男性の脳を刺激 “香りマーケティング”は恋愛でも使えます

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-03-25 07:40
投稿日:2019-03-12 06:00
 結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。第1回目の「結婚につながる恋コラム」では、五感で男性を刺激する、最も効果的にあなたの印象を脳に焼き付ける方法をお伝えします。

「嗅覚」にアプローチ、脳に直接信号を

GINZA SIXの路面店は全て店内の香りが違う(写真:iStock)
GINZA SIXの路面店は全て店内の香りが違う (写真:iStock)

 五感の中で脳に直接信号を送れるのは「嗅覚」です。

 高級なお店やホテルなどでは、そのお店の印象を残し、香りだけで思い出してもらえるよう、店舗独自の香りをつけています。

 例えば、GINZA SIXに入っている路面店は全てお店の香りが違います。

 とくに私が印象的だと感じるのは、ヴァレンティノ。外までヴァレンティノの香りが漂っていて、店舗へと誘ってくれます。

 ホテルでは新宿のヒルトンのロビーの香りはとても大好きな香りです。

 こうして、マーケティング手法でも利用される香りは、それだけ強くその香りと思い出などを結びつけてくれます。

会った時の香りを感じると思い出す

シャンプーの香りを嗅ぐと…(写真:iStock)
シャンプーの香りを嗅ぐと… (写真:iStock)

 20代前半の無邪気なころ、ロングヘアーだった私は、その時少し気になっていた男性とドライブへ出かけました。

 海沿いを走った時に、なんとなく海を見ようと窓を開けたところ、私の髪についたシャンプーの香りが運転席の彼に届いたようです。

 その時は恥ずかしくて言えなかったと、のちに話してくれましたが、それ以降、そのシャンプーの香りを嗅ぐと、あの時の私を思い出すとのことでした。

 今でも人と会う際は髪に香りをつけて出かけるようにしています。私と会った時に感じた香りをふとした時に感じると、その時、きっと私を思い出すからです。

 そして、私は名刺にも香りをつけています。お渡しすると、その香りに、男女共に「女子力高いー」っとコメントを下さいます。

 香りにまで気を使っている!と印象がつくと、無条件に女性らしさや色気を感じさせられるようです。

 ぜひとも皆さんも男性とのデート前はお気に入りの香りで相手の脳へ、香りマーケティングを仕掛けましょう。

男性はナチュラルな香りが好み

香水はあまり強すぎないものをチョイス(写真:iStock)
香水はあまり強すぎないものをチョイス (写真:iStock)

 しかし、選び方を間違えると、悪いイメージをつけてしまうので要注意!

 できれば、ナチュラルな香りがおススメなので、シャンプーやボディークリームなどがベストですが、それではすぐに香りは消えてしまうので、

 香水の中でもあまり強すぎないものをチョイスしましょう。

 個人的には、TOCCAの香水やボディークリームは今まで使った中で男性ウケも女性ウケも抜群。

 一度のデートで記憶に残る女になるために、嗅覚へのアプローチはマストですね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ