45歳バツイチ男に“オバサン呼ばわり”されたアラサー女の悲劇

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-04-09 06:00
投稿日:2019-04-09 06:00
 女も30を過ぎるとシビアな婚活情勢をひしひしと感じるようになって、それまで目もくれていなかった「バツ有り男」も一気に視野に入れるようになるという風潮がありますよね。
 今回は、バツイチの彼氏ならではのある理由で、ザンネンな恋の痛手を負ったアラサーOL・綾子ちゃん(仮名)の #ザン恋 エピソードをご紹介します。

バツイチの彼と結婚も視野に入れた交際スタート

紹介してもらった先輩は実はバツイチ(写真:iStock)
紹介してもらった先輩は実はバツイチ (写真:iStock)

 当初は「30歳までに結婚したい」との思いから、29歳満期まで合コン・パーティーととにかく出会いのある場所へフットワーク軽く出向いていた綾子ちゃん。

 しかし、積極的に行動するもご縁に恵まれず、30歳を過ぎるとだんだんと合コンにも呼ばれなくなり……出会いも減る一方。しだいに鋭気も失いかけていた34歳のある日、職場の男の先輩がいい人を紹介してくれるというので、そのお相手と先輩の3人で食事に行くことになりました。

前妻は二回り年下の20代前半

 西麻布の和食居酒屋「権八」で待ち合わせて、ラフなご飯会がスタート。

 紹介された男性は、職場の先輩の“学生時代の先輩”ということで、年齢は45歳。港区で会社経営をしているという、ゴルフで日焼けした肌がちょっとチャラそうに見える、豪さん(仮名)。

 話を聞いていくと、彼はバツイチ。前の嫁さんは二回り年下の20代前半で、彼は結婚してからすぐに子どもを作りたかったけど元嫁はまだまだ仕事をしたいだとか、家事の分担や金銭感覚などの価値観のズレを埋めることができずに離婚したのだそう。

 飲みながら綾子ちゃんと話をしていく中で、紹介してくれた職場の先輩に「この子と話していると落ち着くな、やっぱり結婚相手はこうでなくちゃいけないんだよな〜」と、豪さんは上機嫌に言っていました。

 そして3人での会食後、すぐに2人は連絡を取り合い、ほどなくして交際がスタートしました。

耳を疑った「オバサンは落ち着くな〜」のひと言

スウェット&スッピンでも笑顔だったのは…(写真:iStock)
スウェット&スッピンでも笑顔だったのは… (写真:iStock)

 豪さんとの交際はとても順調に進んでいました。「1年以内に結婚しよう」とまで言われて、まさに幸せの絶頂!

《今までバツイチ男性って良いイメージなかったけど、実際に付き合ってみると良い意味で現実的というか、女性に対してヘンに夢を抱いていないから、ありのままの自分で付き合えて良いかも……》

 と、思い直していた綾子ちゃん。

 彼の家に泊まったときには、スエットに着替えてスッピンでゴロゴロしても笑顔で迎え入れてくれるほど、懐の広い豪さんに「バツイチ最高!」なんて口に出してしまいそうになるほど、居心地のいい付き合いでした。

 紹介してくれた職場の先輩には感謝の思いでいっぱいだったので、ある日、その先輩と一緒に行く商談があった時に「豪さんと引き合わせてくれてありがとうございました。お陰さまで順調にお付き合いしています」と伝えました。

 すると、先輩も「順調なんだってね、話は聞いてるよ。豪さんも『やっぱりナンダカンダンで付き合うのはオバチャンの方が落ち着くね〜』って喜んでたよ」と言ってきたのです。

《え……? オバチャンって誰のこと?》

 綾子ちゃんは耳を疑いました。

いくつも蘇る「落ち着くな~」

 自分は34歳で彼は45歳……11歳も年下の私のことを「オバチャン」ですって?

 でも、その後も続く先輩の話から、どう考えても“オバチャン呼ばわり”されているのは私のことでした。

《20代の若い元嫁に懲りたから、アラサーの私と付き合って居心地良いってわけね……》

 それから家に帰って一人になり、今一度彼との会話を振り返ってみると、たしかに私と居るときにやたらと「落ち着くな〜」と言っているシーンがいくつも蘇ったのです。

《許せない! 自分は45歳のくせに!!》

 綾子ちゃんの恋心は一気に冷めきって、次の瞬間にはLINEで別れを告げていたのです。

 こうして、2人の結婚前提の恋は、ザンネンな結末を迎えました。

 紹介してくれた職場の先輩が、なぜ「オバサン呼ばわり」していることを、綾子ちゃんに喋ってしまったのかが悔やまれますが……いずれにしても、いつかは知ってしまうことだったでしょう。

【今日の一言メモ】男は歳をとっても、自分だけは永遠に若者気分!?

 同じ女性としては許しがたい「オバサン呼ばわり」ですが、男性の中ではこういう感覚もあるものなんだと、勉強になりました(笑)。

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

ラブ 新着一覧


FILM
「女の勘はするどい」と、聞いたことがある方は多いでしょう。男性からしてみると厄介な“女の勘”ですが、実は不思議と当たって...
リタ・トーコ 2020-04-08 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスの猛威が止まりません。小中学校の多くは休校となり、働く大人も在宅勤務に切り替えることで、家族全員が長...
田中絵音 2020-04-07 12:07 ラブ
FILM
 あなたは、結婚相手に何を望みますか? きっと「経済力」と、答える人も多いでしょう。そんな女性にとって、“お金持ち男性”...
恋バナ調査隊 2020-04-07 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして、いつもコラムを見ています!  私は26歳で美容師をしているのですが、なかなか恋愛がうまくいきません...
神崎メリ 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 結婚願望があるにも関わらず、「恋人ができても結婚話が出ない」「結婚相手が見つからない」という人もいるでしょう。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-04-05 06:00 ラブ
FILM
 恋愛には「妥協が必要!」という声と、「妥協はしない方がいい!」という2つの声がありますね。でも、実際のところは「妥協は...
恋バナ調査隊 2020-04-04 06:00 ラブ
FILM
 恋人ができれば、友達や同僚に伝えたくなるもの。しかし、社内恋愛の場合には、バレてしまった時にデメリットがあるため、職場...
恋バナ調査隊 2020-04-03 06:00 ラブ
FILM
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつ...
恋バナ調査隊 2020-04-02 06:00 ラブ
FILM
「待てど暮らせど、男性から連絡が来ない……」「いつも連絡するのは私から……」そんな男性に、イライラしている女性も多いので...
恋バナ調査隊 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
「あの子、育ちが良さそうだよね。良いところのお嬢様って感じがする」  あなたの身の回りにもいませんか? ものすごく...
七海 2020-04-01 06:00 ラブ
FILM
 私のもとに婚活相談に来る女性の3割が、元彼が忘れられないという女性です。 「元彼のことが忘れられない→でも元彼か...
山本早織 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
「好きだから嫉妬する」、これは当たり前の感情です。でも、嫉妬をすると不安や罪悪感などネガティブな感情になってしまう……と...
リタ・トーコ 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 恋人がほしいと思っている人にとって、マッチングサイトは魅力的な存在。マイペースに恋活をすることができますから、忙しい人...
恋バナ調査隊 2020-03-31 06:00 ラブ
FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ
FILM
 異常気象や自然災害、ウイルス蔓延、高齢化社会など、将来が心配になるようなニュースが多い昨今。だからこそ、パートナーを選...
FILM
 あなたは、不倫にどんなイメージを持っていますか? 中には、「スリルを味わえる楽しい恋愛」と思っている人もいるかもしれま...
恋バナ調査隊 2020-03-29 06:00 ラブ