芳香剤じゃないよ!希少な「ブルーフレグランス」はコスパ抜群

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-03-30 06:00
投稿日:2022-03-30 06:00

雑学王もあまり知らない花

今回はチョイと珍しいお花の解説やで byさぶ店長 (C)コクハク
今回はチョイと珍しいお花の解説やで byさぶ店長 (C)コクハク

 ワタクシのお花屋さん仲間で、勝手に「ムダ雑学王」と呼んでいる男がおります。とにかく物知りで、何時何時どんなことを質問しても答えが返ってきますが、とりわけ、何のためにその知識を使うのか? という不思議な雑学において妙に詳しい男でございまして。

 たとえば、スマホにフライトレーダーのアプリを入れて、暇さえあれば空の状況を日々チェック。「今日は羽田上空が混み合っている」と意味がわからない情報をわざわざ教えてくれます。加えて、各ラジオ放送局の女子アナ情報や、キャビンアテンダント情報、はたまた「花の配達を楽にこなしちゃいけねーよ!」とわざわざ買い換えたマニュアル軽自動車の構造の素晴らしさなどなど……、全く興味のない話を毎日のように教えてくれるのでございます。

 そんなムダ雑学王の本職は花屋。当然、花にも詳しいはずですから、とある花について尋ねたところ、「あまりにも見たことない花の名前聞いたって、クルマの芳香剤の陳列棚しか思い浮かばないぜ」と申しておりました。ムダ雑学王をもってしても答えられない珍しい花の正体とは一体……。

 ということで、今回は希少品種は価値高し!「ブルーフレグランス」の解説でございます。

ブルーフレグランスってなんですか?

ワシ、こいつの匂いわりと好きやで。エエ匂いや。byさぶ店長 (C)コクハク
ワシ、こいつの匂いわりと好きやで。エエ匂いや。byさぶ店長 (C)コクハク

 スイトピーには一年草と宿恨タイプの2種類がございます。お花屋さんの店頭に並んでいる、きっとアナタもご存じの一般的なスイトピーは一年草で、切り花として色味が豊富で人気者。一方、宿根タイプのスイトピーは種類としてはまぁまぁございますが、一般的なスイトピーに比べると高価なため、お花屋さんの店頭で見ることは、なかなかないかもしれません。

「ブルーフラグランス」は名脇役!

ブルーフレグランス好きです。ツルも茎も何もかもが by平社員 (C)コクハク
ブルーフレグランス好きです。ツルも茎も何もかもが by平社員 (C)コクハク

 宿恨スイトピーのなかでも、宮崎県発の「ブルーフラグランス」はすこぶる希少品種。生産数も少なく高額なため、限られたお花屋さんにしか入荷の見込めないシロモノでございます。

 淡い紫で透明感のある小粒な花弁。一般的なスイトピーの甘い香りとは違う、優しい芳香。ハリのある茎からマメ科特有の葉と可愛らしいツルがクルンと生えております。

 お花だけでなく葉も茎もそしてツルも、全てが趣のあるアレンジに使用でき、捨てるところがほぼ無いというのも魅力の一つ。どんな色のお花とも相性がよく、アレンジメントを一段格上げしてくれる名脇役と呼ぶにふさわしい「ブルーフレグランス」を、“聞いたことあるけど見たことねぇな”とご存じないお花屋さんが多いという事実……。それが、希少品種「ブルーフレグランス」なのでございます。。。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


まだまだ子供! かまちょ“たまたま”が姐さんに「遊ぼうよ♪」
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
3月4日~3月10日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
主婦の再就職、諦めない! 自分を活かす仕事を効率よく見つける方法4つ
 出産を機に退職し家事・育児に奮闘してきた主婦。子育てがひと段落したタイミングで、再就職を希望する人は多いですよね。でも...
2024-03-04 06:00 ライフスタイル
“育ての親”の祖母が亡くなった…最愛の人との別れ、心に誓った1つのこと
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
紅と白の梅に魅せられて
 春の青空の下、紅白の梅。  違う色が混ざり合ってきれいな姿を見せる。  世の中もたくさんの色が混ざってきれ...
妻嫁、奥さん、妻…どのように呼ばれるのが正しい? 愛情が多いのは?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
え、また? 家に来たがるママ友を撃退!角を立てずに断るキラー文言3選
 気心の知れた女友達とは違い、ママ友は子どもを介した友達。なにかと気を遣いますよね。そんなママ友が頻繁に家に来たらストレ...
恩師「結婚したら幸せになれるものではない」えっ!恩師の名言LINE3選
 お世話になった恩師からの言葉は、深く胸に響くものですよね。人によっては、恩師の元を卒業してからも、いろいろな相談をする...
【卍馬ピカリの四柱推命】3月のご自愛メンタルは「皆と楽しむ」がカギ
 4年で80,000件以上の鑑定をしてきた卍馬ピカリが、占いの帝王「四柱推命」を使って、あなたの月の運勢を鑑定します。 ...
指原莉乃が後輩へのスキンシップで炎上!今時のセクハラ・パワハラ境界線
 元HKT48でタレントの指原莉乃(31)が、10年前の番組内で後輩メンバーに行ったスキンシップがSNSで拡散され、炎上...
春=別れの季節と思う大人へ「さみしい」は「めでたい」証拠
 みなさんにとって、春はどんなものでしょうか。アラサーの私にとっての春は、年々“別れの季節”になりつつあり、あまり好きで...
思いもつかない理由で「常識」は簡単にひっくり返るから…
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
七色翡翠 12星座別うるおいの泉を満たすディーバ占い【3月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノルマンのほうが当たる...
【ダイソー】スギ花粉に負けるな! 40女のお守りアイテム3選
 ついこの間「あけましておめでとう」なんて言ってたのに、いつの間にやら2月も終わりですよ。  まだまだ北風が冷たい...
お日様最高にゃ! 春が来た喜びを全身で表現する“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「桃」は最強の魔除けアイテム!食べてよし、飾ってよし。
 まもなく上巳の節句(桃の節句)。女の子のお節句でございますわよ。ひな祭りシーズンになるとお花だけでなくスイーツやグッズ...