シンママは外出したらダメ?母の「独身なんだから」に苦笑い

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2022-02-23 05:21
投稿日:2022-02-22 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

我が子を預けて外出する時の話

我が子を預けて外出って難しい…(イラスト:こばやしまー)
我が子を預けて外出って難しい… (イラスト:こばやしまー)

 離婚前のこと。仕事の打ち合わせや付き合いなどで、元夫に息子を頼んで外出する機会が稀にありました。そんな時には、数日前からタイミングを見計らい、出かける理由や内容を事細かに伝えて許可を取り、当日はケチをつけられないように家事を完璧に終わらせて出かけたものです。

 四六時中ずっと一緒にいる息子を置いて出かけてくると、なんだか忘れ物をしてきた気持ちになります。でも、その反面、背中に羽が生えたような自由な気持ちになり、「妊娠前はこんな日常を送っていたんだな」と、懐かしさを感じたりしました。

 しかし、そんな自由な時間を過ごしている時に限って、「泣きやまない」「ご飯を食べない」「言うことを聞かない」「寝ない」など、必ず元夫から連絡が来ます。「すぐに帰れないんだから、どうしてもじゃない時は連絡しないでよ……」と思いつつも、息子を頼んで出かけている以上、あまり強くは言えません。(そもそも、“頼む”と思っていたこと自体、今、考えるとどこかおかしいのかもしれませんね)

 常に連絡を気にしながらの外出は、正直、落ち着きません。背中の羽は着信があるたび重くなり、寂しがっている息子の顔が浮かんでしまい、予定を早く切り上げて帰り道を急ぐこともありました。

 こんな「我が子を預けて外出する時の話」をママ友たちに話すと、「わかる!」のオンパレード。これは、よくある「育児あるある」かもしれません。

「ママなのに」「ママなんだから」

パパは、家を一歩出たら自由(写真:iStock)
パパは、家を一歩出たら自由 (写真:iStock)

 普通に外出するだけでも、「ママなのに」「ママなんだから」と、言われることがあります。「お子さんは今?(どうしているんですか?)」と、聞かれるたび、なんだか悪いことをしているような気持ちになります。

 もちろん、「ママ」として我が子を大切に考えるのは当たり前のこと。でも、仕事に限らず、ママが外出するのはそんなに良くないことなのでしょうか。

「はたして、世の多くのパパたちも同じ気持ちなんだろうか? いや、そうじゃないだろう」というのは、離婚前から思っていたことです。少なくとも「仕事」に行くパパは、家を一歩出たら自由。自分の好きな時間にご飯を食べ、トイレに行き、音楽を聴きながら電車に乗ることができます。そのたびに、我が子の顔が浮かんでいるのでしょうか……きっと、否!!

 特に子供が小さな頃、そんな普通のことができないのが「ママ」です。我が子にとって唯一無二の存在であると自覚しているからこそ、「ただ外出する」ことは、なぜかとてもハードルが高いのです。ましてや「シングルマザー」になると、別の意味でも、より高いハードルが立ちはだかります。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


平均月給11万円!シンママ保険外交員のリアルを知って欲しい
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「食品のまとめ買い」は節約の味方!正しい保存法をおさらい
 長引くコロナ禍で仕事に支障が出てしまい、節約のために自炊をはじめた人は多いようです。確かに、毎日の食費を少しずつでも浮...
あなたは受け恋?追い恋? 5月23日~5月29日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
腹ペコ“たまたま”大集合!にゃんたまを虜にする手作りごはん
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“悩める母の会”で育児の悩みを共有したら… 2022.5.21(土)
 皆さんは子育ての悩みって誰に相談していますか? 保育園の先生やママ友は周りにいるけれど、よく知っている人には逆に話しに...
「ひとしかえして」よく読むとめちゃ怖い!意味深LINE3選
 何気なく送り合っているLINE。でも、もしかしたらそのLINE、よく読んでみるととても怖い意味が隠されているかもしれま...
不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...