ホスト張りの“店外デート”を仕掛けて…恋愛を仕事にする男が急増中

内藤みか 作家
更新日:2022-03-17 06:00
投稿日:2022-03-17 06:00
 ホストクラブのホストが女性客に好意があるかのように振る舞い、彼氏だと錯覚させることを色恋営業といいます。コロナ禍以降、他の職種の男性たちでもこの色恋営業を行う人が増えているようです。

なぜ色恋営業をするの?

女性の恋愛感情がお金になる(写真:iStock)
女性の恋愛感情がお金になる (写真:iStock)

 ホストは色恋営業をなぜするのでしょうか。一番の理由はそうしたほうがお金が稼げるからです。恋愛感情が入った女性は、好きな男性の夢を応援したいと思うようになります。つまりは彼をナンバーワンにするために必死で働いてお金を貢ぐようになるわけです。

 推しのタレントを応援するファン女性にも近いのかもしれませんが、実際に彼とお店で飲んだり話したり外でデートをしたりもするので、好きな男性に対する思い入れがグッとリアルになった状態だといえるでしょう。

 そしてもうひとつの理由は、これはホストから聞いたことがあるのですが「相手の女性が恋愛を求めていたから、それに応えた」からというものです。女性客によっては楽しく飲みたいだけの人もいるので、ホストは相手のニーズがあるからこそ色恋をしている場合もあります。確かに寂しくて誰かと恋愛したいという女性もいるのかもしれません。

色恋を仕掛けている職種とは

パーソナルトレーナーも色恋で…(写真:iStock)
パーソナルトレーナーも色恋で… (写真:iStock)

 色恋営業は、フリーでその仕事をしていたり、指名料がもらえるなど、それをすることによって自分の収入が跳ね上がる職種の人が行うことが多いです。たとえば美容師さんやマッサージ業も指名があると収入が上がります。定期的に通ってくれる女性がいたら、かなりありがたいのです。

 また、最近よく聞くのは、パーソナルトレーナー。特に個室で教えるタイプのパーソナルトレーナーさんが色恋を仕掛けてくるというものです。個室で甘い言葉を囁かれているうちに仲良くなってしまうわけですが、トレーニング料金の支払いは免除されるわけもなく、女性たちはずっと払い続けます。

 こうした職業の男性は、女性客を常連化させるために色恋を使っているようにも見えます。そして、営業の一環として、彼女が店に来た日は帰りに一緒に食事をすることも。ホストのアフターとかなり近い状態の人もいるのではないでしょうか。

女性たちのジレンマ

好きな人に会うためにお金を使うのです(写真:iStock)
好きな人に会うためにお金を使うのです (写真:iStock)

 けれどこうした色恋営業には、限界があります。ホストにしろ、トレーナーにしろ、女性たちは最初のうちは恋に熱くなり、勢いで高いシャンパンを開けたり、高額のトレーニングプランを登録したりもします。

 けれど、親しくなればなるほど、彼女たちは疑問を抱き始めます。「私って、本当に好かれているんだろうか」「彼は営業してるだけなんじゃないだろうか」と、支払いがかさみ、疲れが出てきた頃に考えるようになるのです。

 そして次第に「私、なぜ好きな人に会うのにお金を使っているんだろう?」と考えるようになり、彼に対して「私がお店(またはジム)に行かなかったら、もう会ってくれないんでしょう?」とスネるようになります。これもまたホストと女性客が陥る問題とよく似ているのです。

色恋営業への対処法

楽しければOK?(写真:iStock)
楽しければOK? (写真:iStock)

 なぜ最近、色々な職種の男性が女性に色恋営業をするかというと、それだけ営業に苦慮しているからかもしれません。たとえばパーソナルトレーナーは、コロナ禍でかなり集客に苦労している人もいるそうですし、美容師さんでもお客さんが減って大変だと言っている人がいます。そのため売り上げを増やすための苦肉の策として色恋をしている可能性はあります。

 では女性たちは、色恋を仕掛けられたらどうしたらいいでしょうか。彼がお金を使わせ続けているうちは「営業なのね」と考えておくのが安全かもしれません。彼にも生活があるので、すぐにお金がかからない関係を求めるのは野暮というものです。

 本格的に親しくなりお互い本気になったらまた関係性は変化することもあるでしょう。そんな時が来るのを楽しみにしつつ、「たとえ営業でも楽しいからまあいいか!」とポジティブに受け止めておけば、悩む時間も少なくなるはずです。

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ