美容のプロが伝授 老けないモテ女はこの“3ライン”を意識する

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-04-09 06:38
投稿日:2019-04-09 06:00
 年齢を重ねるにつれ、私たちの顔と体には様々な変化が訪れます。シミ、シワ、クスミ、薄毛。中でも顕著な変化が「肌のタルミ」。加齢には逆らえないと思いつつも、なるべく若々しくありたいのが女ゴコロ。前回の「CA流お手軽ヘアポイント ここを直せば見た目マイナス5歳に」に続き、今回は、女性の「死守すべき3つのライン」を元CAでコスメコンシェルジュの筆者がお伝えします。

1. まつ毛の隙間を埋めるだけでOK「アイライン」

アイライナーで目ヂカラ復活(写真:iStock)
アイライナーで目ヂカラ復活 (写真:iStock)

 年ごとに目の周囲の皮膚のハリが失われ、まぶたが覆いかぶさってくる老化現象は、アラフォー女性なら誰もが経験したことでしょう。

 密集していたまつ毛も薄くなり、細く、短くなっていくのですから、若いころとは段違いに目ヂカラがダウンします。

 さて、20代女性ならまだしも、オトナ女子のアイラインは「まつ毛の隙間を埋める」ことに徹すると、派手は印象になりません。目の輪郭が美しく際立ち、黒目と白目のコントラストもくっきり。目ヂカラがよみがえります。

2. 老けは顔の下半身に現れる「フェイスライン」

美しいフェイスラインを保つには…(写真:iStock)
美しいフェイスラインを保つには… (写真:iStock)

 50代の美魔女の友人たちに訊いたところ、法令線や目じりのシワよりも気にしているのが「耳からアゴにかけて、美しいフェイスラインを保つ」との声が多かかったです。

 確かに、目じりに笑いジワがあるよりも、二重アゴやブルドッグのようなたるんだ輪郭のほうが圧倒的に老け見えします。

 トレーニング法はさまざま。

・常に口角をあげる
・「ウ・イ・ス・キー」と発声し、口周りの筋肉を鍛える
・口内で舌をぐるぐる回し、舌の筋肉を鍛える
・ネットで覚えた顔ヨガを習慣化する

など、テレビを観たり、家事をしながらでもできることばかり。キレイは日々の地味な努力から作られていたのですね。このコラムをお読みくださっている皆さんも、さっそく「ながらトレーニング」をされてはいかがでしょう?

3. ちょいポチャさんもココは押さえて!「ウエストライン」

メリハリある体は若さの証拠(写真:iStock)
メリハリある体は若さの証拠 (写真:iStock)

 女性が思う以上に、男性は「ふっくら体型」の女性に魅力感じています。

 その一方で、「太っていてもここだけは細くいてほしい」と願うパーツの1位が「ウエストのくびれ」。

 骨格の関係で、男性にはウエストのくびれがありません。自分に無いからこそ憧れるのは、柔らかなバストやヒップとともに、くびれも同様ではないでしょうか。

 細い腰から続くハリのあるヒップラインは、若さの証拠であり、男性の気持ちをダイレクトに刺激します。

 美魔女たちも、あえてウエストが際立つファッションを心がけ、自分磨きを怠けないようにしている人も多いのです。

 メリハリあるくびれを手に入れるためにも

・おへそを縦に伸ばすイメージで姿勢を正す
・腹筋を意識して過ごす

 この2点を気をつけてみて下さい。

「通勤中だけ」「スマホを見る時だけ」と限定するだけでも、一週間後にはかなり差が出ますよ。

まとめ

少しの心掛けで魅力アップ(写真:iStock)
少しの心掛けで魅力アップ (写真:iStock)

 アイライン、フェイスライン、ウエストライン――若さを保つ3つのラインを心がけるだけで、魅力が一気にアップします。さあ、今日から意識して、美しい春を迎えましょう。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...
流行りの「キレイ色」多すぎ…大人だから似合うおすすめは?
 暗めの色がしっくりくる秋冬が終わり、いよいよ春に向けてコーディネートも変えていきたい気分♡ でも、大人女子になると、た...