どこに差があるの? 年下から愛される人・ウザがられる人

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2022-03-25 06:00
投稿日:2022-03-25 06:00
 みなさんは自分が”年上の後輩”になったことはありますか? 私はもちろんありますし、逆に自分が”年下の先輩”になった時も多々あります。
 お互いにちょっと気を遣うこの関係、実はその人の本質がとても見えやすかったりして……。本日もどろんぱは営業終了。モジョ子とコミが飲みながら雑談タイムです。

 

 

 

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

 

年齢ではなく経験に目を向けられるかが重要

「年上の人の言うことは聞くもの」という言葉があります。私も基本的には、この言葉に賛成です。長く生きていればそのぶん経験値もあるし、悩んだ時に助言してもらった思い出もたくさんあるからです。

 しかし、年上の人がいつも年下の人より経験があるとは限りません。“年上の話を聞け”というのは、年齢というよりも“経験の長い者の言葉には耳を貸すべきだ”と言い換えるほうがしっくりくるかもしれません。

 でも、そんなふうに考えて、年下の人と接する人はあまり多くないと思います。

 例えば私は、スナックで働き出して10年ほどが経ちます。そのくらい働いていると、“年上の後輩”ができるものです。なので当然、私は仕事を教える立場になります。こうなった時に素直に私の言うことを聞いてくれる人と、そうでない人が出てくるんです。

 もちろん私も、エラそうな物言いにならないように注意しながら教えるのですが、素直に聞いてくれない人には、なぜか伝わらないのです。逆に素直に聞いてくれるお姉さんには本質的な部分までちゃんと伝わる。

 一体なにがその違いを生むのかな? と考えるとそこにあるのは、やっぱり「年上・年下」という固定観念だと感じます(なんとなく気持ちはわかるんですけどね)。

 私も気づけば30歳。これからどんどん“年上の後輩”になる可能性が高くなっていきます。そうなった時、“年下の先輩”の言うことを素直に聞ける耳を持っていられるように努めたいものです。

登場人物紹介

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

モジョ子:自信がほしい主人公。どろんぱの一番下っ端ホステス。まだまだ自信はないけれど、お客さんや先輩に認めてもらえて少しずつ前向きな性格になってきている。最近はクラフトビールにハマっている。

コミ:モジョ子の先輩で、どろんぱの人気ホステス。乗せられやすい姉御肌な性格。モジョ子をとても可愛がっている。最近酔うと記憶が途切れがち。

マキさん:どろんぱのナンバーワンホステス。先輩後輩、年上年下といったフィルターを外して他人の意見を聞くことができる。町中華で飲むのが好き。3人の子持ち。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。XInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


まだまだ子供! かまちょ“たまたま”が姐さんに「遊ぼうよ♪」
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
3月4日~3月10日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
主婦の再就職、諦めない! 自分を活かす仕事を効率よく見つける方法4つ
 出産を機に退職し家事・育児に奮闘してきた主婦。子育てがひと段落したタイミングで、再就職を希望する人は多いですよね。でも...
2024-03-04 06:00 ライフスタイル
“育ての親”の祖母が亡くなった…最愛の人との別れ、心に誓った1つのこと
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
紅と白の梅に魅せられて
 春の青空の下、紅白の梅。  違う色が混ざり合ってきれいな姿を見せる。  世の中もたくさんの色が混ざってきれ...
妻嫁、奥さん、妻…どのように呼ばれるのが正しい? 愛情が多いのは?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
え、また? 家に来たがるママ友を撃退!角を立てずに断るキラー文言3選
 気心の知れた女友達とは違い、ママ友は子どもを介した友達。なにかと気を遣いますよね。そんなママ友が頻繁に家に来たらストレ...
恩師「結婚したら幸せになれるものではない」えっ!恩師の名言LINE3選
 お世話になった恩師からの言葉は、深く胸に響くものですよね。人によっては、恩師の元を卒業してからも、いろいろな相談をする...
【卍馬ピカリの四柱推命】3月のご自愛メンタルは「皆と楽しむ」がカギ
 4年で80,000件以上の鑑定をしてきた卍馬ピカリが、占いの帝王「四柱推命」を使って、あなたの月の運勢を鑑定します。 ...
指原莉乃が後輩へのスキンシップで炎上!今時のセクハラ・パワハラ境界線
 元HKT48でタレントの指原莉乃(31)が、10年前の番組内で後輩メンバーに行ったスキンシップがSNSで拡散され、炎上...
春=別れの季節と思う大人へ「さみしい」は「めでたい」証拠
 みなさんにとって、春はどんなものでしょうか。アラサーの私にとっての春は、年々“別れの季節”になりつつあり、あまり好きで...
思いもつかない理由で「常識」は簡単にひっくり返るから…
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
七色翡翠 12星座別うるおいの泉を満たすディーバ占い【3月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
【ダイソー】スギ花粉に負けるな! 40女のお守りアイテム3選
 ついこの間「あけましておめでとう」なんて言ってたのに、いつの間にやら2月も終わりですよ。  まだまだ北風が冷たい...
お日様最高にゃ! 春が来た喜びを全身で表現する“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「桃」は最強の魔除けアイテム!食べてよし、飾ってよし。
 まもなく上巳の節句(桃の節句)。女の子のお節句でございますわよ。ひな祭りシーズンになるとお花だけでなくスイーツやグッズ...