西島秀俊“無双”の挑戦…同性愛者からピカ声までモノにする男

ボルドー太田 イケメンソムリエ
更新日:2022-03-27 11:21
投稿日:2022-03-27 06:00

BL役の“金字塔”!「あすなろ白書」で爪痕を残した男

同性愛者からピカ声まで(C)日刊ゲンダイ
同性愛者からピカ声まで (C)日刊ゲンダイ

「あすなろ白書」(フジテレビ)をご存知でしょうか? 1993年10月期の連ドラなので、かれこれ29年も前の作品ということになります。まだ生まれていなかったという人も多いかと……。

 柴門ふみの人気コミックが原作。平均視聴率27.0%、最高視聴率31.9%と令和の今から考えられないほどの高視聴率ドラマでした。藤井フミヤの「TRUE LOVE」が主題歌。いまでもイントロを聴いただけで、せつなくなってしまうほど入れ込んだドラマです。「東京ラブストーリー」といい、この頃のフジテレビ月9はやっぱり凄かったのですよ。なんというかキラキラ眩しかったです。

 石田ひかり(奇跡の50代・石田ゆり子の妹です)演じる女子大生なるみを中心に男女5人の友情と恋愛を描いたもので、その5人はというと、石田のほか、鈴木杏樹(あれ以来すっかり、見かけませんね)、筒井道隆(「ミステリと言う勿れ」の青砥巡査部長!)、木村拓哉(ご存知キムタク)、そして、もうひとり、西島秀俊というなんとも豪華なキャスティングでした。

 黒ブチメガネをかけた木村拓哉が石田ひかりを後ろから抱き締め、「俺じゃダメか?」と告白するシーンは、「あすなろ抱き」と言われ、街中に真似するカップルが激増。「壁ドン」「顎クイ」「頭ポンポン」……と女子の憧れシチュエーションのはしりといえるでしょう。

 なるみは掛居(筒井道隆)が好きで、取手(木村拓哉)はそんななるみを想い続けて……と片想いの矢があちこちに飛ぶせつなさ満開ドラマで、当時22歳の西島の役どころは、ポルシェを乗り回す女性たちにモテモテの御曹司・松岡です。

ドロドロ不倫から松田聖子の相手役まで

主演映画「CUT」(2011年)舞台挨拶、写真左から共演の常盤貴子、アミール・ナデリ監督、西島サマ(C)日刊ゲンダイ
主演映画「CUT」(2011年)舞台挨拶、写真左から共演の常盤貴子、アミール・ナデリ監督、西島サマ (C)日刊ゲンダイ

 ただのモテモテ役ではありません。そんなモテ男なのに、松岡は密かに掛居への想いを秘める同性愛者という設定。まだLGBTや性的マイノリティーも認知されていない時代に、腐女子が喜ぶBLドラマもどきを演じ、私たちにその尊さを教えてくれたのが西島なのです。

 のちに「きのう何食べた?」(テレビ東京)のシロさんになり、ケンジ(内野聖陽)と幸せそうに暮らす姿を見て、ようやく松岡が両想いになってよかった、と安堵したものです。

 このほか1993年は4本もの連ドラに出演しており、話題作「悪魔のKISS」(フジ)では深津絵里が働く出版社の同僚で、夫婦ともども新興宗教にハマっていて、深津を宗教に勧誘し、やがてドロドロ不倫になる不気味な役を演じていたかと思えば、ほかにも高橋由美子主演「お願いダーリン!」(フジ)や、松田聖子主演「わたしってブスだったの?」といったいわゆるアイドルドラマにも出演。人気も知名度も上がっていたのに、ある時、まったくテレビで見なくなったのでした。

「ドライブ・マイ・カー」で“世界のニシジマ”に…!

挑み続けるイケメン(C)日刊ゲンダイ
挑み続けるイケメン (C)日刊ゲンダイ

 そこからしばらくブランクがあり、映画に活躍の場を移した印象でしたが、「大奥 第一章」(フジ)の徳川家光役や、「アンフェア」(フジ)の瀬崎一郎役、「チーム・バチスタ」シリーズ(関テレ/フジ)のぶっきらぼうな医師・速水晃一役、「ストロベリーナイト」(フジ)の菊田和男役など、演じる役はみんな印象深くしかも、クセが強い。

「ダブルフェイス」「MOZU」(TBS/WOWOW)の刑事役で激しいアクションを見せたかと思えば、「流星ワゴン」(TBS)や朝ドラ「とと姉ちゃん」(NHK)のような人情ドラマでは泣かせる。綾瀬はるか演じる八重の兄・山本覚馬を演じた大河ドラマ「八重の桜」(NHK)では、鍛え抜かれた肉体美を披露。優しい顔の下に、あんな筋肉が隠されていたのかと女性ファンをざわつかせました。

「きのう何食べた?」や「シェフは名探偵」(テレ東)での料理をする姿にも見とれてしまいます。料理男子が増えたのも西島の影響か、と。

 かと思えば、昨年は実写ドラマ「サザエさん」のマスオ役や、映画「名探偵ピカチュウ」のピカチュウ役も。デビューから30年あまり。すでにベテラン俳優の域に入りつつも、未だ新しいことにチャレンジし続ける西島。しかも演じる役すべてをモノにしてしまうのが、西島の凄いところ。映画「ドライブ・マイ・カー」では世界が注目する俳優となりました。挑み続けるイケメン、それが西島秀俊です。

【西島秀俊(にしじま・ひでとし)】
☆1971年3月29日生まれ。チャレンジ精神旺盛なA型牡羊座
☆横浜国立大学中退、天から二物を与えられた男
☆直近の注目出演作は映画「シン・ウルトラマン」(5月13日公開予定)

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


NHKの夜ドラは浸透するか?「カナカナ」眞栄田郷敦を食う“天才子役”と武田真治の怪しさ
「夜ドラ」──まだまだ聞き慣れないが、NHKが2022年度からスタートさせたドラマ枠の通称である。月~木曜の夜10時45...
2022-05-24 17:03 エンタメ
帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか
 アメリカ在住のピース綾部祐二(44)が19日、自身のユーチューブチャンネルを開設した。渡米から5年、「最初の計画は失敗...
2022-05-24 17:03 エンタメ
キムタクドラマ“ダウン寸前”から復調傾向…カギ握る「未来への10カウント」脇キャラたち
〈キムタク主演で屈辱的低視聴率〉〈ドラゴン桜のボクシング版〉など、あれこれ言われてきた、テレビ朝日系連ドラ「未来への10...
2022-05-24 17:03 エンタメ
ゼレンスキー大統領の「文化外交」手腕 情報戦略のプロが“刮目ポイント”を解説
【寄稿 北島純(社会情報大学院大学特任教授)】  5月14日に伊トリノで開催された音楽祭「ユーロビジョン」でウクライナ...
2022-05-24 17:03 エンタメ
「かみさんは妹弟子みたいなもんですよ。昇也のことを『お兄さん』て呼ばなきゃ」
【春風亭昇太・春風亭昇也 師弟で大いに語る】#6  昇太は、「自分が売れれば落語界はよくなる」という考えで、いい意味で...
2022-05-24 17:03 エンタメ
日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの
「スッキリ」(日テレ系)のMCを務める加藤浩次(53)に強力なライバルが出現だ。いまや谷原章介(49)が司会を務める後発...
2022-05-24 17:03 エンタメ
向島の料亭「櫻茶ヤ」さんで長唄の会を催しました!
 東京にも京都のような花街はある。新橋・赤坂・神楽坂・芳町・浅草・大塚・八王子……中でも向島には現在も100人以上の芸者...
2022-05-24 17:03 エンタメ
橋本梨菜さんが夢を語る「ファンも一緒に飲める『バー橋本』をやること」
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】  橋本梨菜さん(グラビアアイドル/28歳)  小麦色の肌に包まれたパワフルなボデ...
2022-05-23 17:03 エンタメ
落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」
【あの人は今こうしている】  桂米助さん(落語家/74歳)  ワイドショー「ルックルックこんにちは」(日本テレビ系)...
2022-05-23 17:03 エンタメ
清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力
 清野菜名(27)が大手芸能プロダクション「トップコート」に電撃移籍したことが、関係者の間に波紋を広げている。昨今の芸能...
2022-05-23 17:03 エンタメ
表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?
 先日、岸田首相を表敬訪問し、さらなる日本の支援を求めたウクライナの「国民的歌手」チーナ・カーロリさん(37)。あの時は...
2022-05-22 17:03 エンタメ
ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  スタートしてかれこれ1カ月。ネットで叩かれまくっているのが朝ドラ「ちむどんどん」...
2022-05-22 17:03 エンタメ
自分にプレッシャーをかけ…キャラになりきる友近の「人生コント」
【今週グサッときた名言珍言】 「“人生コント”って、ちょっと自分でも思ってるとこもあって。常にクスッと、どっか自分を見...
2022-05-22 17:03 エンタメ
広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感
 最近、広末涼子(41)が自身のプライベートをさらけ出し始めて話題になっている。女優は生活感を出しすぎると仕事に影響が出...
2022-05-22 17:03 エンタメ
フジテレビ新人事で中山美穂「完全復活」に高まる期待 深津絵里の成功が追い風に
 フジテレビの新社長に共同テレビジョン社長の港浩一氏(70)が内定した。港氏は同局のディレクター・プロデューサーとして「...
2022-05-22 17:03 エンタメ
小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない
【皇室のトリビア】#67  アメリカ・ニューヨーク州の司法試験が2度目も「不合格」と伝えられた小室圭さんは、この7月に...
2022-05-22 17:03 エンタメ