新名所!蔵前神社でミモザ&桜を愛でたら… 2022.3.15(火)

コクハク編集部
更新日:2022-03-15 06:00
投稿日:2022-03-15 06:00

思わず写メしたくなる!

春うらら~(C)コクハク
春うらら~ (C)コクハク

 えー5年以上、界隈に住んでおりますが、知りませんでした……。「蔵前神社」(東京・台東区)のミモザの存在を。

 毎年3月上旬~中旬にかけて、小ぢんまりとした境内には、ミモザと桜と椿が咲き乱れ、知る人ぞ知る春の名所になっています。

 某地図検索サービスのサイトでは「早春の都内で一番美しい神社?」などと紹介され、お昼のワイドショーは中継で結び、その美しさを取り上げていましたが、自分の目で見るのは迫力が違います。

 ん-、感動モノの美しさ!

 貯まりに貯まった疲れが吹っ飛ぶような、とても晴れやかに気分になりました(我ながら安上がりというか単純というか……苦笑)。

美しいミモザに出合うのは難しい

ものすごく立派です(C)コクハク
ものすごく立派です (C)コクハク

 ミモザは年々注目を増しており、都心部の花屋さんでは国産のミモザは入手困難ーーとは、開運花師の斑目茂美さんがお花連載で綴られていましたが、本当にその通りで、花屋さんで元気なフレッシュミモザに出合うのは難しいと実感しています。

赤×桃色×黄色の華やかなコントラスト(C)コクハク
赤×桃色×黄色の華やかなコントラスト (C)コクハク

 それゆえ、都心部でこれほどまでに立派なミモザの木を愛でられるのはとても貴重です。

 ちなみに蔵前神社は江戸時代に勧進大相撲が開催された場所であり、さらには徳川綱吉公が山城国「男山八幡宮」を勧請して、石清水八幡宮と称して創られたのがはじまりです。

 お花鑑賞の前に由緒ある神社へおまいりすることで、清々しい気持ちにもなれるのではないでしょうか。

下町さんぽ♡ 界隈にはスパイス天国が…

界隈では手入れの行き届いた植木鉢が並んでいました(C)コクハク
界隈では手入れの行き届いた植木鉢が並んでいました (C)コクハク

 蔵前神社参拝後は、目と鼻の先にある「アンビカショップ」へ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 インド食材とスパイスの専門店として有名なこちら。店内は異国情緒たっぷりで、テンションが上がること間違いなし! 自動ドアが開いた途端、プワァ~~~ッとスパイスの香りが鼻孔をくすぐります。

 アンビカショップはスパイスやカレー愛好家の間では“聖地”として知られ、クミンやコリアンダー、ターメリックといった基本的なスパイスはもちろん、舌をかんでしまいそうな小難しい名前のマイナーなものまで、種類豊富に揃っています。

 ナッツやスナックお菓子なども所狭しと並んでいて、店内を物色するだけでも楽しい(笑)。

本場インドの野菜カレー3種をゲット

1963年創業のGits(ギッツ)社のレトルトカレー。高品質の製品を世界各国に輸出しているそうです(C)コクハク
1963年創業のGits(ギッツ)社のレトルトカレー。高品質の製品を世界各国に輸出しているそうです (C)コクハク

 筆者は時折、殻付きアーモンドをおつまみ用に購入しているのですが(こちらもオススメ♡)、この日はレトルトカレーを物色。3パック購入しました。スパイス天国なのにスパイスを買っていないのは、ご愛嬌ってことで。

 写真左から「ダル マッカニー(トマトと豆のクリームカレー)」(335円税込み・以下同)、「ラジマ マサラ(金時豆とトマトのジンジャーカレー)」(同)、「パラック パニール(ホウレン草とインドチーズのカレー)」(371円)。

 トマト風味でパンにもマッチ♪、というPOPのうたい文句に惹かれ、まずは「ラジマ マサラ」からいただきます。

1パック300グラム入りでたーっぷり(C)コクハク
1パック300グラム入りでたーっぷり (C)コクハク

 パッケージの写真に偽りなし(苦笑)、金時豆がたっぷり入っています。辛さは「小辛」で辛党には物足りないかもしれませんが、生姜の風味をほんのりとまとい、複数のスパイスが絡み合って複雑かつ優しい味わいを奏でて……それはもう「スワディシュトゥ!」(ヒンディー語で「おいしい」の意)。バゲットですくいながら最後の一滴まで余すことなくいただきました。ほかの2パックも期待できそう!

  ◇  ◇  ◇

 まだまだ気の抜けない日々が続いておりますが、毎日の生活に些細な楽しみを見つけ、小さな幸せに感謝しつつ、乗り切っていけたらいいですね。

(編集O)

お花たちに負けないぐらい鮮やかな軒先が目印(C)コクハク
お花たちに負けないぐらい鮮やかな軒先が目印 (C)コクハク

【address】

「蔵前神社」東京都台東区蔵前3-14-11
「アンビカショップ 蔵前店」東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス1F

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


BTSハグキス騒動は日本人犯人説も…弁護士に聞く“推し活セクハラ”境界線
 韓国のアイドルグループBTS(防弾少年団)のJIN(ジン)が開催したイベント「2024 FESTA」に参加した女性ファ...
若いなぁ…語尾に「!」連打が止まらない。青春炸裂の面白いLINE3選
 青春真っ盛りの頃って、大きな夢と希望に溢れていますよね! まさに怖いもの知らず。40代になって若い子からのLINEが届...
接待はキャバクラより断然スナック! “クセつよ”ママが教えるメリット5つ
 スナックといえば、近所の人や馴染みの常連さんだけでワイワイやる飲み屋なイメージですが、実はけっこう接待で使っていただけ...
上司の理不尽なセリフ5選「奢るから飲みに行こう」に発狂しそうなワケ
 上司にイラついている人、集合! 今回は、よくある上司の理不尽なセリフを特集してみました。上司にイライラしている人はあな...
本当にいらない…結婚式「地雷な引き出物」と「喜ばれるギフト」の線引き
 結婚式参列時にもらう引き出物。嬉しいものもある反面、「正直いらない…」と迷惑系もありますよね…。今回はもらっても正直困...
今日は大事な集会にゃん♪ お手入れに余念のない“たまたま”を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私が“孫”を会わせたくない理由3つと円満解決術 何かあってからでは遅い
 祖父母にとって、孫は目に入れても痛くないほど可愛い存在ですよね。でも、時には親として「どうしても祖父母(実の両親や義両...
青い星「ブルースター」は夏の暑さに強い!ポット苗見つけたら即買いで☆
 ご近所にとても仲良くしてくださっている老夫婦が住んでいます。四六時中仕事で不在のワタクシを見るにみかねて、我が家でじっ...
噂のローソン福袋でYES節約、NOダイエット!発見したら即GETすべし
 ローソンは2024年6月で49周年。49周年のローソン創業祭はお得な企画が盛りだくさんです!  その中でも「ロー...
夫の会社でマウントされモヤモヤ…私が女友達に抱いた違和感の正体とは?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  今回は、先日...
恋のカリギュラ効果? 追えば追うほど逃げる“たまたま”にメロメロ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
風のない日に思うこと
 風は吹いていないのに草は吹かれた時のままの姿。  強い力に身を任せて生きていると曲がった姿のまま、  戻れ...
【難解女ことば】漢検準2級「嫡嗣」なんて読む?画数は「27」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...