「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-06-01 12:33
投稿日:2022-05-18 06:00
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったものですが、そんな熱い思いも一気に打ち砕く、お相手からのトンデモ誤爆LINEを集めてみました。アーメン……。

1.「いいパパ」の姿に我に返った女性

(C)コクハク
(C)コクハク

 不倫関係にある、しんやさんと付き合っていたこちらの女性。彼は、いつも「嫁も娘も口をきいてくれない」「家庭に居場所がない」と愚痴っていただけに、娘に送るはずの激励LINEが送られてきた瞬間、いたたまれない気持ちになったそうです。

「なんで? って感じです。関係を持ってしまったのも、家族のために頑張ってるのに報われないなんて……という同情心が大きかったのに。

 改めて、彼が父親だという事実を突きつけられて、目が覚めました。

 今までの家族不仲アピールは、私の気を引きたかっただけなのかもしれませんね。

 どちらの彼が“真実の姿”なのかなんて、もうどうでもいい。偉そうなことは言えませんが、どうぞ『いいパパ』に戻ってくださいって思いです。」(33歳女性/サービス)

2.「リアルがクソ」意外過ぎる言葉にドン引き

(C)コクハク
(C)コクハク

 アイコさんと不倫関係にある既婚男性。誤爆LINEで“猫かぶり”の正体、見たり?

「おとなしくて、控え目な女の子だと思ったのに、ビックリですよ! 職場でもいつもひとりでいて、何となく寂しそうな姿につい、魔が差したんですよね。

 好きなアイドルがいるということは聞いていましたし、“推し活”っていうんですか? そういう世界があるのも理解しているつもりだったのですが……。

 仲間内では、こんな言葉遣いになるものなんでしょうか。

『リアルがクソ』っていうのも、僕が言えた立場ではないですが、かなり傷つきました。

 本気で妻との離婚も考えていたのに……」(47歳/医療関係)

 日頃、彼に見せる対応との乖離が大きければ大きいほど、ちょっとついていけないかも……。男性は夢見る生き物ですから。

3.「お願いします!」を連呼…セクハラを揉み消しLINEに思わず涙

(C)コクハク
(C)コクハク

 こちらの女性は、ひと回り以上、年上の男性と職場不倫中。なんでも、男性が会議で同僚女性の吉野さんに対し、セクハラまがいの失言をしてしまい、彼女に許しを求めてLINEを送ってきたのだそう。

「彼は私よりずっと年上なだけあって、スマートでとってもダンディ。いつも落ち着いていて、“THE大人の男”な雰囲気に、いけないと思いながらも惹かれてしまいました。『大事にするね』『子供が成人するまであと少し、待っていて』って言葉をずっと信じていたのに。

 それなのに、セクハラ発言を揉み消そうとしてるなんて最低です。お願いしますって連呼してるのも、必死過ぎて……。情けなくて涙が出ました。私が見ていた彼は何だったんでしょうか。

 こんな人を一瞬でも素敵だと思ってしまったなんて、一生の汚点ですよ! ほんと、ありえない!」(30歳/IT系)

まとめ

 そもそも「不倫」は周囲にバレたら一巻の終わりなはず。

 それなのにLINEで誤送信をしてしまうあたり、秘密にしなければならないという自覚ないように見えますよね。彼らの迂闊すぎる行動から察するに、遅かれ早かれ、破滅の時は近かったのかもしれません。

 誤爆LINEをきっかけにお別れを決意した、3人の幸せを祈らずにはいられません。やっぱり、アーメン……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...