婚活女子の“落し穴” これが婚期を逃す「女子力」の上げ方

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-03-26 06:00
投稿日:2019-03-26 06:00
 結婚につながる恋コラム第2回は、付き合いたい男性をゲット出来ている女性と婚活が長引く女性の「女子力」の上げ方の違いについてお伝えします。

女子力のため頑張っている人は多いけど…

「女子力」ってなんだろう?(写真:iStock)
「女子力」ってなんだろう? (写真:iStock)

 いつの頃からか定着した「女子力」という言葉。皆さんはどんな形で女子力を上げていますか?

 インスタグラムが流行してからは、“インスタ映え”をする飲食店での素敵な写真やヨガ教室、お花の教室など、なんとなく想像してみると、女子が素敵だと感じる女子になるために頑張っている人が多いような気がします。

男性が求めているのは心落ち着く手料理

お料理教室に行く心掛けはいいけれど(写真:iStock)
お料理教室に行く心掛けはいいけれど (写真:iStock)

 とくに、婚活をこじらせる女性で間違った女子力を上げている例としてよく目にするのは、お料理教室に通っている女性。

「早織さん、私、お料理教室に行ってます!」と見せられた写真は、完璧にコーディネートされたテーブルにシャンパングラスが並び、でっかいお皿に一口で食べ終わりそうな料理。

 セレブ感のある習い事をチョイスする女性の求める男性は、きっと年収の高い高年収男子なのでしょう。

 しかし、男性からすると“パンはパン屋で買ってこい”です。家でこんな洒落た料理は落ち着きません。

 男性が欲しいのは、ホッと癒される味噌汁、スタミナ満点のモリモリの生姜焼き、美味しい白米!!!

 これなのです。

 相手が求めていない“自己満女子力”を磨き続け、「私は頑張ってるから」と理想はどんどん高くなり、気がつけば市場価値だけが落ちていく……そんな女性にはなってほしくない。

 私は婚活女子にそう伝え続けています。

その時間とお金の使い方は効果的?

あなたにとって最高の男性を見つけることが大切(写真:iStock)
あなたにとって最高の男性を見つけることが大切 (写真:iStock)

 さらに、頑張って習いごとや資格を取り続ける女性。

「女子力を上げるためにこんなに努力しているし、絶対にいい男性が現れて私を連れ去ってくれるはず!」

 という根拠のない理屈で自らの価値を高く設定し、相手にも高いスペックを求めがちです。

 そうなんです。あなたの学んでる女子力は、実はあなたの自己満女子力。男性が求めているものではないのです。ぜひ一度、女子力の上げ方を見直しましょう。

 マツエクをつけすぎていませんか?

 ネイルはゴテゴテの派手派手ではありませんか?

 ブランドの紙袋をインスタにあげてませんか?

 見た目も中身も素敵なはずなのに、頑張りすぎて台無しになっている人もいるのです。周りがうらやむ素敵な男性を見つけるのではなく、あなたにとって最高の男性を旦那様にしましょう。

 幸せな結婚生活をゲットしたいなら、自分らしくいられる人と一緒に、2人の価値観を作っていくこと。それこそ、結婚にとても大切なことだと私は感じています。

 自己満女子力は婚活の落とし穴。

 今、あなたが使っている時間とお金の使い方は本当に効果的ですか?

山本早織
記事一覧
結婚につながる恋のコンサル
16歳で芸能デビュー。ヤングジャンプやマガジンなどの雑誌やドラマや舞台で活動後、24歳で引退。フラワーデザイナーとして独立し、スクールで恋愛アドバイスをしていたところ、生徒10名を結婚へ導いた。現在は結婚相談所事業と仲人BARを運営し、婚活男女を結婚へ導いている。https://saoriyamamoto.com

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ