「朝ごはん何派?」面倒なママ友LINE、角が立たない返信テク

コクハク編集部
更新日:2022-03-27 06:00
投稿日:2022-03-27 06:00
 一般的な「友達」とは違って「ママ友」との関係って少し特殊です。ママ同士だけでなく、子供のお友達関係にも影響を及ぼすので、慎重になってしまいますよね。特にママたちの悩みとなっているのがLINEのやりとり。プレッシャーや悩みを抱えている人も多いでしょう。
 そこで今回は、悩み別に角が立たないLINEの返信のコツをご紹介します。

ママ友との角が立たないLINEのコツ5つ

1. LINEのやりとりを終わらせたい時

 ママ友とのLINEで良くある悩みが、「そろそろやりとりを終わらせたい」という本音を言い出せず、ストレスを感じてしまうこと。家事や仕事で忙しい時にだらだらとLINEが続いてしまうと、困ってしまいますよね。

 そんな時には、「子供のぐずり」を理由にすると角が立ちません。「子供がぐずってるから、またね!」という理由なら、同じ子育て中のママにも自然に共感と同情の気持ちが湧いてくるからです。ポイントは、申し訳なさと現場の修羅場感を嫌味なくさらりと伝えること。これで、相手を傷つけずにLINEを終わらせられますよ。

2. 質問攻めのママ友を黙らせたい時

 ママ友の中には、やたらと質問をしてくる人もいますよね。普段どうしているか? 習い事はさせているか? 何時に寝かせているか? など、ほかの家庭の事情を参考にしたいのかもしれません。

 質問が多いし、だけど、適当に答えるわけにもいかない……と悩んでいるなら、返信は決まった時間に1日1回のみにしてみましょう。

 まずは「仕事が朝早くて、帰宅時間しかゆっくり返信できない」「夫の実家に顔を出さないといけない」など、忙しいことをアピールして、質問には軽く答えて疲れていることを暗に伝えます。これで「あんまりLINEしないほうがいいかな」と、気がついてもらえるはずですよ。

3. 行きたくない誘いを断りたい時

 時には、ママ友からの誘いに気が乗らない時もありますよね。そこで便利なのが「病院を予約しているから」という言い訳です。ポイントは、嘘をつけない子供ではなく、自分自身の病院予約があると伝えること。もしも心配されたら、たいしたことないと付け加えて「言いたくない感」を醸し出しておきます。

 こうしておくと、「じゃあ別日は?」と誘い直されるリスクを避けられますね! 病気について深く突っ込んでくる人はいない、そんな心理をついた作戦です。

4. グループLINEに返信をもらえない時

 保育園や幼稚園の場合、グループLINEで意見や回答を募ることがあります。でも、中にはいるんですよね……なかなか返事をしてくれないママって。普通だったら返事が来ない人には催促するしかないのですが、事前にできる対策があるんです。

 それは、「だいたいの内容は決めておく」「締め切りを決める」「問題がなければ返信不要にしておく」こと。こうしておけば、返信がなくても進めていいという逃げ道ができますし、LINEを送ったママたちも相手を責められませんよね。

5. だらだらLINEを防ぎたい時

 ママ友同士のLINEで多い悩みが、だらだら続くLINE。忙しいママからしたら、「こっちは暇じゃない!」と言いたくなりますが、もちろんそんなことは言えません。そんな時には、仕事の繁忙期を使いましょう。

 たとえば、このLINEのように、特に内容もないだらだらしたLINEが届きはじめたら「今仕事が繁忙期で、なかなか返信ができない」と伝えておきましょう。常識のあるママなら、「今はあまりLINEするのはやめておこう」と思うはずです。

ママ友LINEには角が立たないように上手に返信しよう

 言葉はとても難しいもの。同じ内容を伝えるのでも、ちょっとした言い方の違いでまったく違う伝わり方をしてしまうことがあります。気軽に送れるLINEだからこそ、慎重に言葉を選んで柔らかく賢く伝えていきましょう。子供に影響が及ばないように、上手にママ友関係を楽しんでくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...