サイゼリヤ「ラムのランプステーキ」を食す 2022.3.31(木)

コクハク編集部
更新日:2022-03-31 06:00
投稿日:2022-03-31 06:00
 3月9日にサイゼリヤが“2022年春のグランドメニュー改定”を行いました。それに伴い、2021年3月に発売された「ラムのランプステーキ」が復活しましたよー。

幻のメニュー「ラムのランプステーキ」

好きです、サイゼリヤ(C)コクハク
好きです、サイゼリヤ (C)コクハク

 サイゼリヤでお肉といえば、「骨付きももの辛味チキン」一択でしたが、「ラムのランプステーキ」なんて聞いたら浮気してまうがな。尻軽な私をお許しくださいませ。

 というのも、この「ラムのランプステーキ」は2021年の発売時、あまりに人気が出たため、わずか2カ月で販売終了してしまったんです。今回も期間限定、なくなり次第販売終了とのこと。これは行くしかないでしょう!

 サイゼリヤといえば、少し前に世間を騒がせていた「サイゼリヤ論争」はどうなったのでしょうか。

「初デートでサイゼリヤはありか? なしか?」なんて聞かれてもねえ。サイゼリヤをこよなく愛する民としては、断然あり。むしろ感激ですがな。初デートじゃなくてもいい、誕生日デートでも記念日デートでも全然OK。

 しかも2021年からフリーWi-Fiの導入も開始。2022年の1月には全店舗での設置が完了したとのこと。もうね、ぶっちゃけ住める。最高でしかないわ。

「ラムのランプステーキ」ご到着!

「ラムのランプステーキ」(税込1000円)(C)コクハク
「ラムのランプステーキ」(税込1000円) (C)コクハク

 はい、ドーン! こちらが念願の「ラムのランプステーキ」でございます。注文してから、約8分でテーブルにやってきました。待ってたよ。

 どれどれ、思っていたよりボリュームがありますね。

 ミディアムレア状態での提供なので、自分好みの焼き加減に調整できるのも◎。

肉汁じゅわ~♡

ジューシーな赤身肉(C)コクハク
ジューシーな赤身肉 (C)コクハク

 どうですか? なかなかの肉厚っぷりじゃないですか♡ ちなみに「ランプ」とは腰からお尻にかけての、赤身が多く柔らかい部位のこと。赤身ってのが、アラフォーにも優しい仕様になっていますね。赤身肉は0キロカロリー(違います)。

 では、いただきます。

 おお、すごいぞ、めっちゃジューシー! 肉汁が口の中に広がって、一口で幸せな気持ちに。羊さんありがとう。

 ラムの独特な味わいを生かしつつも、全くクセがありません。非常に食べやすいお味になっております。歯ごたえがしっかりしているところもGood! 肉を食ってるぞという満足感がハンパない。

味変アイテムもバッチリ!

「シチリア産の海塩」と「やみつきスパイス」(C)コクハク
「シチリア産の海塩」と「やみつきスパイス」 (C)コクハク

 お肉と一緒にお皿に鎮座しているのは「シチリア産の海塩」と「やみつきスパイス」です。こちらで味変も可能です。メニューによると「ラム本来の旨みを楽しむなら海塩」「ラム肉と相性のいいバーベキュー味で楽しむならやみつきスパイス」とのこと。

「やみつきスパイス」はナイフの先を使ってふりかけるのが◎(C)コクハク
「やみつきスパイス」はナイフの先を使ってふりかけるのが◎ (C)コクハク

 両方試してみましたが、筆者は「やみつきスパイス」の方が好みでした。

同じく税込1000円! 「サーロインステーキ」と比較してみた

「サーロインステーキ」(税込1000円)(C)コクハク
「サーロインステーキ」(税込1000円) (C)コクハク

「ラムのランプステーキ」はサイゼリヤでは最高価格の税込1000円。1000円て。相変わらずサイゼリヤはお安いなあ。神コスパ! ちなみに、同じお値段のメニューは「サーロインステーキ」です。

「マトンのランプステーキ」と比べると、ちょっと薄いかな(C)コクハク
「マトンのランプステーキ」と比べると、ちょっと薄いかな (C)コクハク

 肉厚感では「ラムのランプステーキ」の方が勝っているように感じました。「サーロインステーキ」も、間違いなくおいしいんだけどね!

おわりに

 欲を言えば、もうちょっと副菜があればうれしかったかなあ。しかしながら、これだけのお味とボリュームで税込1000円はコスパ良すぎ! 前述しましたが、こちらの「ラムのランプステーキ」は期間限定。気になった方は急いでチェックしてみてくださいね。

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...