洗面台にはAesopのソープ “美意識高すぎ男子”との疲れる恋

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-03-27 06:00
投稿日:2019-03-27 06:00
「インスタで見掛けるオシャレカップルに憧れる!」なんて言う女子も多い昨今。映える彼氏にも落とし穴が!?
日本合コン協会の会長をしている私のところにも、実に様々な「ザンネンな恋の話」が日々寄せられます。
 今回は、ファッションもインテリアも完璧主義のオシャレな彼と出会い、一時は盛り上がったものの、結果的に“ザンネンな恋”になってしまった、26歳ネイリストの麻美ちゃん(仮名)の #ザン恋 エピソードをご紹介します。

男友達からも「オシャレ番長」と言われる彼

「オシャレ番長」に一目惚れ(写真:iStock)
「オシャレ番長」に一目惚れ (写真:iStock)

 昨年末のクリスマスから年末年始にかけて、彼氏がいないとこんなにも寂しいんだ……と痛感した麻美ちゃんが、出会いを広げるべく、積極的に色んなところへ出掛けていた中で参加した、とある友達の誕生日パーティーにて。4人組の男性たちと知り合いました。

 彼らは「飲み友達」なんだそうで、出身も仕事もバラバラだけど、気の合う仲間のよう。

 その中で、顔はそんなにイケメンというわけではないけど、センスのよい服装とオシャレなメガネをかけて、髪もお肌もつやっつやのヒカル君(仮名)がいました。男友達からもこぞって「こいつはオシャレ番長なんだよ〜」って言われているその彼のことを、麻美ちゃんはもはや一目惚れの勢いで気に入ってしまったのです。

 すぐさま麻美ちゃんからLINEでデートに誘い、2人で夜ゴハンを食べにいくことになりました。

初めてのお泊まりで見た彼のハンドソープに衝撃

洗面所に高級ハンドソープが(写真:iStock)
洗面所に高級ハンドソープが (写真:iStock)

 麻美ちゃんから誘ったにも関わらず、お店は彼がスマートに予約してくれていました。白い壁にウッド調のテーブルで、オーガニック野菜が取り入れられたイタリアンのお店です。店員さんもみんなオシャレでイケメン風なのに、気さくに話しかけてくる感じも、またイイ!

《このお店に来ただけで、なんだか女子力が上がりそうだわ》

 なんて思いながら、その雰囲気に溶け込むヒカルくんがまた格好良くて、惚れ惚れする麻美ちゃん。そんな彼女の気持ちを察したのか、彼のほうから二軒目も誘ってくれて、気づいたら終電を逃してしまったのです!

「うちに来る?」とヒカルくん。
「何もしなければ……」と、麻美ちゃんはお泊まりすることに!

 いざ家に行ってみると、警戒心なんてふっ飛ぶような、オシャレな部屋のインテリア! 部屋の端からビヨーンと伸びて垂れ下がる照明、名称のわからない青々とした観葉植物、奇抜なタッチの絵画などなど。

 一通りお部屋を見せてもらってから、麻美ちゃんは「洗面台借りるね!」と手を洗いに行きました。

 すると、蛇口の横に置いてあったソープが……Aesop(イソップ)だったのです!

《一人暮らしの男性の家に、まさか高品質コスメのAesopが置いてあるなんて感動! やっぱりヒカルくんって素敵だわ♡》

 と、ますます麻美ちゃんは、スタイリッシュでセンスの良いヒカルくんに好意を抱いていきました。

 そして、その夜。

 一線は越えないものの、2人は添い寝をして朝を迎えます。

 ソフレな2人は、また度々デートを重ねて、友達以上恋人未満な関係に。いつ正式なお付き合いがスタートしてもおかしくない状態になりました。

彼女にも高レベルの美意識を求める彼。

インスタ映えも楽じゃない(写真:iStock)
インスタ映えも楽じゃない (写真:iStock)

 2人でお買い物デートへ出掛けた、ある日のこと。お互いの洋服や靴を中心に、表参道あたりをブラブラとショッピングして回っていました。

 女性向けアパレルショップに入ったときに、ヒカルくんが「このブレスレット可愛くない? 麻美ちゃんつけてみてよ」と言うので、腕を差し出すと……

「え? ちょっと、このネイルはなくない?」と、ヒカルくんが怪訝な表情で言ってきたのです。

 突然のことに驚いた麻美ちゃんは、一瞬なんのことか分からなかったのですが、よくよく見ると、確かにネイルが剥げていたので「あっ! ホントだ、恥ずかしい〜」と笑ってみせたけど、ヒカルくんは全然笑ってない。

「女の子ならさ、美容のメンテナンスちゃんとした方がいいよ!」と、ヒカルくんから厳しい一言が飛んできたのです。

 この一件があった直後は、「ヒカルくんのお陰で、私も美意識高くいられるから感謝」とポジティブに思っていた麻美ちゃん。

 しかし、その後もヒールの先がすり減っているとか、ニットに毛玉かついているとか、前髪か決まってないとか……外見にチクチク言ってくることが多くて、麻美ちゃんは次第にヒカルくんとのデートに疲れていってしまったそうです。

 そして、LINEの返事もだんだんと億劫になり、2人の関係はフェードアウト! ソフレ以上の関係になることはなく、終了となりました。

 オシャレな彼氏は欲しいけど、自分にも同じレベルで美意識を要求されると疲れてしまいますよね。そんな彼と結婚したら、結構大変かも!?

【今日の一言メモ】インスタ映えするカップルには、並々ならぬ努力アリ!

価値観の近い人とお付き合いすることが、長続きする秘訣かもしれませんね。

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 06:00 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...