芳香剤じゃないよ!希少な「ブルーフレグランス」はコスパ抜群

斑目茂美 開運花師
更新日:2022-03-30 06:00
投稿日:2022-03-30 06:00

雑学王もあまり知らない花

今回はチョイと珍しいお花の解説やで byさぶ店長 (C)コクハク
今回はチョイと珍しいお花の解説やで byさぶ店長 (C)コクハク

 ワタクシのお花屋さん仲間で、勝手に「ムダ雑学王」と呼んでいる男がおります。とにかく物知りで、何時何時どんなことを質問しても答えが返ってきますが、とりわけ、何のためにその知識を使うのか? という不思議な雑学において妙に詳しい男でございまして。

 たとえば、スマホにフライトレーダーのアプリを入れて、暇さえあれば空の状況を日々チェック。「今日は羽田上空が混み合っている」と意味がわからない情報をわざわざ教えてくれます。加えて、各ラジオ放送局の女子アナ情報や、キャビンアテンダント情報、はたまた「花の配達を楽にこなしちゃいけねーよ!」とわざわざ買い換えたマニュアル軽自動車の構造の素晴らしさなどなど……、全く興味のない話を毎日のように教えてくれるのでございます。

 そんなムダ雑学王の本職は花屋。当然、花にも詳しいはずですから、とある花について尋ねたところ、「あまりにも見たことない花の名前聞いたって、クルマの芳香剤の陳列棚しか思い浮かばないぜ」と申しておりました。ムダ雑学王をもってしても答えられない珍しい花の正体とは一体……。

 ということで、今回は希少品種は価値高し!「ブルーフレグランス」の解説でございます。

ブルーフレグランスってなんですか?

ワシ、こいつの匂いわりと好きやで。エエ匂いや。byさぶ店長 (C)コクハク
ワシ、こいつの匂いわりと好きやで。エエ匂いや。byさぶ店長 (C)コクハク

 スイトピーには一年草と宿恨タイプの2種類がございます。お花屋さんの店頭に並んでいる、きっとアナタもご存じの一般的なスイトピーは一年草で、切り花として色味が豊富で人気者。一方、宿根タイプのスイトピーは種類としてはまぁまぁございますが、一般的なスイトピーに比べると高価なため、お花屋さんの店頭で見ることは、なかなかないかもしれません。

「ブルーフラグランス」は名脇役!

ブルーフレグランス好きです。ツルも茎も何もかもが by平社員 (C)コクハク
ブルーフレグランス好きです。ツルも茎も何もかもが by平社員 (C)コクハク

 宿恨スイトピーのなかでも、宮崎県発の「ブルーフラグランス」はすこぶる希少品種。生産数も少なく高額なため、限られたお花屋さんにしか入荷の見込めないシロモノでございます。

 淡い紫で透明感のある小粒な花弁。一般的なスイトピーの甘い香りとは違う、優しい芳香。ハリのある茎からマメ科特有の葉と可愛らしいツルがクルンと生えております。

 お花だけでなく葉も茎もそしてツルも、全てが趣のあるアレンジに使用でき、捨てるところがほぼ無いというのも魅力の一つ。どんな色のお花とも相性がよく、アレンジメントを一段格上げしてくれる名脇役と呼ぶにふさわしい「ブルーフレグランス」を、“聞いたことあるけど見たことねぇな”とご存じないお花屋さんが多いという事実……。それが、希少品種「ブルーフレグランス」なのでございます。。。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「怒らない女」の謎メンタル その“正体”はレベチすぎた!
 あんまり怒らない人、みなさんの周りにはいますか? 8割の人間が怒るようなことが起きても、どこか涼しい顔でサラッと流す人...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【10月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノマンのほうが当たる!...
メルカリで“コピー品”を買ってしまった…? 2022.9.29(木)
 不要になった物を出品したり、探していた物を購入したり。上手に活用すれば便利で楽しく使えるメルカリですが、基本的には個人...
美少年にゃんこの品性と“たまたま”のワイルドさにキュン♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ワレモコウって漢字で書くと? “超絶短い秋”をおセンチに♡
 すっかりあやふやになった日本の四季。特に春と秋はメッチャ曖昧になってきたなぁと感じる今日この頃。極端な話、体感できる秋...
あなたは受け恋?追い恋? 9月26日~10月2日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”君の気になる恋の行方!すれ違いざまに猛アピール
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
インフルエンサーの案件自慢にモヤっとするのはバカバカしい
 SNS上に“生息”するインフルエンサーっぽい人たち。何かと自慢が多く、心の奥でなんだかモヤモヤする……。そんな時の対処...
脱ボトルなるか「詰め替えそのまま」の実力 2022.9.25(日)
 ずっと気になっているけれど、値段がネックとなって購入するのを躊躇していたものが、コレ。「詰め替えそのまま」です。シャン...
デキる大人が警告! 自信のない人が直すべきは“時間の浪費癖”
 自信がつくためには、あとどのくらい頑張ればいいんだろう? 最近そんなことをよく考えます。時間がかかるのは分かっているの...
悪霊退散にゃ!“たまたま”の強いまなざしに幽霊もタジタジ?
 きょうは、見えないナニかを察知し、警戒するにゃんたま君。  猫には当たり前のように見えているらしいです……幽霊が...
実家が「結婚」にうるさくなったらどうする?  取るべき対処法
 ある程度の年齢になっても独身だと、周りから「結婚は?」と聞かれることが増えますよね。特に、うるさく言ってくるのが実家の...
高額初期投資でも損なし!? リピート続出のスーパートレニア
 決して愚痴ではないですよ。愚痴ではないし、仕入れたものが完売するわけでもないのですが、まあ、お商売というものは難しいで...
貴重品を守る“ジッパークリップ”の使い勝手 2022.9.21(水)
 最近、通勤時にリュックを背負っている人多いですよね。パソコンなど重いモノを入れても片手持ちの鞄よりは身体への負担が軽く...
OL時代はお弁当タイムがつらかった…自分を守るためのルールを
 仕事でたまたま、数時間一緒に過ごした人。年に数回しか会わない、他社の人。友達の友達。絶妙な距離感の人と会話をする時、ど...
涼しくなると寂しくなるにゃ…“たまたま”の夏休みの思い出
 きょうは、にゃんたま君に夏休みの思い出を聞きました。  友達と毎日、探検ごっこにプロレス、昆虫採集をしていたそう...