花麦は春の富と希望の縁起物!踏まれて育つ逆境こそ強さの源

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-02-23 06:00
投稿日:2022-02-23 06:00

猫店長さぶが大興奮する季節がやって来た!

今回は「花麦」のお話です(写真:iStock)
今回は「花麦」のお話です (写真:iStock)

 なぜか猫が店長の我がお花屋さん。猫とはいえ、なんだかんだで植物好きの猫店長「さぶ」ではございますが、お花屋さんで扱う商材は農薬も含め、猫にとっては「毒」も案外多いのは、否めない現実でございます。

 そんな“植物好き猫店長”の御身を守るため、ワタクシも含め平社員である人間どもは、常に細心の注意をはらって目を光らせているのでございますが、そんな人間どもの所業を鼻で笑うかのように、猫店長「さぶ」のご乱心行為が頻繁に行われる季節がやってまいりました。

 猫店長「さぶ」は春になくてはならない「ある植物」の入荷を見つけた途端、スイッチが入って突進。“猫パンチ&噛みつき”行為で「ある植物」をバケツごとなぎ倒してしまうので、そうならないための闘いに結構な知恵と技が必要なのでございます。

 猫店長「さぶ」が好き過ぎる春には欠かせない「ある植物」といかに……。今回は「踏まれても踏まれても、強くなれ! 花麦」の解説でございます。

花麦ってなんですか

噛みつきたいのをガマンするのも必死や! byさぶ店長
噛みつきたいのをガマンするのも必死や! byさぶ店長

花麦(はなむぎ)」とは、食用ではなく観賞用に栽培されている大麦のことで、清々しいグリーンの穂でピカピカな生命力を感じる春の人気花材でございます。

「大麦を飾るの?」とビックリしちゃうアナタのお気持ちもわかりますが、春を彩るフラワーアレンジメントや生け花などに使用される方が多く、なかなかの人気者なのでございますのよ。

 実は「花麦」という特定品種の名前は存在いたしません。もとを辿れば聞きなれた品種の「六条大麦」や「二条大麦」などの中から美しい穂や葉の系統を選抜した、穂が出たばかりの大麦のこと。食用大麦の収穫シーズンは5~6月ですが、早ければ12月~4月上旬が花麦のシーズンです。

 花麦と呼ぶにふさわしい、ピーンと勢いよく伸びた「禾(芒)のぎ」と呼ばれる穂先は華やかさだけでなく、ムクムクと新しい命や芽吹きも連想させ、見ているだけでワクワクしてまいります。

 どんな花材とも相性が良く、なおかつ、さりげない自己主張で仲間を引き立て、名脇役と呼ぶにふさわしい花麦を見ていると「あー春だわ!」と思わず叫んでしまうワタクシでございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...