ホールケーキとアクセ?女を知らないロクデナシ男にドン引き

涼香 銀座の女
更新日:2022-04-13 17:33
投稿日:2022-03-24 06:00
 涼香(リョウカ)と言います。銀座で長らくお仕事をさせていただいています。といって、接客型のクラブではなく、カウンター越しにお客様と接し、ワインなどをお出しする店を任されています。
「サロン・ド・リョウカ(仮名です)」には本当に様々なお客様がお見えになるのですが、そこで見てきたお客様のお話をしましょう。

嫌われていることに気付かないジコチュー社長

ジコチュー男のプレゼントにドン引き(写真:iStock)
ジコチュー男のプレゼントにドン引き (写真:iStock)

 前回は典型的なジコチュー社長に辟易したことを書きました。静かなお店なのに、盛り上がると声が大きくなる。周りのお客様もドン引きでしたが、私も引いてしまいました。なぜって、この方、毎回、ホールケーキとアクセサリーを買ってくるのです。やんわりお断りしても諦めません。

 裏を返すと、断っているのがわからないから、周囲のことも読めないのです。

 このようなタイプは自分に絶対的な自信を持っているのか、諦めが本当に悪いような……。ほとんどの男性がどこかで「自分はモテる」と思い込んでいるので、断っても、自分が嫌われているとは思わないのです。日程が合わないだけだろうとか勝手に自分に都合よく解釈する人が多いのです。

「あなたを口説くにはどうしたら良いですか」に失笑

ケーキとアクセサリーで喜ぶと思ってる?(写真:iStock)
ケーキとアクセサリーで喜ぶと思ってる? (写真:iStock)

 ジコチュー社長に話を戻しますが、ホールケーキというのも、ジコチューですよね。一人じゃ食べきれませんし、「わあっ!」と、驚かれたいのでしょう。

 女性をステレオタイプで見ているので、平気でアクセサリーも買ってくる。装飾品の好き嫌いなんて、千差万別。よほど親しくなければ買えないものです。それなのに、女性はみんなアクセサリーで喜ぶと勘違いしている。お金持ちを自慢したい部分もあるのでしょう。案の定、このアクセサリーも的外れな趣味でした。

 口説き方も笑ってしまいました。真顔で「あなたを口説くにはどうしたら良いですか」と聞いてくるのです。「あなたが考えてください」としか言えませんよね。

ある日突然、忽然と姿を消したワケ

ロクデナシ男の転落劇(写真:iStock)
ロクデナシ男の転落劇 (写真:iStock)

 でも、そんな方が数カ月後、突然、お見えにならなくなったんです。どうしたのかしら、と思っていたら……なんと、会社で問題を起こしたようで某週刊誌に叩かれているではありませんか。

 やはり、この方、正真正銘の二流ロクデナシ社長だったのです。

 次回に続きます。

【ロクデナシ男のあるあるな口説き方】

1. 持ち帰りにくい物やインパクト重視の手土産を持参してくる
2. 趣味や好みお構いなしでアクセサリー類を購入してくる
3. 強引に口説けば落とせると勘違いしている

涼香
記事一覧
銀座の女
 紆余曲折を経て銀座の高級サロンを任されるようになった金持ち男性ウォッチャー。上品な顔立ち、ジジ殺しの笑顔と褒め言葉、それでいてちょっとあやしい雰囲気に魅せられた年配の会社経営者たちを上手にさばきながら、夜な夜なこっそり観察している。趣味はカフェ巡り。

ラブ 新着一覧


ゾッコンした女は恋愛上級系?それなら…交際戸惑う48歳バツ1男の胸の内
「冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
40代、昔なら“無い男”と告白前旅行はアリ?恋の始め方を見失う45歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
人気の電話占い師は20年前からお見通し 新しい彼氏が最速でできる方法
 恋をすると占い師に頼る女性がかなり多いのではないかと思います。特に梅雨時は、気持ちもじめっとしてしまうのか、思い悩んで...
内藤みか 2024-06-20 06:00 ラブ
略奪婚その後の幸せは確約されていない? 4人の女が直面したリアルな現実
 不倫の末に掴む幸せは、果たして長く続くのでしょうか?  今回は“略奪婚のその後”に迫ります。現在不倫中で、相手と...
恋バナ調査隊 2024-06-19 06:00 ラブ
【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ