怒れない人は損してる? 優しい人ほど習得すべき「怒る力」

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2022-03-18 06:00
投稿日:2022-03-18 06:00
 あなたは何か許せないことや、「それってどうなのよ?」と思った時、すぐに怒れますか? 私はすぐには怒れず、後からじわじわと怒りがこみ上げるタイプなので、何かとモヤモヤしてしまいがち……。
 とっさに、しかも上手に怒れる人って、私のようなタイプと何が違うのでしょうか? さて、閉店後のどろんぱでは、コミがママに何かを訴えています。

 

 

 
 

 

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

 

考えるな、感じろ! の精神を意識する

「いやだ」と感じた時、反射的に怒れる人って、実はすごいと思います。当たり前のように聞こえますが、私はこれができないまま、30年も生きてきました。しかし、ここ数年は怒れなくて「損した」と感じる機会が増えてきています。

 せせこましいですが、私は“損をする”のが本当に嫌いです。そういった体験をすると、執念深くずっと根に持ってしまいます。

 例えば、数年前ドイツに住んでいた頃、鉄道旅行に出かけた際の話です。窓口の手違いで、間違った切符を発行されてしまいました。気づいた頃には、時すでに遅し。車内で車掌さんから問い詰められてしまいました。

 なんとか穏便に「窓口の発行ミスだ」と伝えようとしたのですが、認めてもらえず、結局5000円くらいの罰金を支払う羽目になってしまったのです。

 しかし、同じ体験談をもつ友人は、その場で怒って罰金を払うどころか、なんと返金までしてもらったというのです。それを聞いた時のショックと悔しさは、今でも忘れられません。

怒るのが苦手な私が実践していること

 それから私は、普段からなるべく、感情を瞬間的に出すように意識し始めました。返金させた友人は、素早く感情を表せる人だったので、その真似です。おかげさまで、昔よりは早く怒れるようになりました。

 失礼なことを言われたり、理不尽をぶつけられたりすることは、生きていればたくさんあると思います。そのたびにモヤモヤするだけでは、精神的な負担が大きいですし、繰り返していくほど損な役回りはありません。

 言葉選びは後回し! とにかく、怒っていることを伝えられるようになるのが先決です。もしも私と同じような、“怒るの苦手族”がこの記事を読んでくれていたのなら、ぜひ普段から感情を出すことを意識してみてください。自然と怒るのも早く、上手くなりますよ!

登場人物紹介

コミ、ママ(漫画:おくげちゃん)
コミ、ママ (漫画:おくげちゃん)

コミ:どろんぱのホステス。いつもそつなく仕事をこなしているが、たまにはこうやって悔しい思いをすることもある。何かとママのことを怒らせがち。

ママ:どろんぱの主。怒るスピードとお金の計算スピードは天下一。嫌いな言葉は苦労と損。

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...