婚活女子の“落し穴” これが婚期を逃す「女子力」の上げ方

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-03-26 06:00
投稿日:2019-03-26 06:00
 結婚につながる恋コラム第2回は、付き合いたい男性をゲット出来ている女性と婚活が長引く女性の「女子力」の上げ方の違いについてお伝えします。

女子力のため頑張っている人は多いけど…

「女子力」ってなんだろう?(写真:iStock)
「女子力」ってなんだろう? (写真:iStock)

 いつの頃からか定着した「女子力」という言葉。皆さんはどんな形で女子力を上げていますか?

 インスタグラムが流行してからは、“インスタ映え”をする飲食店での素敵な写真やヨガ教室、お花の教室など、なんとなく想像してみると、女子が素敵だと感じる女子になるために頑張っている人が多いような気がします。

男性が求めているのは心落ち着く手料理

お料理教室に行く心掛けはいいけれど(写真:iStock)
お料理教室に行く心掛けはいいけれど (写真:iStock)

 とくに、婚活をこじらせる女性で間違った女子力を上げている例としてよく目にするのは、お料理教室に通っている女性。

「早織さん、私、お料理教室に行ってます!」と見せられた写真は、完璧にコーディネートされたテーブルにシャンパングラスが並び、でっかいお皿に一口で食べ終わりそうな料理。

 セレブ感のある習い事をチョイスする女性の求める男性は、きっと年収の高い高年収男子なのでしょう。

 しかし、男性からすると“パンはパン屋で買ってこい”です。家でこんな洒落た料理は落ち着きません。

 男性が欲しいのは、ホッと癒される味噌汁、スタミナ満点のモリモリの生姜焼き、美味しい白米!!!

 これなのです。

 相手が求めていない“自己満女子力”を磨き続け、「私は頑張ってるから」と理想はどんどん高くなり、気がつけば市場価値だけが落ちていく……そんな女性にはなってほしくない。

 私は婚活女子にそう伝え続けています。

その時間とお金の使い方は効果的?

あなたにとって最高の男性を見つけることが大切(写真:iStock)
あなたにとって最高の男性を見つけることが大切 (写真:iStock)

 さらに、頑張って習いごとや資格を取り続ける女性。

「女子力を上げるためにこんなに努力しているし、絶対にいい男性が現れて私を連れ去ってくれるはず!」

 という根拠のない理屈で自らの価値を高く設定し、相手にも高いスペックを求めがちです。

 そうなんです。あなたの学んでる女子力は、実はあなたの自己満女子力。男性が求めているものではないのです。ぜひ一度、女子力の上げ方を見直しましょう。

 マツエクをつけすぎていませんか?

 ネイルはゴテゴテの派手派手ではありませんか?

 ブランドの紙袋をインスタにあげてませんか?

 見た目も中身も素敵なはずなのに、頑張りすぎて台無しになっている人もいるのです。周りがうらやむ素敵な男性を見つけるのではなく、あなたにとって最高の男性を旦那様にしましょう。

 幸せな結婚生活をゲットしたいなら、自分らしくいられる人と一緒に、2人の価値観を作っていくこと。それこそ、結婚にとても大切なことだと私は感じています。

 自己満女子力は婚活の落とし穴。

 今、あなたが使っている時間とお金の使い方は本当に効果的ですか?

ラブ 新着一覧


FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:16 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:17 ラブ
FILM
 離婚で陥りがちな最も怖いことってなんだと思いますか? 経済不安? 世間体? 色々あるとは思いますが、何年も苦しむような...
七味さや 2020-10-16 06:00 ラブ
FILM
「最近、彼の様子がおかしい」と感じても、浮気かどうかを判断する明確な定義はないので難しいですよね。実際、男女で浮気のボー...
恋バナ調査隊 2020-10-16 06:00 ラブ