45歳バツイチ男に“オバサン呼ばわり”されたアラサー女の悲劇

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-04-09 06:00
投稿日:2019-04-09 06:00
 女も30を過ぎるとシビアな婚活情勢をひしひしと感じるようになって、それまで目もくれていなかった「バツ有り男」も一気に視野に入れるようになるという風潮がありますよね。
 今回は、バツイチの彼氏ならではのある理由で、ザンネンな恋の痛手を負ったアラサーOL・綾子ちゃん(仮名)の #ザン恋 エピソードをご紹介します。

バツイチの彼と結婚も視野に入れた交際スタート

紹介してもらった先輩は実はバツイチ(写真:iStock)
紹介してもらった先輩は実はバツイチ (写真:iStock)

 当初は「30歳までに結婚したい」との思いから、29歳満期まで合コン・パーティーととにかく出会いのある場所へフットワーク軽く出向いていた綾子ちゃん。

 しかし、積極的に行動するもご縁に恵まれず、30歳を過ぎるとだんだんと合コンにも呼ばれなくなり……出会いも減る一方。しだいに鋭気も失いかけていた34歳のある日、職場の男の先輩がいい人を紹介してくれるというので、そのお相手と先輩の3人で食事に行くことになりました。

前妻は二回り年下の20代前半

 西麻布の和食居酒屋「権八」で待ち合わせて、ラフなご飯会がスタート。

 紹介された男性は、職場の先輩の“学生時代の先輩”ということで、年齢は45歳。港区で会社経営をしているという、ゴルフで日焼けした肌がちょっとチャラそうに見える、豪さん(仮名)。

 話を聞いていくと、彼はバツイチ。前の嫁さんは二回り年下の20代前半で、彼は結婚してからすぐに子どもを作りたかったけど元嫁はまだまだ仕事をしたいだとか、家事の分担や金銭感覚などの価値観のズレを埋めることができずに離婚したのだそう。

 飲みながら綾子ちゃんと話をしていく中で、紹介してくれた職場の先輩に「この子と話していると落ち着くな、やっぱり結婚相手はこうでなくちゃいけないんだよな〜」と、豪さんは上機嫌に言っていました。

 そして3人での会食後、すぐに2人は連絡を取り合い、ほどなくして交際がスタートしました。

耳を疑った「オバサンは落ち着くな〜」のひと言

スウェット&スッピンでも笑顔だったのは…(写真:iStock)
スウェット&スッピンでも笑顔だったのは… (写真:iStock)

 豪さんとの交際はとても順調に進んでいました。「1年以内に結婚しよう」とまで言われて、まさに幸せの絶頂!

《今までバツイチ男性って良いイメージなかったけど、実際に付き合ってみると良い意味で現実的というか、女性に対してヘンに夢を抱いていないから、ありのままの自分で付き合えて良いかも……》

 と、思い直していた綾子ちゃん。

 彼の家に泊まったときには、スエットに着替えてスッピンでゴロゴロしても笑顔で迎え入れてくれるほど、懐の広い豪さんに「バツイチ最高!」なんて口に出してしまいそうになるほど、居心地のいい付き合いでした。

 紹介してくれた職場の先輩には感謝の思いでいっぱいだったので、ある日、その先輩と一緒に行く商談があった時に「豪さんと引き合わせてくれてありがとうございました。お陰さまで順調にお付き合いしています」と伝えました。

 すると、先輩も「順調なんだってね、話は聞いてるよ。豪さんも『やっぱりナンダカンダンで付き合うのはオバチャンの方が落ち着くね〜』って喜んでたよ」と言ってきたのです。

《え……? オバチャンって誰のこと?》

 綾子ちゃんは耳を疑いました。

いくつも蘇る「落ち着くな~」

 自分は34歳で彼は45歳……11歳も年下の私のことを「オバチャン」ですって?

 でも、その後も続く先輩の話から、どう考えても“オバチャン呼ばわり”されているのは私のことでした。

《20代の若い元嫁に懲りたから、アラサーの私と付き合って居心地良いってわけね……》

 それから家に帰って一人になり、今一度彼との会話を振り返ってみると、たしかに私と居るときにやたらと「落ち着くな〜」と言っているシーンがいくつも蘇ったのです。

《許せない! 自分は45歳のくせに!!》

 綾子ちゃんの恋心は一気に冷めきって、次の瞬間にはLINEで別れを告げていたのです。

 こうして、2人の結婚前提の恋は、ザンネンな結末を迎えました。

 紹介してくれた職場の先輩が、なぜ「オバサン呼ばわり」していることを、綾子ちゃんに喋ってしまったのかが悔やまれますが……いずれにしても、いつかは知ってしまうことだったでしょう。

【今日の一言メモ】男は歳をとっても、自分だけは永遠に若者気分!?

 同じ女性としては許しがたい「オバサン呼ばわり」ですが、男性の中ではこういう感覚もあるものなんだと、勉強になりました(笑)。

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

田中絵音
記事一覧
日本合コン協会会長
一般社団法人日本合コン協会会長、恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。また一児の母であり、ママ向けイベントを行う「東京ママパーティー」の主宰も務める。著書に「こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)」
(双葉社)など。
ブログTwitterInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
実家が太い男“ほぼ100パー”特徴と見極め方 玉の輿乗れますか
 結婚相手を選ぶ時、「お金じゃない」なんて言いながらもリッチな男性につい惹かれてしまう女性は多いのではないでしょうか。不...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ
理系男子に告ぐ! イチイチめんどくさい恋愛エピ&対処法
 知的でクールな印象の理系男子って魅力的ですよね。でも、理系男子に惹かれてお付き合いをはじめた女性の中には、理系ならでは...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
デート代、端数も計算してたんかい!ケチな男の仰天LINE3選
「好きなら男に経済力なんかなくてもいい!」と思っているそこのあなた。リアルに“ケチ”な姿を見ても、同じセリフを言えますか...
恋バナ調査隊 2023-01-28 06:00 ラブ
「アプリで見つけた彼女候補」と主張 一線越える気がない男
「冷酷と激情のあいだvol.127〜女性編〜」では、アプリで出会った恋人であるナオキさん(仮名)と半年間にわたって一度も...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
お金狙い?結婚前提なのにレスな彼にしびれを切らす45歳独女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-01-28 06:00 ラブ
めんどくさいと諦め寸前エピ…繊細彼氏→最高彼氏にバケる!?
 細かいところに気がついてくれる彼氏って素敵ですよね。「よく気が利く」「気持ちを察してくれる」と、はじめは魅力を感じるで...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
私たちが事実婚を選んだ3つの理由 デメリットも忘れないで
 婚姻届を提出せずに、夫婦と同じような関係で生活を送る「事実婚」。内縁関係とも言われますね。女性なら、結婚して籍を入れる...
恋バナ調査隊 2023-01-27 06:00 ラブ
連チャン最優先!? ギャンブル好き彼氏の激ヤバエピ&上手に付き合う法
 どんなにイケメンで魅力的な彼氏でも、ギャンブル好きだとわかった時点でドン引きしてしまう女性も多いでしょう。今回は、ギャ...
恋バナ調査隊 2023-01-26 06:00 ラブ
ATMにされてない? ママ活男子のおねだりに必殺返しワザ3選
 パパ活の逆ヴァージョンであるママ活という言葉が生まれて数年が経ちました。  それ以降、マッチングアプリではお金目当て...
内藤みか 2023-01-26 06:00 ラブ
友達を好きになったら…告白で関係を壊したくない人の注意点
 今まで恋愛感情がなかった異性の友人に対して、ひょんなことで「自分はあいつが好きなんだ」と気づいてしまった……なんてこと...
若林杏樹 2023-01-25 06:00 ラブ