どこからが恋? 心理から読み解く“女性が恋に落ちる瞬間”

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-15 06:00
投稿日:2019-04-15 06:00
 なんとなく気になる男性が現れた時、「これは恋なの?」と自分に問いた経験がある方は多いはず。頭で理解した上で行動に移りたい、それが女性だと思うのです。そこで今回は、女性が恋に落ちる時をテーマに書いてみます。

どこからが恋?女性が恋に落ちる瞬間

気になる相手には、正面より真横に座ったほうが吉(写真:iStock)
気になる相手には、正面より真横に座ったほうが吉 (写真:iStock)

 一目惚れのように分かりやすければ良いものの、中には複雑な感情が入り乱れていて恋かどうか判断できないこともありますよね。そこで、どんな時に恋に落ちてしまうのか、その瞬間に実はどんな心理が働いているのかを見ていきましょう。

実は「◯◯だった」と分かった時

 まずは、ありがちなものから。

 冷たいようで優しい、強いのに弱い、デキなさそうなのにデキる、ふざけているのに努力家、など、男性のギャップを見た時に女性は恋に落ちやすいです。いわゆる「ギャップ萌え」ですね。

 これには、「ゲインロス効果」という、マイナスの印象後にプラスの印象を与えられると好印象を持ちやすくなるという心理効果が働いているそう。ちなみにこれは、男女共通です。

 ただし、プラスからマイナスの印象に変わってしまうと「ロス効果」だけとなり、逆に恋から遠ざかってしまう場合も。最初の印象がいかに大切か、ということですね。

突然の行動にドキドキした時

 例えば、突然触れられた手が大きかった、突然耳打ちをされた、など、男性の突然の行動にドキドキした時、これも恋に落ちる代表的な瞬間でしょう。

 これは、不安や恐怖などのドキドキを共有した相手を好きになりやすくなる「吊り橋効果」が関係しています。突然のドキドキが、恋愛によるドキドキだと錯覚してしまうんですね。不意打ち上手な男性は確信犯かもしれません!!

 とはいえ、この吊り橋効果の場合には恋愛感情が持続しないことも多いようです。ドキドキが続くかどうかが、恋かどうかの判断基準となるでしょう。

至近距離を許している時

 他人に入ってこられると不快・不安だと思う距離のことを「パーソナルスペース」と言います。個人差はありますが、一般的には45cm以内が親密だと認識する距離なんだとか。

 逆に考えると、一緒に歩くとよく手が触れる、いつも近くにいる、など、至近距離を許せる男性は、あなたにとって知らず知らずのうちに恋愛対象になっているのかもしれません。

 ちなみにこれ、モテる女性が活用しているテクニックでもあるそうですよ。気になる相手には、正面より真横に座ると良いそうです。豆知識として!

気がつくと探してしまう時

 気になる男性と一緒の空間にいる時に、ふと探してしまうことってありませんか?なんだか気がつくと目で追ってしまう、見つめてしまう、それはすでに恋に落ちている可能性が高いです。そして、そんな時、あなたの瞳はキラキラと輝いているはず。

 というのも、興味のある異性を見る時、人の瞳孔は勝手に開く傾向にあるそうです。自律神経の勝手な働きですので、コントロールはできません。まさに「目は口ほどにものを言う」ですね。

 自分で確かめられないのが残念なのですが、恋に落ちた後、男性の気持ちを確かめたい時に使えそうです。

「どこからが恋?」と思ったあなたはすでに落ちてます

人が恋に落ちるということは素晴らしきこと(写真:iStock)
人が恋に落ちるということは素晴らしきこと (写真:iStock)

 結論として。そもそも特定の人を頭に浮かべながら「どこからが恋?」なんて思った時点で、あなたはすでに恋に落ちているのだと思います!

 それにしても、「恋に落ちる」という言葉を考えた人って本当にすごいですね。浮かれてみたり、苦しくなったり、まさに1度落ちると抜け出せない大きなブラックホールです。

 とにかく、人が恋に落ちるということは素晴らしきこと!落ちたことを確認できたなら、今度は恋愛に役立つ記事を読んでみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ