婚活女子の“落し穴” これが婚期を逃す「女子力」の上げ方

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-03-26 06:00
投稿日:2019-03-26 06:00
 結婚につながる恋コラム第2回は、付き合いたい男性をゲット出来ている女性と婚活が長引く女性の「女子力」の上げ方の違いについてお伝えします。

女子力のため頑張っている人は多いけど…

「女子力」ってなんだろう?(写真:iStock)
「女子力」ってなんだろう? (写真:iStock)

 いつの頃からか定着した「女子力」という言葉。皆さんはどんな形で女子力を上げていますか?

 インスタグラムが流行してからは、“インスタ映え”をする飲食店での素敵な写真やヨガ教室、お花の教室など、なんとなく想像してみると、女子が素敵だと感じる女子になるために頑張っている人が多いような気がします。

男性が求めているのは心落ち着く手料理

お料理教室に行く心掛けはいいけれど(写真:iStock)
お料理教室に行く心掛けはいいけれど (写真:iStock)

 とくに、婚活をこじらせる女性で間違った女子力を上げている例としてよく目にするのは、お料理教室に通っている女性。

「早織さん、私、お料理教室に行ってます!」と見せられた写真は、完璧にコーディネートされたテーブルにシャンパングラスが並び、でっかいお皿に一口で食べ終わりそうな料理。

 セレブ感のある習い事をチョイスする女性の求める男性は、きっと年収の高い高年収男子なのでしょう。

 しかし、男性からすると“パンはパン屋で買ってこい”です。家でこんな洒落た料理は落ち着きません。

 男性が欲しいのは、ホッと癒される味噌汁、スタミナ満点のモリモリの生姜焼き、美味しい白米!!!

 これなのです。

 相手が求めていない“自己満女子力”を磨き続け、「私は頑張ってるから」と理想はどんどん高くなり、気がつけば市場価値だけが落ちていく……そんな女性にはなってほしくない。

 私は婚活女子にそう伝え続けています。

その時間とお金の使い方は効果的?

あなたにとって最高の男性を見つけることが大切(写真:iStock)
あなたにとって最高の男性を見つけることが大切 (写真:iStock)

 さらに、頑張って習いごとや資格を取り続ける女性。

「女子力を上げるためにこんなに努力しているし、絶対にいい男性が現れて私を連れ去ってくれるはず!」

 という根拠のない理屈で自らの価値を高く設定し、相手にも高いスペックを求めがちです。

 そうなんです。あなたの学んでる女子力は、実はあなたの自己満女子力。男性が求めているものではないのです。ぜひ一度、女子力の上げ方を見直しましょう。

 マツエクをつけすぎていませんか?

 ネイルはゴテゴテの派手派手ではありませんか?

 ブランドの紙袋をインスタにあげてませんか?

 見た目も中身も素敵なはずなのに、頑張りすぎて台無しになっている人もいるのです。周りがうらやむ素敵な男性を見つけるのではなく、あなたにとって最高の男性を旦那様にしましょう。

 幸せな結婚生活をゲットしたいなら、自分らしくいられる人と一緒に、2人の価値観を作っていくこと。それこそ、結婚にとても大切なことだと私は感じています。

 自己満女子力は婚活の落とし穴。

 今、あなたが使っている時間とお金の使い方は本当に効果的ですか?

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ