洗面台にはAesopのソープ “美意識高すぎ男子”との疲れる恋

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-03-27 06:00
投稿日:2019-03-27 06:00
「インスタで見掛けるオシャレカップルに憧れる!」なんて言う女子も多い昨今。映える彼氏にも落とし穴が!?
日本合コン協会の会長をしている私のところにも、実に様々な「ザンネンな恋の話」が日々寄せられます。
 今回は、ファッションもインテリアも完璧主義のオシャレな彼と出会い、一時は盛り上がったものの、結果的に“ザンネンな恋”になってしまった、26歳ネイリストの麻美ちゃん(仮名)の #ザン恋 エピソードをご紹介します。

男友達からも「オシャレ番長」と言われる彼

「オシャレ番長」に一目惚れ(写真:iStock)
「オシャレ番長」に一目惚れ (写真:iStock)

 昨年末のクリスマスから年末年始にかけて、彼氏がいないとこんなにも寂しいんだ……と痛感した麻美ちゃんが、出会いを広げるべく、積極的に色んなところへ出掛けていた中で参加した、とある友達の誕生日パーティーにて。4人組の男性たちと知り合いました。

 彼らは「飲み友達」なんだそうで、出身も仕事もバラバラだけど、気の合う仲間のよう。

 その中で、顔はそんなにイケメンというわけではないけど、センスのよい服装とオシャレなメガネをかけて、髪もお肌もつやっつやのヒカル君(仮名)がいました。男友達からもこぞって「こいつはオシャレ番長なんだよ〜」って言われているその彼のことを、麻美ちゃんはもはや一目惚れの勢いで気に入ってしまったのです。

 すぐさま麻美ちゃんからLINEでデートに誘い、2人で夜ゴハンを食べにいくことになりました。

初めてのお泊まりで見た彼のハンドソープに衝撃

洗面所に高級ハンドソープが(写真:iStock)
洗面所に高級ハンドソープが (写真:iStock)

 麻美ちゃんから誘ったにも関わらず、お店は彼がスマートに予約してくれていました。白い壁にウッド調のテーブルで、オーガニック野菜が取り入れられたイタリアンのお店です。店員さんもみんなオシャレでイケメン風なのに、気さくに話しかけてくる感じも、またイイ!

《このお店に来ただけで、なんだか女子力が上がりそうだわ》

 なんて思いながら、その雰囲気に溶け込むヒカルくんがまた格好良くて、惚れ惚れする麻美ちゃん。そんな彼女の気持ちを察したのか、彼のほうから二軒目も誘ってくれて、気づいたら終電を逃してしまったのです!

「うちに来る?」とヒカルくん。
「何もしなければ……」と、麻美ちゃんはお泊まりすることに!

 いざ家に行ってみると、警戒心なんてふっ飛ぶような、オシャレな部屋のインテリア! 部屋の端からビヨーンと伸びて垂れ下がる照明、名称のわからない青々とした観葉植物、奇抜なタッチの絵画などなど。

 一通りお部屋を見せてもらってから、麻美ちゃんは「洗面台借りるね!」と手を洗いに行きました。

 すると、蛇口の横に置いてあったソープが……Aesop(イソップ)だったのです!

《一人暮らしの男性の家に、まさか高品質コスメのAesopが置いてあるなんて感動! やっぱりヒカルくんって素敵だわ♡》

 と、ますます麻美ちゃんは、スタイリッシュでセンスの良いヒカルくんに好意を抱いていきました。

 そして、その夜。

 一線は越えないものの、2人は添い寝をして朝を迎えます。

 ソフレな2人は、また度々デートを重ねて、友達以上恋人未満な関係に。いつ正式なお付き合いがスタートしてもおかしくない状態になりました。

彼女にも高レベルの美意識を求める彼。

インスタ映えも楽じゃない(写真:iStock)
インスタ映えも楽じゃない (写真:iStock)

 2人でお買い物デートへ出掛けた、ある日のこと。お互いの洋服や靴を中心に、表参道あたりをブラブラとショッピングして回っていました。

 女性向けアパレルショップに入ったときに、ヒカルくんが「このブレスレット可愛くない? 麻美ちゃんつけてみてよ」と言うので、腕を差し出すと……

「え? ちょっと、このネイルはなくない?」と、ヒカルくんが怪訝な表情で言ってきたのです。

 突然のことに驚いた麻美ちゃんは、一瞬なんのことか分からなかったのですが、よくよく見ると、確かにネイルが剥げていたので「あっ! ホントだ、恥ずかしい〜」と笑ってみせたけど、ヒカルくんは全然笑ってない。

「女の子ならさ、美容のメンテナンスちゃんとした方がいいよ!」と、ヒカルくんから厳しい一言が飛んできたのです。

 この一件があった直後は、「ヒカルくんのお陰で、私も美意識高くいられるから感謝」とポジティブに思っていた麻美ちゃん。

 しかし、その後もヒールの先がすり減っているとか、ニットに毛玉かついているとか、前髪か決まってないとか……外見にチクチク言ってくることが多くて、麻美ちゃんは次第にヒカルくんとのデートに疲れていってしまったそうです。

 そして、LINEの返事もだんだんと億劫になり、2人の関係はフェードアウト! ソフレ以上の関係になることはなく、終了となりました。

 オシャレな彼氏は欲しいけど、自分にも同じレベルで美意識を要求されると疲れてしまいますよね。そんな彼と結婚したら、結構大変かも!?

【今日の一言メモ】インスタ映えするカップルには、並々ならぬ努力アリ!

価値観の近い人とお付き合いすることが、長続きする秘訣かもしれませんね。

 また次回の #ザン恋 もお楽しみに!

田中絵音
記事一覧
日本合コン協会会長
一般社団法人日本合コン協会会長、恋愛アドバイザー。2000回以上の合コンイベントに携わり、男女の恋愛心理に精通する。また一児の母であり、ママ向けイベントを行う「東京ママパーティー」の主宰も務める。著書に「こじらせ男子の取扱説明書(トリセツ)」
(双葉社)など。
ブログXInstagram

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ