ホスト張りの“店外デート”を仕掛けて…恋愛を仕事にする男が急増中

内藤みか 作家
更新日:2022-03-17 06:00
投稿日:2022-03-17 06:00
 ホストクラブのホストが女性客に好意があるかのように振る舞い、彼氏だと錯覚させることを色恋営業といいます。コロナ禍以降、他の職種の男性たちでもこの色恋営業を行う人が増えているようです。

なぜ色恋営業をするの?

女性の恋愛感情がお金になる(写真:iStock)
女性の恋愛感情がお金になる (写真:iStock)

 ホストは色恋営業をなぜするのでしょうか。一番の理由はそうしたほうがお金が稼げるからです。恋愛感情が入った女性は、好きな男性の夢を応援したいと思うようになります。つまりは彼をナンバーワンにするために必死で働いてお金を貢ぐようになるわけです。

 推しのタレントを応援するファン女性にも近いのかもしれませんが、実際に彼とお店で飲んだり話したり外でデートをしたりもするので、好きな男性に対する思い入れがグッとリアルになった状態だといえるでしょう。

 そしてもうひとつの理由は、これはホストから聞いたことがあるのですが「相手の女性が恋愛を求めていたから、それに応えた」からというものです。女性客によっては楽しく飲みたいだけの人もいるので、ホストは相手のニーズがあるからこそ色恋をしている場合もあります。確かに寂しくて誰かと恋愛したいという女性もいるのかもしれません。

色恋を仕掛けている職種とは

パーソナルトレーナーも色恋で…(写真:iStock)
パーソナルトレーナーも色恋で… (写真:iStock)

 色恋営業は、フリーでその仕事をしていたり、指名料がもらえるなど、それをすることによって自分の収入が跳ね上がる職種の人が行うことが多いです。たとえば美容師さんやマッサージ業も指名があると収入が上がります。定期的に通ってくれる女性がいたら、かなりありがたいのです。

 また、最近よく聞くのは、パーソナルトレーナー。特に個室で教えるタイプのパーソナルトレーナーさんが色恋を仕掛けてくるというものです。個室で甘い言葉を囁かれているうちに仲良くなってしまうわけですが、トレーニング料金の支払いは免除されるわけもなく、女性たちはずっと払い続けます。

 こうした職業の男性は、女性客を常連化させるために色恋を使っているようにも見えます。そして、営業の一環として、彼女が店に来た日は帰りに一緒に食事をすることも。ホストのアフターとかなり近い状態の人もいるのではないでしょうか。

女性たちのジレンマ

好きな人に会うためにお金を使うのです(写真:iStock)
好きな人に会うためにお金を使うのです (写真:iStock)

 けれどこうした色恋営業には、限界があります。ホストにしろ、トレーナーにしろ、女性たちは最初のうちは恋に熱くなり、勢いで高いシャンパンを開けたり、高額のトレーニングプランを登録したりもします。

 けれど、親しくなればなるほど、彼女たちは疑問を抱き始めます。「私って、本当に好かれているんだろうか」「彼は営業してるだけなんじゃないだろうか」と、支払いがかさみ、疲れが出てきた頃に考えるようになるのです。

 そして次第に「私、なぜ好きな人に会うのにお金を使っているんだろう?」と考えるようになり、彼に対して「私がお店(またはジム)に行かなかったら、もう会ってくれないんでしょう?」とスネるようになります。これもまたホストと女性客が陥る問題とよく似ているのです。

色恋営業への対処法

楽しければOK?(写真:iStock)
楽しければOK? (写真:iStock)

 なぜ最近、色々な職種の男性が女性に色恋営業をするかというと、それだけ営業に苦慮しているからかもしれません。たとえばパーソナルトレーナーは、コロナ禍でかなり集客に苦労している人もいるそうですし、美容師さんでもお客さんが減って大変だと言っている人がいます。そのため売り上げを増やすための苦肉の策として色恋をしている可能性はあります。

 では女性たちは、色恋を仕掛けられたらどうしたらいいでしょうか。彼がお金を使わせ続けているうちは「営業なのね」と考えておくのが安全かもしれません。彼にも生活があるので、すぐにお金がかからない関係を求めるのは野暮というものです。

 本格的に親しくなりお互い本気になったらまた関係性は変化することもあるでしょう。そんな時が来るのを楽しみにしつつ、「たとえ営業でも楽しいからまあいいか!」とポジティブに受け止めておけば、悩む時間も少なくなるはずです。

ラブ 新着一覧


恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ
NO,ヤリモク!“都合のいい女”回避で初デートを成功させる法
 気になる男性との初デート、絶対に成功させたいですよね。できればデートを通して関係を深めて、真剣交際に発展させたいもの。...
若林杏樹 2022-09-28 06:00 ラブ
浮気の沼から出たい!なぜ禁断の恋ばかり? 5つのやめる方法
 パートナーがいるにも関わらず、ドキドキ感がたまらなくて浮気にはまってしまう人は少なくありません。しかし、ある程度の期間...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
仰天!男目線で分析する「美人の条件6つ」演じる際の参考に
 男性からモテるために「美人な女性」を目指していても、実は男女で美人の条件は大きく異なるようです。つまり、男性にモテるた...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
【実録】離婚は嘘、嫁いるよね?絶対に自宅に誘ってこない男
 こんにちは! 林知佳と申します。マッチングアプリで出会ったとんでもない男たちの第2回目! 世の中の女子たちがこれを読ん...
林知佳 2022-09-27 06:00 ラブ
夫の浮気相手は会社の女?怪しすぎる予兆4つと賢い見破り方
 毎日、家族のために働きに行ってくれていると思っていた夫の様子がおかしいと、「もしかして、会社の女と浮気してる!?」と不...
恋バナ調査隊 2022-09-27 06:00 ラブ
友達の元彼にコクられた!女の友情を壊さず付き合う方法は?
 男性に告白されたら、誰だって嬉しいですよね。でも、相手が仲の良い友達の元彼だったらどうでしょうか? 元彼だと多少なりと...
恋バナ調査隊 2022-09-26 06:00 ラブ
恋愛・結婚で「父親みたいな男性」を選ぶ人は幸せになれる?
 女性は「父親みたいな男性を選ぶ傾向がある」そうです。中には、父親との関係は良くなかったのに、気がついたら父親に似た人と...
恋バナ調査隊 2022-09-26 06:00 ラブ
【やば、好き!】男友達が恋愛対象になった胸キュンLINE3選
 一緒に過ごしていて気楽な男友達だったはずなのに、ほんの小さなきっかけで突然、恋愛対象になることってありますよね。今回は...
恋バナ調査隊 2022-09-25 06:00 ラブ
「慰謝料払って破談に」占いママの鑑定で婚約破棄を決めた男
「冷酷と激情のあいだvol.109〜女性編〜」では、婚活アプリで知り合った男性・ケイイチさん(仮名)から8カ月の交際のの...
並木まき 2022-09-24 06:00 ラブ
恋人の求婚から2週間!突然の結婚白紙宣言に「え?」の女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-09-24 06:00 ラブ
確信!夫婦仲が悪くなるのは「人間の3大欲求」が原因だった
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。恋人時代はとっても仲良しだったのに、結婚して数年が経つと「関係終わっていまー...
山崎世美子 2022-09-24 06:00 ラブ
「愛しくて切なくて…」って篠原涼子かっ!うざい俺通信LINE
 仲良くもない男友達から、毎日届く俺通信……。あまりにうざいと、「あの日LINEを交換するんじゃなかった」と悔やんでも悔...
恋バナ調査隊 2022-09-24 06:00 ラブ
共働き夫婦の家事分担どうしてる? 円満を保つ「6つのコツ」
 家事って、細かいものを挙げたら本当にキリがないほどたくさんありますよね。最近では共働きの家庭も増えているので、今までの...
恋バナ調査隊 2022-09-23 06:00 ラブ