これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-06-01 12:29
投稿日:2022-05-17 06:00
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが、ときには「え?」と驚くようなメッセージが届くことも……!
 今回は、40代女性が出会った男性たちとのやり取りをご紹介します。クスッと笑える、マッチングアプリの現実を覗いてみましょう!

思わず二度見!マッチングアプリ男子の衝撃LINE4選

1.主張が強めな自己紹介

 こちらは40代女性と50代男性のLINEのようです。年齢と職業だけのシンプルな自己紹介なのに、とってもインパクトのあるメッセージは思わず読み返してしまいそう!

 句読点の多さにも独特な雰囲気を感じます。ちなみに「歓天喜地(かんてんきち)」とは、身を置くところがないくらいの喜びを意味するのだとか。

 実際に会ったらどんな人なんだろう? と、思わず興味をそそられる自己紹介LINEです。

2.「あと何通?」って気が早すぎる…

 マッチングアプリで出会ったら、ある程度メッセージで距離を縮めたいと思いますよね。

 お誘いを一度断られたゆうとさんは「ごめんなさい」と一旦紳士的な対応をしたものの、なんと「あと何通ですか?」と、具体的過ぎる質問を投げかけています……。

 そんな積極的男子は懲りない様子。「そう来たか」と声が出そうな意外性のある返答に、クスッと笑わされた方も多いのではないでしょうか。

3.突然のプロポーズに開いた口がふさがらない

 年齢が近いという共通点を見つけると、ソッコーで相手の女性に結婚を提案した、たかゆきさん。

「早く結婚相手を見つけたい」という気持ちが強かったのかもしれませんね。

 冗談っぽく言っているけれど、ほのかに本気度が漂っている気が……。

 結婚したいと思ってもらえるのは嬉しいものですが、強気な距離の縮め方にはツッコミを入れたくなってしまいますね。

4.どうしても家に来てほしいお兄さん

 マッチングアプリには、すぐに女性を家に呼びたがる男性もたくさんいるようです。

 既読スルーされてもまったくめげずに、おうちデートに誘う吉田氏。

 女性の気持ちを察することができなかったのか、「おーい」「見てる?」と連投LINEしてしまいます。

 男性からの積極的なアプローチは嬉しいものですが、女性の気持ちもしっかり汲んでくれる相手のほうが魅力的かも……?

マッチングアプリは素敵な出会いだけが現実じゃない!?

 マッチングアプリで出会う男性のなかには、思わず驚くようなメッセージを送る人もいる様子。

 40代女性を待ち受けるマッチングアプリの現実は「ときめく出会い」ばかりとは限らないのかもしれません。

 クスッと笑えるやり取りや、そんな発想はなかった……と驚かされるメッセージなど、恋愛以外の面白さもマッチングアプリの醍醐味といえそうですね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?
彼が『石丸伸二氏』『ひろゆき氏』推し、論破系男子との結婚でうまくいく女性と回避法は?
 7日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー“七夕決戦”都知事選SP」に出演した元乃木坂46の山崎怜奈(27)と、都知事選で...
「子供ができた♡」図々しい不倫女に怒り心頭!妻が震えた驚愕LINE10通
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫…。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら、...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
離婚を思いとどまった“子供の一言”、反対されて改めて気づくことがある。
 ちょうど今「夫とはもう暮らせないな…」と離婚を考えている女性もいるでしょう。でももし子供がいるなら、ぜひ子供の意見も聞...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
これぞ港区女子が生きる術か。ボンビー女が港区おぢ経営者に口説かれた話
 筆者は都心から外れたアパートに住む「そこらへんの女」だが、ボンビーなくせに実業家の知り合いが多い。港区のタワマンで行わ...
時短美容協会 2024-07-09 06:00 ラブ
夫に料理任せたら、夕飯あるのに餃子を買ってくる男のナゾに答えが見えた
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  我が家で...
豆木メイ 2024-07-09 06:00 ラブ
不倫カップルの倦怠期はチャンス? よりよい未来を選ぶためにしたいこと
 不倫カップルの多くは、妻や夫に隠れて恋愛のスリルや刺激を味わっていますが、不倫カップルといえども、ときめきはいつか冷め...
7人目説は本当?何人目の彼氏と結婚すれば幸せになれるか、先輩妻に聞く
 幸せな結婚生活を送っている女性を見て「付き合って何人目の彼氏と結婚したの?」と気になることはありませんか? 実際のとこ...
子供部屋おじさんあるある5選にゾゾッ!実家男を彼氏にすると厄介かも…
「彼氏が実家住みなんだけど、もしかして話題の子供部屋おじさん…?」と不安になっている方、集合!  今回は、子供部屋おじ...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
「全部承知の上だから…」芸能人さえ沼らせるプロ彼女のLINE術3選
 テレビに出てくる芸能人と付き合えたら夢のようだと思ったことはありませんか? 実は、芸能人やタレントの卵とばかり付き合う...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
妻のシナリオ通り? 覚えのないモラハラを主張され困惑する46歳夫
「冷酷と激情のあいだvol.203〜女性編〜」では、7年間連れ添った夫が、実は自分にモラハラをしていたことに最近になって...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
「このメシ、なんでこんな味になるの?」結婚7年の集大成、モラハラ夫との離婚を急ぐ43歳妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
【写真特集】ホットパンツも高級ブランドのマフラーも“着こなす”安藤美姫
    【この写真の本文に戻る⇒】安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入...
安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入られたら?
 6月27日発売の『週刊文春』で、専任コーチを務める16歳教え子との“手つなぎデート”を報じられた元フィギュアスケート選...