新名所!蔵前神社でミモザ&桜を愛でたら… 2022.3.15(火)

コクハク編集部
更新日:2022-03-15 06:00
投稿日:2022-03-15 06:00

思わず写メしたくなる!

春うらら~(C)コクハク
春うらら~ (C)コクハク

 えー5年以上、界隈に住んでおりますが、知りませんでした……。「蔵前神社」(東京・台東区)のミモザの存在を。

 毎年3月上旬~中旬にかけて、小ぢんまりとした境内には、ミモザと桜と椿が咲き乱れ、知る人ぞ知る春の名所になっています。

 某地図検索サービスのサイトでは「早春の都内で一番美しい神社?」などと紹介され、お昼のワイドショーは中継で結び、その美しさを取り上げていましたが、自分の目で見るのは迫力が違います。

 ん-、感動モノの美しさ!

 貯まりに貯まった疲れが吹っ飛ぶような、とても晴れやかに気分になりました(我ながら安上がりというか単純というか……苦笑)。

美しいミモザに出合うのは難しい

ものすごく立派です(C)コクハク
ものすごく立派です (C)コクハク

 ミモザは年々注目を増しており、都心部の花屋さんでは国産のミモザは入手困難ーーとは、開運花師の斑目茂美さんがお花連載で綴られていましたが、本当にその通りで、花屋さんで元気なフレッシュミモザに出合うのは難しいと実感しています。

赤×桃色×黄色の華やかなコントラスト(C)コクハク
赤×桃色×黄色の華やかなコントラスト (C)コクハク

 それゆえ、都心部でこれほどまでに立派なミモザの木を愛でられるのはとても貴重です。

 ちなみに蔵前神社は江戸時代に勧進大相撲が開催された場所であり、さらには徳川綱吉公が山城国「男山八幡宮」を勧請して、石清水八幡宮と称して創られたのがはじまりです。

 お花鑑賞の前に由緒ある神社へおまいりすることで、清々しい気持ちにもなれるのではないでしょうか。

下町さんぽ♡ 界隈にはスパイス天国が…

界隈では手入れの行き届いた植木鉢が並んでいました(C)コクハク
界隈では手入れの行き届いた植木鉢が並んでいました (C)コクハク

 蔵前神社参拝後は、目と鼻の先にある「アンビカショップ」へ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 インド食材とスパイスの専門店として有名なこちら。店内は異国情緒たっぷりで、テンションが上がること間違いなし! 自動ドアが開いた途端、プワァ~~~ッとスパイスの香りが鼻孔をくすぐります。

 アンビカショップはスパイスやカレー愛好家の間では“聖地”として知られ、クミンやコリアンダー、ターメリックといった基本的なスパイスはもちろん、舌をかんでしまいそうな小難しい名前のマイナーなものまで、種類豊富に揃っています。

 ナッツやスナックお菓子なども所狭しと並んでいて、店内を物色するだけでも楽しい(笑)。

本場インドの野菜カレー3種をゲット

1963年創業のGits(ギッツ)社のレトルトカレー。高品質の製品を世界各国に輸出しているそうです(C)コクハク
1963年創業のGits(ギッツ)社のレトルトカレー。高品質の製品を世界各国に輸出しているそうです (C)コクハク

 筆者は時折、殻付きアーモンドをおつまみ用に購入しているのですが(こちらもオススメ♡)、この日はレトルトカレーを物色。3パック購入しました。スパイス天国なのにスパイスを買っていないのは、ご愛嬌ってことで。

 写真左から「ダル マッカニー(トマトと豆のクリームカレー)」(335円税込み・以下同)、「ラジマ マサラ(金時豆とトマトのジンジャーカレー)」(同)、「パラック パニール(ホウレン草とインドチーズのカレー)」(371円)。

 トマト風味でパンにもマッチ♪、というPOPのうたい文句に惹かれ、まずは「ラジマ マサラ」からいただきます。

1パック300グラム入りでたーっぷり(C)コクハク
1パック300グラム入りでたーっぷり (C)コクハク

 パッケージの写真に偽りなし(苦笑)、金時豆がたっぷり入っています。辛さは「小辛」で辛党には物足りないかもしれませんが、生姜の風味をほんのりとまとい、複数のスパイスが絡み合って複雑かつ優しい味わいを奏でて……それはもう「スワディシュトゥ!」(ヒンディー語で「おいしい」の意)。バゲットですくいながら最後の一滴まで余すことなくいただきました。ほかの2パックも期待できそう!

  ◇  ◇  ◇

 まだまだ気の抜けない日々が続いておりますが、毎日の生活に些細な楽しみを見つけ、小さな幸せに感謝しつつ、乗り切っていけたらいいですね。

(編集O)

お花たちに負けないぐらい鮮やかな軒先が目印(C)コクハク
お花たちに負けないぐらい鮮やかな軒先が目印 (C)コクハク

【address】

「蔵前神社」東京都台東区蔵前3-14-11
「アンビカショップ 蔵前店」東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス1F

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


実はコスパ最強の蘭「レナンセラ」飾るだけでも“女性美”UP!
 もーワタクシ、ワクワクが止まりません!  少しずつ以前の生活を取り戻してきた世の中。ゴールデンウィークも3年ぶり...
平均月給11万円!シンママ保険外交員のリアルを知って欲しい
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「食品のまとめ買い」は節約の味方!正しい保存法をおさらい
 長引くコロナ禍で仕事に支障が出てしまい、節約のために自炊をはじめた人は多いようです。確かに、毎日の食費を少しずつでも浮...
あなたは受け恋?追い恋? 5月23日~5月29日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
腹ペコ“たまたま”大集合!にゃんたまを虜にする手作りごはん
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“悩める母の会”で育児の悩みを共有したら… 2022.5.21(土)
 皆さんは子育ての悩みって誰に相談していますか? 保育園の先生やママ友は周りにいるけれど、よく知っている人には逆に話しに...
「ひとしかえして」よく読むとめちゃ怖い!意味深LINE3選
 何気なく送り合っているLINE。でも、もしかしたらそのLINE、よく読んでみるととても怖い意味が隠されているかもしれま...
不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...