他人事じゃない…!コロナ離婚に至る5つの原因&防ぐ方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-12 06:00
投稿日:2021-07-12 06:00
 今、世の中の状況は大きく変わってきています。コロナ禍により、仕事や家庭の環境が大きく変わった人も多いでしょう。実は、そんな変化の中にはコロナが原因で離婚した人も少なくありません。そこで今回は、コロナ離婚に至ってしまう原因や、防ぐ方法をご紹介します。「うちは大丈夫!」なんて思っている人も、ぜひチェックしてみてくださいね。

コロナ離婚に至ってしまう5つの原因とは?

手伝ってくれない夫にイライラ(写真:iStock)
手伝ってくれない夫にイライラ (写真:iStock)

 どんなに夫婦仲が良い二人でも、思いがけない原因やきっかけで離婚に至ってしまうことがあります。では、コロナ離婚に至ってしまった夫婦は、どんなことが原因となっているのでしょうか?

1. 一人の時間がなくなった

 コロナになってから、仕事がテレワークになったり、夫婦揃って在宅ワークになったご家庭は多いでしょう。

 実は、そんな仕事環境の変化により、「一人の時間がない」と感じている人が少なくありません。その結果、ストレスが溜まり、ぶつかることが増えた夫婦が多くいます。不満を相手にぶつけ合って収拾がつかなくなり、最終的に離婚という決断を下す人もいます。

2. 家事を手伝ってくれない

 家事分担は、それぞれの家庭によって異なるものです。今までは、なんとか上手にバランスをとっていたご家庭も多いでしょう。

 しかし、コロナ生活になったことで、家事に対する不満が大きくなる人が増えています。お互いが家にいる時間が多くなって家事の量は増えているのに、相手は今まで通りでまったく手伝わないとなると、不満は爆発することになるでしょう。

3. お互いにネガティブ思考になった

 自粛生活になり、「こんなに家で過ごすのははじめて」という人も多いはず。最初のうちは、おうち時間もそれなりに楽しめていたでしょう。

 しかし、自粛期間が長くなればなるほど、不安が大きくなる人も多いでしょう。夫婦揃ってネガティブ思考になって悪いことばかり考え、話し合ううちに離婚話が進んでしまった人もいます。

4. コロナに対する考えの違い

 コロナに対する考え方は人それぞれ。夫婦によっても、大きく変わるでしょう。「感染対策をしっかりしなくちゃ!」と思う人もいれば、「そこまでしなくても大丈夫」と考える人もいます。そんな価値観の違いから、「この人とは、もう一緒にいられない」と、離婚に至るケースもあります。

5. 仕事に対する価値観の違いと経済的困窮

 コロナで仕事に影響が出ても、「力を合わせて頑張ろう!」と思えるのが理想的ではありますが、現実はそうではありません。

 生活に支障が出てきているのに、「コロナだから仕方ない」と簡単に言われ、「生活はどうするの?」とぶつかる夫婦もいます。そんな仕事に対する価値観の違い、経済的困窮が原因となり、「一緒にいる意味がない」と、離婚を選ぶ人もいます。

コロナ離婚を防ぐ5つの方法

お風呂で自分の時間を確保(写真:iStock)
お風呂で自分の時間を確保 (写真:iStock)

 コロナ禍はいつまで続くか分かりません。我慢を続けていて「うちもコロナ離婚に至るかも」と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、コロナ離婚は、意識次第で防ぐことができるはずです。

1. 一人の時間を意識的に作る

 おうち時間が増えたことで、一人の時間がなくなりストレスが溜まっている人も多いでしょう。

 これを回避するためには、意識的に一人時間を作ることが大切。「家が狭いから、一人になることができない」という人も、散歩に出かける、ゆっくりとお風呂に入るなど工夫をすることで、一人の時間を確保できるはずです。

2. コミュニケーションを取る努力をする

 人間関係をうまく維持していくためには、何よりもコミュニケーションが欠かせません。こんな時だからこそ、積極的にコミュニケーションを図ることが大切です。

 日々のちょっとした会話はもちろんですが、「朝ごはんだけは必ず一緒に食べる」など、意識的にコミュニケーションが取れる環境を作ってみても良いかもしれません。

3. 相手に対する感謝の気持ちを忘れない

 夫婦は、いつも一緒にいるのが当たり前の存在。時には、ついつい冷たく当たったり、何でもぶちまけてしまうこともあるでしょう。

 しかし、夫婦であっても「一緒にいるのが当たり前」なんてことはありません。お互いに健康で生きているからこそ、一緒に過ごすことができるのです。相手に対する感謝の気持ちを忘れなければ、お互いに思いやれる関係を作ることができるはずです。

4. イライラしても感情的にならず、言葉を選ぶ

 仲の良い夫婦でも、常に一緒にいるとなると、イライラしたり喧嘩をすることが増えるでしょう。

 しかし、イライラした時、そのまま感情的に言葉をぶつけてしまえば、当然相手だって頭にくるのが当たり前。そこでグッとこらえて言葉を選ぶことができれば、相手の対応だって大きく変わってくるはずです。

5. 不安や心配なことは話して発散する

 自粛生活になり、今まで経験していなかった生活に不安を抱え込んでいる人も多いはず。でも、そんな時こそ夫婦で話しましょう。不安や心配なことも相手に話すことで、楽になったり、改善策が見つかることもありますよ。

コロナに負けず、夫婦関係を維持しよう!

思いやりを忘れずに(写真:iStock)
思いやりを忘れずに (写真:iStock)

 新型コロナウイルスが猛威を振るっている今。「感染しないだろうか?」という根本的な不安はもちろん、夫婦関係に思わぬ亀裂が入っている人もいます。本来であれば、二人だからこそ心強いはずなのに、コロナが原因で離婚するなんて悲しすぎます。

 おうち時間が増えてイライラすることも増えるかもしれませんが、今だからこそお互いに思いやって、このコロナ生活を乗り越えましょう!

ラブ 新着一覧


彼女がほしくなる男性心理!寂しさを感じる時にアプローチを♡
 男性が「彼女がほしい」と思う心理とは、いったいどんなものなのでしょうか? そんな男性の心理や彼女がほしくなるタイミング...
恋バナ調査隊 2021-12-07 06:00 ラブ
夫婦円満なのに離婚するのはなぜ? 4つの原因と回避する方法
 離婚率が増えた昨今、離婚そのものにはさほど驚かなくなりましたが、円満に見えていた夫婦の離婚の報告には驚いてしまう人も多...
恋バナ調査隊 2021-12-07 06:00 ラブ
子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ