...