他人事じゃない…!コロナ離婚に至る5つの原因&防ぐ方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-12 06:00
投稿日:2021-07-12 06:00
 今、世の中の状況は大きく変わってきています。コロナ禍により、仕事や家庭の環境が大きく変わった人も多いでしょう。実は、そんな変化の中にはコロナが原因で離婚した人も少なくありません。そこで今回は、コロナ離婚に至ってしまう原因や、防ぐ方法をご紹介します。「うちは大丈夫!」なんて思っている人も、ぜひチェックしてみてくださいね。

コロナ離婚に至ってしまう5つの原因とは?

手伝ってくれない夫にイライラ(写真:iStock)
手伝ってくれない夫にイライラ (写真:iStock)

 どんなに夫婦仲が良い二人でも、思いがけない原因やきっかけで離婚に至ってしまうことがあります。では、コロナ離婚に至ってしまった夫婦は、どんなことが原因となっているのでしょうか?

1. 一人の時間がなくなった

 コロナになってから、仕事がテレワークになったり、夫婦揃って在宅ワークになったご家庭は多いでしょう。

 実は、そんな仕事環境の変化により、「一人の時間がない」と感じている人が少なくありません。その結果、ストレスが溜まり、ぶつかることが増えた夫婦が多くいます。不満を相手にぶつけ合って収拾がつかなくなり、最終的に離婚という決断を下す人もいます。

2. 家事を手伝ってくれない

 家事分担は、それぞれの家庭によって異なるものです。今までは、なんとか上手にバランスをとっていたご家庭も多いでしょう。

 しかし、コロナ生活になったことで、家事に対する不満が大きくなる人が増えています。お互いが家にいる時間が多くなって家事の量は増えているのに、相手は今まで通りでまったく手伝わないとなると、不満は爆発することになるでしょう。

3. お互いにネガティブ思考になった

 自粛生活になり、「こんなに家で過ごすのははじめて」という人も多いはず。最初のうちは、おうち時間もそれなりに楽しめていたでしょう。

 しかし、自粛期間が長くなればなるほど、不安が大きくなる人も多いでしょう。夫婦揃ってネガティブ思考になって悪いことばかり考え、話し合ううちに離婚話が進んでしまった人もいます。

4. コロナに対する考えの違い

 コロナに対する考え方は人それぞれ。夫婦によっても、大きく変わるでしょう。「感染対策をしっかりしなくちゃ!」と思う人もいれば、「そこまでしなくても大丈夫」と考える人もいます。そんな価値観の違いから、「この人とは、もう一緒にいられない」と、離婚に至るケースもあります。

5. 仕事に対する価値観の違いと経済的困窮

 コロナで仕事に影響が出ても、「力を合わせて頑張ろう!」と思えるのが理想的ではありますが、現実はそうではありません。

 生活に支障が出てきているのに、「コロナだから仕方ない」と簡単に言われ、「生活はどうするの?」とぶつかる夫婦もいます。そんな仕事に対する価値観の違い、経済的困窮が原因となり、「一緒にいる意味がない」と、離婚を選ぶ人もいます。

コロナ離婚を防ぐ5つの方法

お風呂で自分の時間を確保(写真:iStock)
お風呂で自分の時間を確保 (写真:iStock)

 コロナ禍はいつまで続くか分かりません。我慢を続けていて「うちもコロナ離婚に至るかも」と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、コロナ離婚は、意識次第で防ぐことができるはずです。

1. 一人の時間を意識的に作る

 おうち時間が増えたことで、一人の時間がなくなりストレスが溜まっている人も多いでしょう。

 これを回避するためには、意識的に一人時間を作ることが大切。「家が狭いから、一人になることができない」という人も、散歩に出かける、ゆっくりとお風呂に入るなど工夫をすることで、一人の時間を確保できるはずです。

2. コミュニケーションを取る努力をする

 人間関係をうまく維持していくためには、何よりもコミュニケーションが欠かせません。こんな時だからこそ、積極的にコミュニケーションを図ることが大切です。

 日々のちょっとした会話はもちろんですが、「朝ごはんだけは必ず一緒に食べる」など、意識的にコミュニケーションが取れる環境を作ってみても良いかもしれません。

3. 相手に対する感謝の気持ちを忘れない

 夫婦は、いつも一緒にいるのが当たり前の存在。時には、ついつい冷たく当たったり、何でもぶちまけてしまうこともあるでしょう。

 しかし、夫婦であっても「一緒にいるのが当たり前」なんてことはありません。お互いに健康で生きているからこそ、一緒に過ごすことができるのです。相手に対する感謝の気持ちを忘れなければ、お互いに思いやれる関係を作ることができるはずです。

4. イライラしても感情的にならず、言葉を選ぶ

 仲の良い夫婦でも、常に一緒にいるとなると、イライラしたり喧嘩をすることが増えるでしょう。

 しかし、イライラした時、そのまま感情的に言葉をぶつけてしまえば、当然相手だって頭にくるのが当たり前。そこでグッとこらえて言葉を選ぶことができれば、相手の対応だって大きく変わってくるはずです。

5. 不安や心配なことは話して発散する

 自粛生活になり、今まで経験していなかった生活に不安を抱え込んでいる人も多いはず。でも、そんな時こそ夫婦で話しましょう。不安や心配なことも相手に話すことで、楽になったり、改善策が見つかることもありますよ。

コロナに負けず、夫婦関係を維持しよう!

思いやりを忘れずに(写真:iStock)
思いやりを忘れずに (写真:iStock)

 新型コロナウイルスが猛威を振るっている今。「感染しないだろうか?」という根本的な不安はもちろん、夫婦関係に思わぬ亀裂が入っている人もいます。本来であれば、二人だからこそ心強いはずなのに、コロナが原因で離婚するなんて悲しすぎます。

 おうち時間が増えてイライラすることも増えるかもしれませんが、今だからこそお互いに思いやって、このコロナ生活を乗り越えましょう!

ラブ 新着一覧


「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ