美容のプロが伝授 老けないモテ女はこの“3ライン”を意識する

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2019-04-09 06:38
投稿日:2019-04-09 06:00
 年齢を重ねるにつれ、私たちの顔と体には様々な変化が訪れます。シミ、シワ、クスミ、薄毛。中でも顕著な変化が「肌のタルミ」。加齢には逆らえないと思いつつも、なるべく若々しくありたいのが女ゴコロ。前回の「CA流お手軽ヘアポイント ここを直せば見た目マイナス5歳に」に続き、今回は、女性の「死守すべき3つのライン」を元CAでコスメコンシェルジュの筆者がお伝えします。

1. まつ毛の隙間を埋めるだけでOK「アイライン」

アイライナーで目ヂカラ復活(写真:iStock)
アイライナーで目ヂカラ復活 (写真:iStock)

 年ごとに目の周囲の皮膚のハリが失われ、まぶたが覆いかぶさってくる老化現象は、アラフォー女性なら誰もが経験したことでしょう。

 密集していたまつ毛も薄くなり、細く、短くなっていくのですから、若いころとは段違いに目ヂカラがダウンします。

 さて、20代女性ならまだしも、オトナ女子のアイラインは「まつ毛の隙間を埋める」ことに徹すると、派手は印象になりません。目の輪郭が美しく際立ち、黒目と白目のコントラストもくっきり。目ヂカラがよみがえります。

2. 老けは顔の下半身に現れる「フェイスライン」

美しいフェイスラインを保つには…(写真:iStock)
美しいフェイスラインを保つには… (写真:iStock)

 50代の美魔女の友人たちに訊いたところ、法令線や目じりのシワよりも気にしているのが「耳からアゴにかけて、美しいフェイスラインを保つ」との声が多かかったです。

 確かに、目じりに笑いジワがあるよりも、二重アゴやブルドッグのようなたるんだ輪郭のほうが圧倒的に老け見えします。

 トレーニング法はさまざま。

・常に口角をあげる
・「ウ・イ・ス・キー」と発声し、口周りの筋肉を鍛える
・口内で舌をぐるぐる回し、舌の筋肉を鍛える
・ネットで覚えた顔ヨガを習慣化する

など、テレビを観たり、家事をしながらでもできることばかり。キレイは日々の地味な努力から作られていたのですね。このコラムをお読みくださっている皆さんも、さっそく「ながらトレーニング」をされてはいかがでしょう?

3. ちょいポチャさんもココは押さえて!「ウエストライン」

メリハリある体は若さの証拠(写真:iStock)
メリハリある体は若さの証拠 (写真:iStock)

 女性が思う以上に、男性は「ふっくら体型」の女性に魅力感じています。

 その一方で、「太っていてもここだけは細くいてほしい」と願うパーツの1位が「ウエストのくびれ」。

 骨格の関係で、男性にはウエストのくびれがありません。自分に無いからこそ憧れるのは、柔らかなバストやヒップとともに、くびれも同様ではないでしょうか。

 細い腰から続くハリのあるヒップラインは、若さの証拠であり、男性の気持ちをダイレクトに刺激します。

 美魔女たちも、あえてウエストが際立つファッションを心がけ、自分磨きを怠けないようにしている人も多いのです。

 メリハリあるくびれを手に入れるためにも

・おへそを縦に伸ばすイメージで姿勢を正す
・腹筋を意識して過ごす

 この2点を気をつけてみて下さい。

「通勤中だけ」「スマホを見る時だけ」と限定するだけでも、一週間後にはかなり差が出ますよ。

まとめ

少しの心掛けで魅力アップ(写真:iStock)
少しの心掛けで魅力アップ (写真:iStock)

 アイライン、フェイスライン、ウエストライン――若さを保つ3つのラインを心がけるだけで、魅力が一気にアップします。さあ、今日から意識して、美しい春を迎えましょう。

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...