もっちもちの長芋ステーキ 2022.3.12(土)

コクハク編集部
更新日:2022-03-12 06:00
投稿日:2022-03-12 06:00
ズボラさんでも大丈夫!(C)コクハク
ズボラさんでも大丈夫! (C)コクハク

「山芋は体にいい」と聞きますが、とろろにするぐらいしか能がなく困っていました。ところがどっこい、そのまま火を通すだけで、とてもおいしくなるんですね! 今回は、長芋の皮を剥いて焼くだけで、もっちもちの食感が味わえる感動レシピをご紹介します。

■材料(2人分)
・長芋 20cmぐらい
・有塩バター 10g
(A)しょうゆ 大さじ2
(A)みりん 大さじ1
(A)酒 大さじ1
(A)砂糖 小さじ2

※フライパンや鉄板の大きさによって、調味料はお好みで調整してください。

作り方

この時期、スーパーでセールされているのを見かけます(C)コクハク
この時期、スーパーでセールされているのを見かけます (C)コクハク

(1)長さ20cm程度の長芋を準備する。

5mm~1cmの幅で切ればOK(C)コクハク
5mm~1cmの幅で切ればOK (C)コクハク

(2)長芋の皮を剥いて、5mm幅に切る。手が痒くなるので、ビニール手袋があれば使いましょう。

輪切りにした長芋を敷き詰める(C)コクハク
輪切りにした長芋を敷き詰める (C)コクハク

(3)フライパンにバターをひいて、焼いていきます。

焼き目の強さはお好みで◎(C)コクハク
焼き目の強さはお好みで◎ (C)コクハク

(4)しっかりと焼き色がついたら、ひっくり返し、片面も同様に焼きます。

跳ねるので蓋を使いましょう(C)コクハク
跳ねるので蓋を使いましょう (C)コクハク

(5)両面に焼き目がついたら、混ぜ合わせた(A)を加えて蓋をします。タレが跳ねるので、気を付けてください。

タレが絡まればOK(C)コクハク
タレが絡まればOK (C)コクハク

(6)そのまま1分ほど蒸し、水分がなくなったら完成です。

まとめ

 おつまみに最高な長芋ステーキが完成しました! ビールはもちろん、 グレープフルーツ味やみかん味など、柑橘系のチューハイによく合います。

 ポイントは、しっかり焼き目をつけること。よく火を通すと、もちもちになるんです。ちなみに軽く炒めるだけだと、シャリシャリとした食感になりますよ。我が家では、おかずにもおつまみにもなる万能レシピとして、よく登場しています。スーパーで安く手に入った時には、ぜひ作ってみてくださいね♪

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...